自由民主党

衆議院議員 むたい俊介オフィシャルサイト 長野2区 自民党
http://www.mutai-shunsuke.jp/

  • トップページ|Top page
  • プロフィール|Profile and career
  • 理念・政策|My policy
  • 講演・著作・論文|Lecture,writing,thesis
  • 活動報告|Activity report
  • 選挙区の状況|Constituency
  • 後援会のご案内|Supporter's association
  • リンク|Link
  • ご意見・お問い合わせ|Tell me your opinion

過去の活動報告

平成30(2018)年7月
平成30(2018)年6月
平成30(2018)年5月
平成30(2018)年4月
平成30(2018)年3月
平成30(2018)年2月
平成30(2018)年1月
平成29(2017)年12月
平成29(2017)年11月
平成29(2017)年10月
平成29(2017)年9月
平成29(2017)年8月
平成29(2017)年7月
平成29(2017)年6月
平成29(2017)年5月
平成29(2017)年4月
平成29(2017)年3月
平成29(2017)年2月
平成29(2017)年1月
平成28(2016)年12月
平成28(2016)年11月
平成28(2016)年10月
平成28(2016)年9月
平成28(2016)年8月
平成28(2016)年7月
平成28(2016)年6月
平成28(2016)年5月
平成28(2016)年4月
平成28(2016)年3月
平成28(2016)年2月
平成28(2016)年1月
平成27(2015)年12月
平成27(2015)年11月
平成27(2015)年10月
平成27(2015)年9月
平成27(2015)年8月
平成27(2015)年7月
平成27(2015)年6月
平成27(2015)年5月
平成27(2015)年4月
平成27(2015)年3月
平成27(2015)年2月
平成27(2015)年1月
平成26(2014)年12月
平成26(2014)年11月
平成26(2014)年10月
平成26(2014)年9月
平成26(2014)年8月
平成26(2014)年7月
平成26(2014)年6月
平成26(2014)年5月
平成26(2014)年4月
平成26(2014)年3月
平成26(2014)年2月
平成26(2014)年1月
平成25(2013)年12月
平成25(2013)年11月
平成25(2013)年10月
平成25(2013)年9月
平成25(2013)年8月
平成25(2013)年7月
平成25(2013)年6月
平成25(2013)年5月
平成25(2013)年4月
平成25(2013)年3月
平成25(2013)年2月
平成25(2013)年1月
平成24(2012)年12月
平成24(2012)年11月
平成24(2012)年10月
平成24(2012)年9月
平成24(2012)年8月
平成24(2012)年7月
平成24(2012)年6月
平成24(2012)年5月
平成24(2012)年4月
平成24(2012)年3月
平成24(2012)年2月
平成24(2012)年1月
平成23(2011)年12月
平成23(2011)年11月
平成23(2011)年10月
平成23(2011)年9月
平成23(2011)年8月
平成23(2011)年7月
平成23(2011)年6月
平成23(2011)年5月
平成23(2011)年4月
平成23(2011)年3月
平成23(2011)年2月
平成23(2011)年1月
平成22(2010)年12月
平成22(2010)年11月
平成22(2010)年10月
平成22(2010)年9月
平成22(2010)年8月
平成22(2010)年7月
平成22(2010)年6月
平成22(2010)年5月
平成22(2010)年4月
平成22(2010)年3月
平成22(2010)年2月
平成22(2010)年1月
平成21(2009)年12月
平成21(2009)年11月
平成21(2009)年10月
平成21(2009)年9月
平成21(2009)年8月
平成21(2009)年7月
平成21(2009)年6月
平成21(2009)年5月
平成21(2009)年4月
平成21(2009)年3月
平成21(2009)年2月
平成21(2009)年1月
平成20(2008)年12月
平成20(2008)年11月
平成20(2008)年10月
平成20(2008)年9月
平成20(2008)年8月

←最新へ戻る

活動報告 平成30(2018)年

活動報告動画はこちら 連続ミニ集会の模様はこちら

  • 10月21日
    早朝、安曇野市内の早起き会に参加。フィリピン出張の報告。松本市市場祭りに駆け付ける。その盛況ぶりに感激。昼前に、犀川左岸徳治郎地区の堤防整備の地元要望を伺う。千曲川河川事務所、安曇野市役所の幹部にもご同行頂く。昼過ぎに、増田甲子七先生の生誕120周年を偲ぶ会に参加。先生の業績を振り返り将来に臨む私の気持ちを開陳。その後、麻績村の聖高原の展望を満喫、山頂から滑り下るスライダーも試行。筑北村坂井の新そば祭りで新そばを食した後、イオン豊科店で下田忠寿さんによる写真展を拝見。安曇野の昭和の思い出が甦る。夕方小谷村に向かい、小谷温泉山田旅館に投宿。明日は雨飾山を目指す。
    写真:安曇野市内の早起き会にて 写真:松本市市場祭りにて
    写真:徳治郎地区の堤防整備現地調査 写真:田沢橋から犀川の現況を見る
    写真:増田甲子七生誕120周年を偲ぶ会にて 写真:増田先生の関係者と
    写真:麻績村の聖高原の展望を満喫 写真:下田忠寿氏の安曇野写真展を拝見
    写真:小谷温泉山田旅館に投宿 写真:温泉を満喫
  • 10月20日
    早朝、松本市浅間テニス場の高校生の硬式テニス講習会に駆け付ける。朝日村開村130周年記念式典に参加。明治憲法制定と同じ年の村設置。新しい課題に挑む中村村政のスタート。「合併の誘い乗り越え自立への 選択の可否今後試さる」。午後、自民党信濃町支部設立総会とそれに引き続く飯綱町での自民党支部設立総会に出席。両町で山東昭子参議院議員が記念講演。「長年の念願叶う自民支部 信濃飯綱設立嬉し」。活動の拠点が確保でき嬉しい思い。
    写真:高校生の硬式テニス講習会にて 写真:朝日村開村130周年記念式典にて
    写真:自民党信濃町支部設立総会にて 写真:信濃町の党員の皆様と
    写真:自民党飯綱町支部設立総会にて 写真:山東参議院議員が記念講演
  • 10月19日
    午前中、岡谷市で開催の長野県戦没者追悼式に参列。長野県内の戦没者55000余の御柱を慰霊。午後、松本市で開催の牛伏階段工竣工100周年記念講演会に駆け付ける。笹本正治県立歴史館館長が記念講演。災害伝承を整理し次に備えるべしとの箴言。牛伏階段工という砂防遺産を通じ、郷土の災害史を学ぶ必要性を再認識。「牛伏の階段工の百年は 里の安心支える歴史」。夕方、知人宅を弔問の後、安曇野市の自宅でフィリピン出張のレポートを綴る。
    写真:長野県戦没者追悼式に参列 写真:牛伏階段工竣工百年記念式典にて
    写真:笹本歴博館長の記念講演 
  • 10月18日
    早朝、靖国神社秋の例大祭に参拝。小堀宮司の交代劇に神社が動揺しないことも祈念。午前中、松本市立清水小学校6年生を国会議事堂に迎える。食事中も子供たちと質疑! 退職公務員連盟の役員の皆様を議員会館に迎え、公務員年金制度について意見交換。議員連盟の会合で、 ピターソン国際経済研究所副所長マーカス・ノーランド氏の話を聞く。副所長は、「日本の経済政策立案は、米国と異なり、安全保障との関連を強く意識していない点に特徴がある」と指摘。退職公務員連盟の総会に駆けつけた後、議員立法に関し、衆議院法制局と打ち合わせ。午後、地元の支援者の皆様を永田町にお迎えする。夕方、6日振りに地元に戻る。
    写真:靖国神社に参拝 写真:清水小6年生を議事堂に迎える
    写真:食事中の子供たちと 写真:退公連の役員の皆様と
    写真:国際経済研究所副所長の話を聞く 写真:地元支援者の皆様を永田町にお迎え
  • 10月17日
    早朝、朝の光がまぶしい明治神宮を歩く。朝から夕方にかけ、大町市立大町東小学校、安曇野市立明北小学校、山形村立山形小学校、松本市立今井小学校、小谷村立小谷小学校、安曇野市立豊科北小学校の6校の6年生を国会議事堂に迎える。「子供らは国の宝と噛みしめて 国会案内未来の扉」。中央道渋滞解消の要望活動を聞き、文化人の皆様との「バッカスの会」に駆けつけ、公認会計士の皆様との懇親会に顔を出す。
    写真:明治神宮を歩く 写真:大町東小6年生を議事堂に迎える
    写真:明北小6年生を議事堂に迎える 写真:山形小6年生を議事堂に迎える
    写真:今井小6年生を議事堂に迎える 写真:小谷小6年生を議事堂に迎える
    写真:豊科北小6年生を議事堂に迎える 写真:中央道渋滞解消の要望活動を承る
    写真:「バッカスの会」にて 写真:公認会計士の皆様との懇親会にて
  • 10月16日
    早朝、フィリピンから帰国の朝、明治神宮を歩く。「神宮の凛とした気が我が国の 精神風土作り上げたり」と一首浮かぶ。午前中、安曇野市立明南小学校6年生を国会議事堂に迎える。昼から午後にかけ、アマゾンジャパンのジャスパー チャン社長、信州大学濱田学長、税理士政治連盟の皆様と、それぞれ永田町で意見交換。自民党では、次の過疎法改正に向けての議論が始まる。「若者に地方で活躍してもらう仕組みづくりが問われる」と私の存念を述べる。池田町在住の遠縁の老婦人が突然亡くなられたとの報に接し、急遽地元に戻り、弔問。街中の歴史ある古民家をどう活かそうかと相談を受けていた。「町中で風雪を経た古民家を 如何に活かさん 故人の思い」。その足で慌ただしく上京。
    写真:凛とした雰囲気の明治神宮を歩く 写真:明南小6年生を議事堂に迎える
    写真:子供らと衆議院本会議場にて 写真:アマゾンジャパンのチャン社長と
    写真:信州大学濱田学長と 写真:税理士政治連盟の皆様と
    写真:自民党で過疎法改正の議論がスタート 
  • 10月15日
    早朝、マニラ市内のホテルを発ち、午前中いっぱい、オイスカ養蚕プロジェクトに対する支援を貧困対策の面から副大統領府フランシスコ次官、ジャビニア部長に、農業振興の面から農業省カヤナン次官、コスターレス繊維生産長官に要請する。昼過ぎに日本大使公邸に羽田浩二大使を訪ね、オイスカ養蚕プロジェクト視察報告を行い、フィリピン情勢についてレクを受ける。午後、マニラ市内の渋滞の中、都市の中の貧困で世界的に有名なトンド地区を巡り、カジノ経営のホテル「オカダ」に立ち寄る。今回の訪問で感じたことは、若い人口が増え続けているフィリピンは潜在的可能性に満ちていること、一方でその成長力を引き出す社会インフラ整備が遅れていること、特に公共交通整備に遅れが目立つこと、農村の経済を活性化させていかないとマニラにばかり若者が集中すること、ドテルテ大統領の犯罪撲滅政策により治安が格段に向上し国民の多くは支持していること、日本のマスコミを通じた大統領の評価と現地での評価には大きな差異があること、日本の評価はオイスカなどの地道な活動によりたいへん高いこと、日本は自信をもってフィリピンと付き合えること等。夕方のマニラ発の飛行機で深夜羽田に到着。視察を段取りして頂いた、オイスカ、日本大使館関係者には深く感謝申し上げます。
    写真:副大統領府次官らと意見交換 写真:副大統領府フランシスコ次官と
    写真:農業省次官らと意見交換 写真:日本大使公邸に羽田大使を訪ねる
    写真:マニラのトンド地区を巡る 
  • 10月14日
    早朝、ネグロス島の戦没者慰霊碑に参拝。松本市からも倉橋歯科の関係者、青木豊子市議が参拝されたと地元の方から伺う。ネグロス島オイスカ・バゴ研修センターを訪問し老朽化した製糸設備を拝見。関係者の大歓迎に驚く。昼前に養蚕に取り組もうという農家組合の幹部が集合し、意見交換の場を頂く。1000軒以上の農家が養蚕に取り組む意欲があり、オイスカ養蚕プロジェクトに対する期待感非常に強いことを実感。参加者の皆様と昼食を供にする。午後、校長先生の案内でアブアナン小学校を訪問し、「子供の森」プロジェクトの実績を拝見。女性校長はオイスカの奨学金により大学に学び今日の立場があるとの話。山の裾野で養蚕を始めたばかりの農家も訪問。極めて小規模ながらもやる気十分。夕方、温泉リゾート、スぺイン統治下のコロニー跡を視察し、バコロド空港からマニラに向かう。明日はフィリピン政府幹部、大使と意見交換の予定。
    写真:戦没者慰霊碑に参拝 写真:オイスカ・バゴ研修センターを訪問
    写真:バゴ研修センターの製糸設備を見る 写真:農家組合の皆様と意見交換
    写真:「子供の森」を実施の小学校を訪問 写真:養蚕を始めたばかりの農家を訪問
  • 10月13日
    早朝、フィリピンネグロス島で行われているオイスカ養蚕プロジェクト視察の為、国会開会前の3日間、オイスカ永石安明専務理事とフィリピンに主張。長野県の養蚕技術が彼の地で生かされ農山村再生に貢献している現状を視察。「故郷の養蚕の技比国にて 再生されるそを見に行かん」。夕方、マニラ経由でネグロス島に到着。フィリピン大使館スタッフの小林篤書記官、萬田亜紀子さんにマニラでお迎え頂き、ネグロスでは、バゴ駐在の渡辺重美氏ほかのオイスカ関係者、西ネグロス州知事マラニオン氏、地元国会議員クエバ氏、地元市長の皆様と意見交換。知事からはオイスカの息の長い活動が日本人への信用を高めてい旨の嬉しい話を伺う。その対比で中国に関しては、麻薬の違法持ち込みで地元が大変困っている話を聞き驚く。
    写真:オイスカ永石専務とフィリピン主張 写真:大使館スタッフがマニラでお迎え頂く
    写真:マニラ空港にて 写真:ネグロス島で地元知事らと夕食
    写真:ネグロス島の懇親会参加者と 
  • 10月12日
    早朝、松本市内の倫理法人会のモーニングセミナーでショートスピーチ。南信工営の竹松寿明最高顧問からは倫理の教えにより経営危機を乗り越えた話を聞く。昼前に、AWの役員の方と地元の再生可能エネルギー発掘について意見交換。昼に大町市内で催行された知人の葬儀に参列。午後、長野県退職公務員連盟松塩筑支部総会で挨拶。松商学園を訪問の後、退職公務員連盟の役員の皆様との懇談会に合流し、政治への注文を聞く。夕方、松本市の芳川南商工会関係者と地域課題について意見交換の後、上京。明日から3日間フィリピン訪問。
    写真:倫理法人会でショートスピーチ 写真:南信工営の竹松最高顧問の講話
    写真:退公連松塩筑支部総会で挨拶 写真:退公連の幹部の皆様と懇親
    写真:芳川南商工会関係者と懇談 
  • 10月11日
    早朝、明治神宮を歩き、神宮の稲刈り神事に参加の刈男、刈女の皆様と暫し会話。午前中、筑北村議会を官庁にお連れし、国交省塚田副大臣にスマートインターの、文科省下間審議官に学校給食施設の要望を行う。熱意はしっかりと通じた思い。午後、長野市に向かい、顧問に就任した長野県索道事業者協議会定期総会で挨拶。索道事業を支援する制度構築に向けて貢献したいと申し上げる。「山村の暮らしの基盤スキー場 その継続を如何に支えむ」。大町市に移動し、茸と地酒の会に参加。松茸もあり。「山里の民の暮らしは豊なり 地酒と茸舌鼓の宵」。ただし、地元中小企業の方から、消費税軽減税率への懸念の声を強く承る。
    写真:神宮稲刈り神事に参加の刈男、刈女と 写真:国交省副大臣にスマートインターの要望
    写真:文科省審議官に学校給食施設の要望 写真:索道事業者協議会定期総会で挨拶
    写真:大町市内で茸と地酒の会に参加 
  • 10月10日
    早朝、明治神宮で一首。「神宮に秋色深まり虫の音も 寂しく聞こゆ朝散歩かな」。午前中、池田町立池田小学校6年生を国会議事堂に迎える。「子供らの食い入る瞳真剣に 国の未来を説く我なりや」。松川村村議会の皆様を議員会館に迎えた後、大学の同級生が議員会館を訪問。午後、人口急激地域に若者を誘う制度創設に向けて詰めの議論を行う。国産ワインの表示制度改善について政府の説明を聞いた後、筑北村議会の皆様を永田町に迎える。筑北村議会は全員でNEXCO東日本に対し筑北スマートインター早期供用開始を要請。「筑北の里に若者誘うは スマートインター役割なりや」。夕方、同僚議員の政治資金パーティーを梯子し、筑北村の皆様と懇親。
    写真:明治神宮を歩く 写真:池田小6年生を議事堂に迎える
    写真:小学生と国会前庭を歩く 写真:松川村議の皆様を議員会館に迎える
    写真:大学同級生が議員会館を訪問 写真:若者地方移住を誘う仕組みの議論
    写真:筑北村議全員でNEXCO東日本に伺う 
  • 10月9日
    早朝、四谷界隈を歩き、メコン川流域諸国首脳を迎える朝食会に向かう。朝食会では、カンボジアのフン・セン首相、ラオスのスリット首相、ミャンマーのアウン・サウン・スーチー国家最高顧問、タイのジャンオーチャー首相、ベトナムのフック首相の挨拶を聞く。スーチー氏の「ミャンマーは日本の誠実な友人になる」との言葉に感動。一方で、「国民の声を聞いて政治をする」との発言には、暗にロヒンギャ対応の弁明の要素もあるのかもと受け止め。朝食後、スーチー氏に挨拶。オイスカのプロジェクト視察でミャンマー訪問の思い出をお伝えしたところ、スーチー氏からは、「10月1日から日本人観光客のビザを撤廃したのでまた来てください」とのメッセージを承る。昼過ぎにシニア大学大北学部33期生の皆様を国会議事堂に迎える。午後、災害対応の新たなアプローチの提案を伺い、議員立法に関し衆議院法制局との打ち合わせを行う。外務省若手職員からはフィリピンのオイスカ養蚕プロジェクトについて聞く。夕方、先輩議員のパーティーに駆け付けた後、高校後輩と会食。
    写真:四谷界隈を歩く 写真:ミャンマーのスーチー国家最高顧問と懇談
    写真:スーチー女史と握手 写真:シニア大学OBの皆様を議事堂に迎える
    写真:シニア大学の皆様と国会で懇談 写真:外務省から比国オイスカプロジェクトを聞く
  • 10月8日
    早朝、松本市梓川の運動会に駆け付ける。上高地に向かい、上高地明神池の穂高神社の奥宮の例祭に参加。米国駐日大使ハガティ氏ご一家も奥宮に来られ、大使にご挨拶。「明神の祭りの神威四方に満つ 米国大使奥宮に来ぬ」、「上高地神降地とも書かれるは 明神池の奥宮故か」。午後、松本城公園内で催行の蕎麦祭りの最終日に駆け付ける。「秋晴れの城下で蕎麦を愛でる人 季節の恵み五感で味わう」。夕方、元片倉製糸にお勤めの宮澤津多登さんから、養蚕技術のフィリピンへの移転の歴史を聞く。「往年の国を支えた養蚕を 比国で再生民も豊に」。近いうちに宮澤さんが丹精込めた技術移転を応援にフィリピンを訪問予定。神秘的な夜の松本城周辺を歩き地元町会の例会に参加。「白黒が際立つ夜の松本城 堀の復活望む姿か」。その後、上京。
    写真:松本市梓川の運動会にて 写真:大正池から臨む穂高連峰
    写真:穂高神社の奥宮の例祭に参加 写真:明神池に舟が漕ぎだす
    写真:蕎麦祭りにて 写真:宮澤氏から養蚕技術比国移転を聞く
    写真:神秘的な夜の松本城 
  • 10月7日
    早朝、松本市内で早起き会に参加の後、松本市市民体育祭で祝辞を述べる。昼前に、筑北村西条、坂北、坂井の各地区、麻績村の運動会に駆け付ける。昼に松本市内で母、子、孫、曾孫4代の母の誕生祝い食事会を催行。「繰り返し食事の趣旨を聞く母の 卒寿の祝を家族にてする」。午後、小川村塩澤地区の戸隠信仰に集まった皆様と地区の課題を語る。松本市内の陸軍墓地で催行の松本乳児院のバザーに駆け付ける。夕方、高校同期の定例会に参加の後、安曇野市三郷小倉の神社の例祭に駆け付ける。
    写真:松本市市民体育祭で祝辞 写真:筑北村西条の運動会にて
    写真:筑北村坂北の運動会にて 写真:筑北村坂井の運動会にて
    写真:麻績村の運動会にて 写真:小川村塩澤地区の戸隠信仰の皆様と
    写真:松本乳児院のバザーにて 写真:安曇野市三郷小倉の例祭にて
  • 10月6日
    早朝、松川村の早起き会に参加の後、同村の知人宅で新米ご飯を頂く。美味。小川村の保育園の運動会に顔を出す。意外に子供が多い元気な村。同村小川神社の例祭では幟建立を手伝い、飯縄神社の例祭に参加の地区の皆様と記念写真。畑でひなたぼっこの農家の方と懇談。午後、松川村で秋の味覚を購入。長野県松本盲学校の学園祭に伺う。とても明るい学校は地域の皆様に親しまれている。アルウィンで松本山雅と愛媛の試合を観戦。引き分けの結果。夕方、松本市四賀藤池地区、安曇野市明科、安曇野市徳治郎、安曇野市三郷の秋祭りに伺う。氏子の皆様からそれぞれの地域の要望を聞く。安曇野市内の行き付けの居酒屋で松茸を食する。「持ち込みの秋の味覚に舌鼓 安曇の秋は豊かなりけり」。
    写真:小川村保育園の運動会にて 写真:小川神社例祭で幟建立を手伝う
    写真:飯縄神社例祭参加の皆様と記念写真 写真:小川村の畑で農家の方と
    写真:松川村で秋の味覚を購入 写真:松本盲学校の学園祭に伺う
    写真:松本山雅と愛媛の試合を観戦 写真:四賀藤池地区の例祭にて
    写真:安曇野市明科の例祭にて 写真:安曇野市徳治郎の例祭にて
    写真:居酒屋で松茸を食する 
  • 10月5日
    午前中、白馬マウンテン・ハーバーが開設。白馬観光開発が肝いりの岩岳に造成の施設は息を飲む絶景。「テラスから臨むアルプス世界一 その絶景に悩み吹き飛ぶ」を詠む。昼に、大町市内の霊松寺の法事に駆け付ける。午後、安曇野市で自然体験活動が子どもの成長に持つ意味について「あのねのね」の清水国明さんから話を聞く。「スマホゲームは子供を飽きさせない為に大人が知恵を絞って考え抜いており、一種の麻薬であり子供の制御心では対抗できない。バーチャル世界に浸った子供の生き抜く力を養うのが自然体験教育」との講演。4人目の奥さんに通算5人目の子を授かりましたと告白にはびっくり。夕方、友人の肉親の訃報を受け弔問の後、松本市内の倫理法人会の懇親会に顔を出す。
    写真:開所した白馬マウンテン・ハーバーにて 写真:白馬三山が目の前の絶景テラス
    写真:テープカット 写真:大町市内の霊松寺の法事にて
    写真:自然体験活動の実践を清水国明さん聞く 写真:倫理法人会の懇親会にて
  • 10月4日
    早朝、東京駅から新幹線で長野に向かう。その足で、信濃町で自民党支部設立のために事業所を訪問。途中、東京の小学生が修学旅行で信濃町を訪問している現場に遭遇。都会と農村の子供たちが相互訪問する意義を感じる。野尻湖畔で寛ぎ、黒姫高原スノーパークも訪問。夕方、安曇野市内の居酒屋で牛額(ウシビテ)を食する。若干の苦味がある貴重な茸。長野県は生活の豊かさに満ち溢れている実感。
    写真:東京の小学生が信濃町を修学訪問 写真:野尻湖畔で寛ぐ
    写真:黒姫高原スノーパークにて 写真:牛額(ウシビテ)を食する
  • 10月3日
    早朝、久しぶりに明治神宮の森を歩く。台風24号の傷跡が生々しく、「枝葉折り大風耐えた神宮木立 次に備えて幹を太くす」との短歌を詠む。午前中、長野市立豊野西小学校、飯綱町立三水小学校の6年生を国会議事堂に迎える。両校一緒に説明。昼前に人口急激地域に若者を誘う制度構築に向けた議員立法について、衆議院法制局、各省と詰めの議論。昼過ぎにチェコスロバキア誕生100周年記念式典に駆け付ける。松本市からも知り合いのゲスト。建築士の皆様から建築基本法制定に向けた段取りの相談を受けた後、全国簡易水道協議会の予算要求を承る。財務省太田主計局長に面会し、議員立法に対する財政支援を要請。夕方、銀座の知り合いのお店に初めて顔を出す。
    写真:台風24号の傷跡が生々しい神宮の森 写真:豊野西小、三水小6年生を議事堂に迎える
    写真:本会議場で小学生と意見交換 写真:人口急激地域に若者を誘う議員立法を議論
    写真:チェコスロバキア誕生100周年記念式典にて 写真:簡易水道協議会から予算要望を承る
  • 10月2日
    早朝、松本駅前、深志二丁目交差点で街頭演説。神道祭りに集った17台の舞台を拝見。午前中、トラック協会の要望を承る。昼前に、松本市内の事業所を訪問の後、昼過ぎに遠縁の知人の葬儀2件に駆け付け、弔辞を捧げる。夕方、松本市稲核、橋場地区の秋祭りに伺う。山村の秋の夕暮れの落ち着いた雰囲気にホッとする。地元の経済人との懇親会にて安倍政権の今後の3年の政策課題について語った後、上京。
    写真:松本駅前で街頭演説 写真:神道祭りの舞台と
    写真:トラック協会の要望を承る 写真:松本市稲核地区の秋祭りにて
    写真:松本市橋場地区の秋祭りにて 写真:地元の経済人との懇親会にて
  • 10月1日
    午前中、台風24号の長野県内通過に伴う地元被害の状況を聞き取り調査。リンゴの木の倒木、街路への倒木被害等が若干あるものの今のところは大きな被害は確認されず。刈り取りが遅れている稲はだいぶ寝かされ、主要河川はダムの放流で濁流が流れ下っていることを確認。大町市内の関電関連事業所を訪問の後、昭和電工大町事業所の吉田義昭所長に事業所の沿革、現在の黒鉛電極事業についてお話を伺う。自前の水力発電施設を持つ地域貢献度の高い企業。午後、生坂村神明諏訪社の例祭に駆け付けた後、生坂村、池田町、松川村を結ぶ県道整備の期成同盟会に出席。夕方、松本市内の四柱神社の秋の例大祭に参加し、直会で挨拶。「野分後の神道祭り恙無く 普段通りの有難さかな」
    写真:犀川の濁流 写真:昭和電工大町事業長に現状を聞く
    写真:生坂村神明諏訪社の例祭にて 写真:県道整備の期成同盟会にて
    写真:四柱神社の秋の例大祭 写真:例大祭の直会で挨拶

  • 9月30日
    早朝、松本国際高校の学園祭にお邪魔する。明るい生徒たち。午前中、安曇野市新田、中曽根区の敬老会に駆け付ける。知人の葬儀、親戚宅の弔問に伺った後、護国神社の鳥居再建のチャリティーイベントに参加。主催者の女性篤志家の皆様に感謝。午後、筑北村乱橋諏訪神社、刈谷沢神明宮の秋の例祭に駆け付ける。夕方、長野市鬼無里の後援会の皆様と意見交換。台風の接近にも拘らず集まって頂き感謝「山村の現状憂う鬼無里人 膝を交えて未来を語る」。
    写真:松本国際高校の学園祭にて 写真:安曇野市新田区の敬老会にて
    写真:安曇野市中曽根区の敬老会にて 写真:護国神社鳥居再建チャリティー催しにて
    写真:筑北村乱橋諏訪神社の例祭にて 写真:筑北村刈谷沢神明宮の秋の例祭にて
    写真:刈谷沢神明宮の例祭直会にて 写真:長野市鬼無里の後援会の皆様と
  • 9月29日
    早朝、安曇野市新田公民館で早起き会。最後に「里の秋」を歌う。雨の中、4年前の御嶽山噴火の犠牲者追悼の御嶽山山行。8合目で黙祷。「追悼の御嶽山行犠牲者に 想いを馳せて同じ道辿る」との短歌を詠む。 女人堂で中日新聞記者から追悼登山の取材を受ける。午後、筑北村御前神社の例祭直会の後、お勝手でご馳走を頂く。夕方、小川村の小学生と国会議事堂見学の話で盛り上がる。子供達からはおにぎりを頂戴する。その後、小川村の後援会の皆様と意見交換。降りしきる雨の中、大勢の皆様にお集まり頂けた。
    写真:追悼の御嶽山山行、8合目で黙祷 写真:御嶽山8合目で山頂遠望
    写真:筑北村御前神社例祭直会のお勝手で 写真:小川村の小学生と
    写真:小川村の後援会の皆様と意見交換 写真:小川村の後援者と記念写真
  • 9月28日
    早朝、国交省大野昌仁自転車担当参事官を安曇野市役所にお連れし、自治体の作成する自転車振興計画について幹部の皆様と意見交換。その後、市役所隣接のホールで、自転車を活用した地方創生のシンポジウムを開催。大野参事官、鈴木雷太さん、小口良平さん、沢田幸恵さんによるプレゼン(私はコーディネート)により、長野県の地域資源の価値を自転車という触媒により引き出すヒントが垣間見えた思い。自転車活用シンポジウムを終え、大野参事官、鈴木雷太さん他の参加者で安曇野ライド。午後、山形村で催行のホロコースト展を拝見。国家なき民族が遭遇した過酷な運命を展示。テレジエン収容所は10年以上前に私も息子と訪問。展示の最後にイスラエル建国のパネル。協賛にイスラエルの名前はあるもパレスチナ自治政府は無し。夕刻、松本駅前で街頭演説。10/13、14の学園祭PRの松本大学、松商短大生とも意気投合。
    写真:安曇野市幹部と国交省参事官が意見交換 写真:自転車を活用した地方創生シンポにて
    写真:シンポは盛会 写真:安曇野自転車ライド
    写真:自転車ライド参加者と国営公園にて 写真:ホロコースト展にて
    写真:松本駅前で街頭演説 写真:松本駅前で女子大生と意気投合
  • 9月27日
    早朝、昨日に引き続き、篠ノ井線、長野新幹線経由で上京。午前中、安曇野市立三郷小学校6年生を国会議事堂に迎える。雨の中、わざわざお越し頂いた小学生に感謝。昼過ぎに議員立法に関し衆議院法制局と打ち合わせ。夕方、全国証券業大会の懇親会、税理士政治連盟の定期大会懇親会、中華人民共和国誕生69周年記念式典に駆け付ける。69周年記念式典では相澤病院の相澤ご夫妻とご一緒。夜、松本に戻る。
    写真:三郷小学校6年生を議事堂に迎える 写真:三郷小6年生と握手
    写真:傘をさす小学生 写真:税理士政治連盟懇親会にて
    写真:中国誕生69周年記念式典にて 写真:相澤病院の相澤ご夫妻と 
  • 9月26日
    早朝、篠ノ井線、長野新幹線経由で上京。午前中、飯綱町立牟礼小学校、安曇野市立豊科東小学校、松本市立鎌田小学校、波田小学校(分室)6年生を国会議事堂に迎える。昼過ぎには、松本市立芳川小学校6年生を国会議事堂に迎える。その足で地元に戻り、松本市内の沙田神社秋の例大祭宵祭りに伺う。夜、穂高神社の秋の例大祭にお参り。奉納の舞を拝見し一首。「奉納の舞見る時ぞ穂高神 我の近くにおわしますらん」。穂高神社の直会で挨拶。神社の被災と公的支援の在り方について最近考えていることを開陳。
    写真:牟礼小6年生を議事堂に迎える 写真:豊科東小6年生を議事堂に迎える
    写真:鎌田小6年生を議事堂に迎える 写真:芳川小6年生を議事堂に迎える
    写真:沙田神社の例大祭宵祭りにて 写真:穂高神社の秋の例大祭にお参り
    写真:穂高神社の奉納の舞を拝見 写真:穂高神社の直会で挨拶
  • 9月25日
    早朝、大糸線で豊科駅から松本に向かう。通学途上の高校生の姿を眺めて一首浮かぶ。「通学の 高校生の逞しさ 半世紀前 己の姿」雨の中、松本駅前で街頭演説。「秋の雨演説の声駅前に 傘の中から耳をそばだつ」。午前中、ネパールの西パタン地区のロータリークラブのサキヤさんが松本事務所にお越しになる。ロータリーで運営している診療所への寄付の依頼。日中、松本市内の事業所を訪問。夕方、松本市梓川横沢地区の秋の例祭にお邪魔する。夜、朝日村の後援会で国政報告。ところで、自民党総裁選挙が終わって、安倍、石破両候補の党員票の獲得状況が話題になるるなか中、長野県においては、6年前の総裁選と今回の総裁選で、安倍候補は1,118票から4,288票増やし5,406票に、石破候補は3,979票から1,412票増やし5,391票に。票の増え方が安倍候補が非常に大きく、前回から石破候補を逆転。得票率で見ると安倍候補は17.09%から50.07%と33ポイントアップ、石破候補は60.84%から49.93ポイントと11ポイントダウン。今回の選挙は、長期に亘る政権運営の在り方への批判はあったが、政策実現に関して安倍総裁への支持が広がった選挙だったと認識。評価は、印象ではなくファクトで行われるべき。
    写真:松本駅前で街頭演説 写真:ネパールからの訪問者と
    写真:梓川横沢地区の秋の例祭にて 写真:朝日村の後援会で国政報告
  • 9月24日
    秋分の日の振り替え休日の早朝、お彼岸に墓参り。父親の好きだったキンモクセイの花を墓前に供える。ここで一首。「お彼岸の墓前に供える庭のモクセイ 主なきとてつゆな忘れそ」。午前中、裏千家淡交会の秋の茶席に伺う。木下尚江の生家でお茶を頂く。昼に、MOA美術館主催の児童絵展の表彰式で挨拶の後、長野市で催行の自治体消防70周年記念長野県大会に出席。5年前制定した消防団基本法が機能しつつあることが嬉しい。午後、麻績村矢倉の諏訪神社の例祭に伺う。夕方、スポーツクラブで汗を流す。
    写真:お彼岸の墓参り 写真:裏千家淡交会の秋の茶席にて
    写真:お茶の先生とコスモスの前で 写真:児童絵展の表彰式で挨拶
    写真:自治体消防70周年記念長野県大会にて 写真:麻績村矢倉の諏訪神社の例祭にて
  • 9月23日
    秋分の日の早朝、実践倫理宏正会の長野県大会に出席。自民党国会議員に加え無所属の井出庸生代議士も出席。昼前に、安曇野市内の花園認定こども園の運動会に駆け付ける。昼過ぎに松川村の大和田神社秋祭りで響岳太鼓の奉納を聞く。午後、松本市上二子の敬老会の後、長野県護国神社の秋分慰霊祭に参加。夕方から松本市内、安曇野市内の秋祭りに顔を出す。最後は、山車が素晴らしい池田町の八幡神社の例大祭に駆け付ける。
    写真:実践倫理宏正会の長野県大会に出席 写真:花園認定こども園の運動会にて
    写真:松川村大和田神社秋祭りにて 写真:松本市上二子の敬老会にて
    写真:護国神社の秋分慰霊祭の直会にて 写真:池田町の八幡神社の例大祭の山車
    写真:池田町の八幡神社の例大祭にて 写真:池田町の八幡神社の例大祭にて
  • 9月22日
    朝、生坂村に道の駅「いくさかの郷」が誕生。藤澤村長の思い入れの施設。竣工式出席の藤澤村長、太田副知事と私は高校同期。昼前に、松本市新橋の鈴木雷太さんの店で電動アシスト付き自転車をゲット。有効に活用したい。昼過ぎに松本秀峰中等教育学校の秀峰祭にお邪魔する。可愛い女子中学生が案内役。小宮山校長先生も目を細める明るい生徒たち。午後、長野市戸隠神社付近の茅葺き屋根の修復現場を見る。夕方、戸隠の後援会の皆様に国政報告。
    写真:生坂村に道の駅「いくさかの郷」が誕生 写真:藤澤村長、太田副知事とは高校同期
    写真:電動アシスト付き自転車をゲット 写真:秀峰祭にお邪魔する
    写真:戸隠神社付近の茅葺屋根修復現場 写真:戸隠で催行の茅葺セミナーで挨拶
    写真:戸隠で国政報告 
  • 9月21日
    早朝、長野県の山林でメガソーラーを計画中の事業者Looopの幹部から話を聞く。昼前に、森の保育園に対する幼児教育無償化について、森の保育園経営者、保護者の皆様が松山少子化担当大臣に要請行動。大臣からは、無償化の制度設計に当って知恵を出したいと発言。昼に要請団を国会議事堂にお連れする。昼過ぎに、政策集団の総裁選の打ち上げ。午後、森の保育園の幼児教育無償化について文科省、厚労省に要請行動。夕方松本に戻り、松本市梓川下角十五社の宵祭りに駆け付ける。
    写真:メガソーラー事業者から話を聞く 写真:森の保育園保育料無償化を松山大臣に要請
    写真:政策集団の総裁選の打ち上げ 写真:森の保育園無償化を文科省に要請
    写真:森の保育園無償化を厚労省に要請 写真:梓川下角十五社の宵祭りにて
  • 9月20日
    早朝、明治神宮でアンパンマンのような茸を発見。議員会館で環境省から土壌汚染防止法の適用の具体例(松本城のお堀復活)、消防庁から消防団の処遇の改善、農水省から農泊補助金についてレクを受ける。昼前に安倍晋三総裁候補の投票前最後の決意を聞く。験を担いでカツカレーを食す。昼に松本市立開智小学校6年生を国会議事堂に迎える。「実質的に総理大臣を選ぶ意義深い日にみんなは議事堂に来て頂いているのだよ」、と議員会館の食堂で挨拶。午後、自民党総裁選挙で安倍晋三総裁が再び選ばれる。553票対254票の圧勝。安倍総裁は前回総裁選に比べ議員票で3倍、党員票で2.5倍の票を集める。善戦した石破茂とは選挙後はノーサイドで国政課題を解決するために一致結束を誓う。夕方、日本養豚協会志澤勝氏の感謝の集いに駆け付ける。地元の若手養豚家とも懇親。
    写真:明治神宮でアンパンマン茸を発見 写真:安倍総裁候補の投票直前の決意を聞く
    写真:開智小6年生を議事堂に迎える 写真:自民党総裁選挙で安倍晋三総裁が再選
    写真:党員票の全国分布 写真:養豚協会志澤氏の感謝の集いにて
    写真:長野県の若手養豚家と 
  • 9月19日
    早朝、世俗の喧騒とは無縁の今朝の明治神宮を歩く。午前中から昼過ぎにかけて松本市立田川小学校、芝沢小学校、旭町小学校、生坂村立生坂小学校、松本市立島内小学校、長野市立中条小学校6年生を順次国会議事堂に迎える。受け入れの事務方のスタッフはてんてこ舞い。松本事務所からも応援要請。午後、人口急激地域に若者を誘う議員立法について知事、市町村長からヒアリング。藤原忠彦川上村長も意見発表。夕方、安倍総理が議員会館にお越しになるも写真を撮り忘れる。その後、神社本庁の幹部から全国の神社の災害被害の現状を聞く。文科省、総務省も同席。災害により各地の氏神様が復旧できずに放置される事態は避けなくてはならない。
    写真:田川小6年生を議事堂に迎える 写真:芝沢小6年生を議事堂に迎える
    写真:旭町小6年生を議事堂に迎える 写真:生坂小6年生を議事堂に迎える
    写真:島内小6年生を議事堂に迎える 写真:中条小6年生を議事堂に迎える
    写真:人口急減地域関連議員立法のヒアリング 写真:神社本庁から神社災害被害の現状を聞く
  • 9月18日
    早朝、自民党松本事務所で自転車活用研究会の会合を開く。28日に予定されるフォーラムの打ち合わせを行う。東京電力リニューアブルパワー・カンパニー松本事業所の幹部の皆様と梓川水系の発電所、ダムと地域起こしについて意見交換。テプコ館再開についても相談。午前中、安曇野市、大町市の知人の訃報に接し、ご自宅を弔問。昼過ぎに、安倍晋三総理を長野市に迎える。総裁選挙が大詰めの中の1,500名もの党員を前に決意表明。安倍人気は長野でも凄いことを実感。県知事、長野市長にも総理をお出迎え頂く。夕方、エア・ウオーター(AW)から安曇野市内のバイオマス発電事業の進捗状況を伺う。松本駅前で街頭演説の後、上京。
    写真:東電とダムの地元向け利活用について協議 写真:安倍総理を長野市に迎える
    写真:安倍総裁候補の決意表明 写真:安倍総理と
    写真:私の安倍総裁応援演説 写真:AWからバイオマス発電施設の進捗状況を聞く
    写真:松本市内で街頭演説 
  • 9月17日
    早朝、自民党総裁選挙に関し、事務所で安倍晋三総裁応援を党員に依頼する電話を掛ける。その後、松本市放光寺町会敬老会を手始めに10か所の敬老会を巡る。今日の我が国の繁栄は皆様の貢献、若い人にその経験と知恵を伝承して頂きたいとお願い。夕方、大町市の西山・八王子神社の例祭に参拝。その後、若手支援者から、若い世代への政治意識の展開について提言を承る。
    写真:放光寺町会の敬老会にて 写真:成相の敬老会にて
    写真:踏入の敬老会にて 写真:北小松の敬老会にて
    写真:四賀召田の敬老会にて 写真:西山・八王子神社の例祭にて
  • 9月16日
    早朝、五竜遠見スキー場を発ち、小遠見山から鹿島槍の「かくね氷河」を見るトレッキングに出発。無事小遠見山頂上に到着するも、霧が邪魔をして氷河は拝めず。地質学の権威、吉田勝先生に引率頂く。高校同窓の皆さんも参加。夕方から、仁科神明宮をはじめとする安曇野9神社の宵祭りに参拝。地区の皆様に歓迎して頂き感謝。
    写真:五竜遠見のトレッキング途中にて 写真:小遠見山頂上にて
    写真:雲間に垣間見た鹿島槍ヶ岳 写真:本来見たかった「かくね氷河」
    写真:仁科神明宮にて 写真:三郷三柱神社にて
  • 9月15日
    午前中、松本市荒井町会、北新町会の敬老会に駆け付ける。昼前から夕方にかけて、自民党総裁選のお願いで、松本、東京事務所で手分けして電話作戦を実施。私も。架電作戦に参戦。夕方から、松本市、安曇野市内の7神社の例祭に駆け付ける。氏子総代の皆様と憲法論議も行えた。
    写真:松本市荒井町会の敬老会に伺う 写真:自民党総裁選のお願いで電話作戦
    写真:松本市内の神社の例祭にて 写真:安曇野市内の神社の氏子総代の皆様と
    写真:安曇野市内の神社の例祭にて 
  • 9月14日
    午前中、東京電力、中部電力の地元事業所を訪問。台風災害時の停電早期復旧への御礼と、テプコ館再開への要請を行う。電力会社の組織再編で長野県の一元的電力管理が行えなくなっている現状を初めて認識。豊科カントリーも訪問し、ゴルフ場利用税に対する認識を聞く。信濃町に向かい同町の支援者の皆様と意見交換。夕方、松本に飛びJAのOB関係者と懇談。
    写真:信濃町の支援者と意見交換 
  • 9月13日
    早朝、松本駅前で街頭演説。午前中、上高地を訪問し、台風21号で一時的停電が迅速に回復した経緯を旅館のご主人達から伺う。非常電源の充実と倒木に弱い電柱解消が課題との話。午後、白骨温泉、乗鞍高原にもお伺いし、同じく台風21号の際の倒木、停電について話を聞く。地元自治体が被災対応にやや緩慢とのご指摘も頂く。
    写真:松本駅前で街頭演説 写真:上高地河童橋にて
    写真:上高地の梓川の清流 写真:倒れた電柱修復の車両
    写真:観光バスはひっきりなし 写真:白骨温泉にて旅館主から話を聞く
  • 9月12日
    早朝、秋の虫の音が心地よく響く明治神宮で小さい秋を発見。午前中、松本市立波田小学校6年生を国会議事堂に迎える。175名の生徒の存在感は大きい。昼前に、水道整備促進全国決起集会が開催され、水道議連事務局長として参加。昼過ぎに人口急激地域の地域づくり人材の活躍推進に関する法案について、地方団体と意見交換。その足で松本に戻り、夕方、松本市内で街頭演説。
    写真:虫の音が響く明治神宮を歩く 写真:神宮で今年初の茸を見つける
    写真:波田小6年生を議事堂に迎える 写真:議事堂前の庭を歩く波田小学生
    写真:水道整備促進全国決起集会にて 写真:人口急減地域で若者活躍拠点を作る法案を議論
    写真:松本市内で街頭演説 
  • 9月11日
    早朝の明治神宮で珍しい玉虫に遭遇。午前中、大町市立大町北小学校6年生を国会議事堂に迎える。国会議事堂前の大銀杏の前で質疑。午後、環境省から土壌汚染防止法の解釈について、長野県神社庁関係者から神社の災害について話を聞く。自民党本部で台風21号災害、北海道地震災害の政府の対応について聞く。北海道選出議員の切実な訴えが響き渡る。私からは、一連の災害の中で各地の神社の被災状況についても把握の必要があると指摘。夕方、大学の同級生との例会。気分は青春時代に舞い戻る。
    写真:明治神宮で珍しい玉虫に遭遇 写真:大町北小6年生を議事堂に迎える
    写真:議事堂前の大銀杏前で小学生と質疑 写真:北海道地震対応を議論
    写真:大学の同級生と例会 
  • 9月10日
    午前中、自民党総裁選挙がスタート。安倍、石破両候補による力強い所信表明を聞く。自民党らしい政策論争が行われることを期待。安倍候補は、「謙虚に丁寧に政権運営をしたい」と、石破候補は「地方の所得を上げたい」、と。それぞれ説得力がある挨拶。昼に、私が主催の第22回防災行政研究会で国土強靭化、内閣府防災、消防庁関連予算要求について説明を受ける。午後、税制改正について総務省自治税務局と意見交換。議員会館内の健康管理センターで筋力トレーニングの後、夕方、遠縁の企業幹部と意見交換。箴言を承る。
    写真:自民党総裁選挙がスタート 写真:安倍候補の所見表明
    写真:石破候補の所見表明 写真:防災勉強会を開催
  • 9月9日
    早朝、増水による影響による梓川河川敷のマレットゴルフ場への影響を心配して見廻りにお越しの松本市島内町会の幹部と懇談の後、長野県障がい者スポーツ大会開会式に参加。昼に大町市内の竈神社の例大祭に参加。例年通りの祭事が無事に催行されることこそ有り難いことと祝辞。午後、穂高神社崇敬会総会、穂高神社子ども祭に参加。夕方、松本市内のスポーツクラブで休息の後、松本市内の交通事業者の幹部と意見交換。その足で上京し、翌日の安倍総裁候補の出陣式に備える。
    写真:梓川河川敷のマレットゴルフ場にて 写真:障がい者スポーツ大会開会式にて
    写真:竈神社の例大祭に参加 写真:穂高神社崇敬会総会にて
    写真:穂高神社子ども祭にて 
  • 9月8日
    午前中、小谷村で開催の第24回全国棚田サミットに参加。棚田と地域を支える制度の構築が政治の責任と挨拶。棚田の持つ価値が経済的に公平に評価されるような仕組みを作りたいと思料。長崎県の離島の棚田が、直近の世界遺産指定で世界遺産に指定されている。昼に、大町市で開催の山フェス2018に顔を出す。牛越大町市長の肝いりイベント。午後、生坂村文化祭、赤トンボフェスティバルに参加。地元のどぶろくで乾杯。夕方、安曇野市内の神社の宵祭りを11ヶ所巡る。スケートの小平選手はお祭りでも有名。
    写真:全国棚田サミットが小谷村で開催 写真:大町市で開催の山フェス2018にて
    写真:生坂村文化祭の開会式にて 写真:赤トンボフェスティバルにて
    写真:生坂村のどぶろくで乾杯 写真:安曇野市内の神社の宵祭りにて
    写真:小平選手はお祭りでも有名 
  • 9月7日
    早朝、安曇野市内の早起き会に参加の後、松本駅前で街頭演説。台風と地震に関する内容。その足で上京し、自民党本部で北海道地震・台風21号災害対策本部の会合に参加。被災地の国会議員の切実な訴えを聞いた後、私からは神社仏閣の被害の実態調査、対応を検討するとともに、北本連携、東西連携、関門連携などの電力融通システムの強靭化について迅速的抜本的対応を行うべしと発言。この日はこの会合の為だけに上京。とんぼ返りの足で山形村の支援者と意見交換会に駆け付ける。
    写真:松本駅前で街頭演説 写真:北海道地震・台風21号災対本部会合にて
    写真:山形村の支援者と 
  • 9月6日
    午前中、井出正一さんの訃報に接し、佐久市のご自宅を弔問しご冥福をお祈りする。長野県東部地方の自民党を背負ってこられたリベラル保守の旗手で井出庸生代議士の伯父。昼過ぎに遺族会の皆様と長野県護国神社の月並祭に参加の後、大町市内の国宝仁科神明宮にお詣り。神明宮の境内の杉の古木がやはり台風で倒れ宝物館を損壊し、その被害状況を視察。過日の台風21号は各地の神社にも爪痕を残す。午後、安曇野市内の事業所を訪問の後、自民党松本支部役員会に加わる。今後の松本市における自民党の活動充実について意見交換。本日の未明に発災した北海道地震の被害の大きさに驚く。次男が札幌勤務で心配していたところ、ショートメールで無事を確認。犠牲者のご冥福をお祈りするとともに、復興に向けて最大限の支援を誓う。
    写真:遺族会の皆様と護国神社の月並祭に参加 写真:大町市内の仁科神明宮の杉倒壊の現場にて
    写真:仁科神明宮の杉の倒壊跡 
  • 9月5日
    午前中、台風一過の明治神宮を歩き、議員会館で人口急激地域の若者定着を実現する議員立法について議論の後、古屋亨代議士と、ノスタルジックカー税制について経済産業省、城内自民党経済産業部会長と意見交換。昼過ぎに、自民党行革本部で橋本行革の検証の議論に参加。午後、地方6団体の皆様と人口急激地域の若者定着を実現する議員立法について意見交換の後、長野市立大岡小学校6年生を国会議事堂にお迎えする。夕方、松本に戻り、長野県護国神社に向かう。護国神社の脇鳥居が、昨年の第2鳥居に次いで台風で倒壊。氏子総代会長として責任重大。
    写真:台風一過の明治神宮を歩く 写真:議員会館で議員立法について議論
    写真:自民党行革本部で橋本行革の検証議論 写真:地方6団体と議員立法の意見交換
    写真:大岡小6年生を議事堂に迎える 写真:台風で倒壊した護国神社脇鳥居前で
  • 9月4日
    午前中、雨の中バスで地下鉄駅代々木公園駅に向かい永田町に。農林水産省、環境省から鳥獣被害とジビエ利用の現状と予算要求についてレクを受けた後、石原信雄先輩をお訪ねし省庁再編の方向性について意見交換。午後、自民党行革本部で橋本行革の光と影の検証、2030年を見据えた行革についての提言案を議論。議員会館の健康管理センターでストレッチの後、衆議院法制局と議員立法について議論。更に、エネ庁から風力発電、小水力発電について、文化庁からノスタルジックカー税制についてレクを受ける。この日、総裁選特設サイトが立ち上がる。安倍総裁実現に向けて運動。
    写真:雨の中バスで地下鉄駅に向かう 写真:石原信雄先輩を訪問
    写真:自民党行革本部で橋本行革の陰影の検証 
  • 9月3日
    早朝、高瀬川渓谷のダム群に向かう。大町ダム付近の猿の多さにびっくり。大町ダムでは治水と利水について学習。そそり立つダムサイトをボルダリングで使えないかと質問。高瀬ダムでは、碓砂、トラックによる搬出、トンネル建設による今後の搬出、利水の治水への転換等について、国交省、東京電力の現場責任者から話を聞く。元ダム湖だった場所が堆砂で埋め立て。トンネル建設によるベルトコンベアによる碓砂搬出の計画をしっかりと聞く。高瀬ダムの碓砂の凄さは、日本の累積債務と同じ増え方だと連想。その足で上京。安倍晋三総裁候補の選挙対策本部の結団式が東京で開催され、アルプスの奥懐から都心へ駆け付ける。この落差、変化が政治の醍醐味。夕方、役所の同期と懇親。皆、第2の人生に頑張っている。退職して皆一旦東京に集まっているが、第2の人生の活躍現場は地方だと思い定めて、奥さんを説得しようと進言。
    写真:大町ダム付近の猿の多さ! 写真:大町ダムにて
    写真:高瀬ダムを襲う堆砂 写真:ダム碓砂は累積債務の増え方と同じ
    写真:安倍総裁候補選対本部の結団式にて 写真:役所の同期と懇親
  • 9月2日
    午前中、急遽中止になった松本市新村の運動会に駆け付ける。地元の短歌の会「朝霧社」の夏季歌会に参加。みずみずしい感性の発露に接する。休憩中に朝霧社の歌会選者の皆様にご挨拶。昼過ぎに、安曇野市上鳥羽の神社の秋祭り、池田町で開催の手しごとマルシェを訪れる。午後、安倍晋三総裁を応援する会を松本市内で開催。甘利明代議士が応援講師。夕方、筑北村坂北中村区の神明宮の秋祭りに駆けつけた後、安曇野市明科の支援者との月例会に参加。
    写真:中止になった松本市新村運動会にて 写真:短歌の会「朝霧社」の夏季歌会にて
    写真:朝霧社の歌会選者の皆様と 写真:安曇野市上鳥羽の秋祭りにて
    写真:池田町の手しごとマルシェにて 写真:安倍総裁を応援する会を松本市で開催
    写真:筑北村坂北の秋祭りにて 
  • 9月1日
    午前中、松本市から水戸市に赴き、7月27日に97歳の天寿を全うされた元茨城県議会議長で県議55年の経歴を記した山口武平先生のお別れの会に参列。麻生太郎副総理も参列。茨城県庁総務部長としてお世話になり、2000年には山口先生のお誘いで北朝鮮にお連れ頂くという稀な機会を得る。私のFBの写真でご一緒の方。頂いた恩に感謝と合掌。夕方、とんぼ返りで、長野市中条の支援者と地域の課題、国政の課題を話し合う。
    写真:山口武平先生のお別れの会 写真:私のFBの写真で山口先生とご一緒
    写真:長野市中条の支援者の皆様と 

  • 8月31日
    午前中、安曇野市内のアルプスの麓の事業所を巡る。昼前に大町市内で開催された関東国道協会長野県地区協議会総会に出席。昼に、大町市美麻の蕎麦を食する。午後、長野市内の事業所を巡る。自民党総裁選挙の支援依頼。
    写真:国道協会長野県協議会総会にて 写真:大町市美麻の蕎麦を食する
  • 8月30日
    早朝、新宿から松本に戻る。午前中、松本市内の事業所を訪問。午後、長野県神社庁大北支部、長野県神社総代会大北支会総会で挨拶。地域社会の統合の象徴である神社の繁栄存続のための制度の構築を訴える。夕方、長野県の自転車利活用についての研究会が発足。実践者の集まりの研究会で。9月末に国交省自転車担当参事官を招いて学習会を予定。夕方、メンバーで懇親会。
    写真:長野県神社庁大北支部総会で挨拶 写真:長野県の自転車利活用研究会が発足
  • 8月29日
    早朝、明治神宮境内を歩く。自民党本部にて、オリパラを通じて地域活性化を考える委員会で、柴田さほり信州いいやま観光局室長から飯山市の取り組みを聞く。柴田さんは愛知県からの移住者。議員立法に関し衆議院法制局と打ち合わせの後、細田博之代議士らと人口急減地域に若者を定着してもらうための制度について議論。国土交通部会で来年度予算、税制改正の考え方を聞く。昼に人事院勧告等についての政府の説明を聞いた後、菅谷松本市長、三澤アルピコ交通社長、井上松本商工会議所会頭、堀内連合町会長、上條市議、犬飼市議らが国道19号線の拡幅要望で議員会館にお越しになる。国交省にもお連れする。厚生労働部会でも零年度予算についての意見交換の後、経済産業省自動車課長と車体課税のテーマについて要請を行う。消防議員連盟で来年度消防予算について議論の後、総務省OBとの懇親会に駆け付ける。
    写真:明治神宮境内を歩く 写真:国土交通部会にて
    写真:松本市の関係者と 写真:松本市の関係者を国交省にお連れする
    写真:消防議員連盟にて 
  • 8月28日
    早朝、久しぶりに明治神宮境内を歩く。気持ちが鎮まる思い。内閣府、文科省、厚労省の担当課長から保育無償化制度化について説明を聞いた後、自民党経済産業部会で来年度予算、税制改正の考え方を聞く。車体課税も議論の俎上に。過疎法の期限切れを踏まえ今後の過疎対策についても議論。昼に新幹線で長野市に向かい、信濃町で開催の国道18号野尻バイパス促進期成同盟会総会に駆け付ける。地酒松尾の蔵元を訪問し大吟醸を購入。夕方、池田町の自民党支部役員会、安曇野市の若手建設業関係者の会合に駆け付け、その足で再び上京。
    写真:明治神宮境内を歩く 写真:自民党で過疎対策を議論
    写真:国道18号野尻BP期成同盟会に出席 写真:信濃町の地酒蔵元を訪問
    写真:池田町の自民党支部役員会にて 写真:安曇野市の若手建設業関係者と
  • 8月27日
    早朝、あずさで上京し、生坂村村長、村議会の皆様を国会議事堂にお迎えする。村民に代わっての酷暑のなかの中央要望、頭が下がります。国交省、厚労省、総務省、農水省の局長、審議官に皆様と突っ込んだ意見交換。中山間地の抱える課題が政府に直結している実感。午後、政策集団の緊急集会で、自民党総裁選において安倍晋三氏を支持することを決議。麻生会長からは、好き嫌いではなく国益の観点で選択を、との檄が飛ぶ。夕方、生坂村の皆様との懇親会の後、参議院の大御所の自宅にお邪魔する。
    写真:生坂村の皆様と国会内で昼食会 写真:生坂村の皆様と国交省を訪問
    写真:生坂村の皆様と農水省を訪問 写真:麻生太郎氏の安倍総裁支援の演説を聞く
    写真:参議院の大御所の自宅にお邪魔する 
  • 8月26日
    早朝、安曇野に雲が地表に立ちこめる中、乗鞍高原に向かい、乗鞍岳ヒルクライム自転車レースでスターターを務める。4,300名以上が参加のこの大会は自転車愛好者憧れの的。大会アンバサダーの鈴木雷太さんにも挨拶。その足で信濃町に向かい、野尻湖を遊覧船で巡り弁天島の宇賀神社の例祭に参加。1,288年間の歴史を経た野尻湖の宇賀神社の例祭は荘厳。例祭の後、野尻湖湖畔のレストランLAMPで信濃町移住の若者と意見交換。長野市豊野の支援者との意見交換会をこなし、松本市今井の支援者の皆様との懇親会に駆け付ける。今井の消防団の懇親会にも顔を出す。
    写真:雲が地表に立ち込める安曇野の朝 写真:乗鞍自転車競技でスターターを務める
    写真:乗鞍自転車競技に集った自転車愛好者 写真:野尻湖を遊覧船で巡る
    写真:宇賀神社の例祭にて 写真:宇賀神社の浦安の舞
    写真:野尻湖湖畔で移住者の若者と 写真:長野市豊野の支援者との意見交換会
    写真:松本市今井の支援者との懇親会 
  • 8月25日
    午前中、安曇野市内のグランドゴルフ例会で挨拶。昼前に小谷村大網の大網神社の例祭に集った皆様に挨拶。野外活動団体OBSの拠点の旧分校も訪問。OBSへの参加が切っ掛けとなり大網に定住した方々が出産子育てをしている姿が眩しい。午後、池田工業高校の学園祭にお邪魔する。高校生と腕相撲で惜敗。松本市深志神社で開催された自民党長野県第2選挙区支部の役員会の後、矢野浩之京大教授によるセルロースナノファイバーに関する講演を聞く。次世代の素材産業は地域資源の将来も拓くことにつながる。矢野教授には懇親会にもご参加頂く。教授は、松本在住のご両親に久々の訪問の由。
    写真:グランドゴルフ例会で挨拶 写真:小谷村大網の大網神社の例祭にて
    写真:野外活動団体拠点の元分校にて 写真:池田工業高校の学園祭にて
    写真:自民党長野県第2選挙区支部の役員会にて 写真:矢野京大教授によるSNF講演
    写真:矢野京大教授を囲んで 
  • 8月24日
    午前中、安曇野市内の森の保育園「森の子保育園」を訪問し、園児のお母さんから現在進行形の保育制度改革の問題点を伺う。保育無償化が森の保育園存続の危機をもたらしかねないとの切実な声を聞く。無償化の適用外の森の保育園から無償化の施設保育に園児が流出する懸念を伺う。対策を講じることを約束。長野市方面の事業所を訪問の後、国道19号(生坂、大町、長野間)整備促進期成同盟会に駆け付ける。夕方、石油業界の役員と意見交換の後、安曇野市内の支援者の皆様に国政報告。
    写真:安曇野市内の森の保育園を訪問 写真:森の保育園の保護者の皆様と
    写真:国道19号整備促進期成同盟会に出席 写真:安曇野市内の支援者の皆様と
  • 8月23日
    早朝、新宿から松本に戻る。松本で開催のSEIJI OZAWA音楽フェスティバルの影響か、グリーン車も満席。昼前に朝日村で開催の東筑摩郡村議会議員大会で挨拶。午後、支援事業所を訪問しつつ、夕方、長野市で開催の北信越女性保育関係者研修会に駆け付ける。とても暑い一日。
    写真:東筑摩郡村議会議員大会で挨拶 写真:北信越女性保育関係者研修会で挨拶
  • 8月22日
    午前中、衆議院法制局と議員立法の立て方について打ち合わせ。ITコンサルタント企業からマルチタッチカード(スマホをカードにかざすことでアクセス希望のホームページに直ちに飛ぶ機能が備わっている)の説明を受ける。消防庁から来年度予算案の考え方についてレクを受けた後、地方消費税創設の同志東大名誉教授の神野直彦先生らと昼食。午後、人口急減地域の若者定着を考える制度改正について議員連盟役員と各省と意見のすり合わせ。在京支援者の松井証券松井道夫社長と懇談の後、オイスカ関係者からフィリピンへの養蚕技術移転の現状について、オリジオジャパンのヤコブセン社長から不妊治療の最前線についてお話を伺う。総務省から来年度重点施策の、国交省から自転車活用計画についてのレクを受けた後、夕方、在京防災関係者との意見交換会、懇親会。
    写真:マルチタッチカードの説明を受ける 写真:神野直彦東大名誉教授と
    写真:人口急減地域の若者定着の制度改正を議論 写真:松井証券社長と懇談
    写真:不妊治療の最前線の話を聞く 写真:在京防災関係者との意見交換会
  • 8月21日
    早朝、安曇野市豊科交差点、田沢駅前交差点で街頭演説の後、筑北村の朝散歩の皆様と合流。地域起こし協力隊の意欲的取り組みは地域を元気にしている実感。昼前にバイオマス発電を安曇野で導入しようとしている企業からその進捗状況を聞く。松本市山辺方面を巡り、ブドウ直売場で旬のブドウを購入。猛暑のせいか例年よりも早い収穫。午後、あづみのケーブルテレビ設立35周年・開局30周年記念式典で挨拶。夕方、小谷村の古民家「梢乃雪」で開催の焼き鳥懇親会に参加。その足で上京。
    写真:安曇野市田沢駅前で街頭演説 写真:筑北村の朝散歩の皆様と
    写真:松本市山辺のブドウ農家からブドウ購入 写真:地元ケーブルテレビ設立35周年記念式典にて
    写真:小谷村の古民家「梢乃雪」を訪問 
  • 8月20日
    早朝、松本駅前、深志二丁目交差点で街頭演説。市内の事業所に挨拶回りの後、山梨県で開催の中央東線高速化促進期成同盟会総会に出席。会合に出席し驚いたことに、本人出席長野県選出国会議員は私だけ。県内首長も関川筑北村長のみが出席。長野県議会議員の皆様はしっかりと出席。中央東線沿線市長の当事者意識を覚醒しなければ、長野県内の市長は中央東線高速化に関心がないと受け止められかねない。夕方、松本に戻り、駅前で再度の街頭演説。その後、松本市内の支援者との会合を梯子。
    写真:松本市深志二丁目交差点で街頭演説 写真:中央線高速化期成同盟会に出席の長野県議
    写真:駅前で再度の街頭演説 写真:建設関係の支援者と意見交換
    写真:松本市内のロータリークラブの皆様に挨拶 写真:ハワイアンを鑑賞
  • 8月19日
    午前中、野尻湖畔で開催のシナノフェス2018に駆け付ける。移住者の若者も大勢参加し、野尻湖の明るい未来を感じる。昼に安曇野市豊科郷土博物館主催の地元の葬式の歴史を振り返る企画に駆け付ける。土葬用の座棺と棚上げ料理に挑戦。葬式を考えていくと、いずれ来る自らのそれまでに、如何に生きるかということを考えることになる! 夕方、安曇野市徳次郎の友人とのバーベキュー懇談の後、白馬村の若手実業家らと白馬村の観光振興策について意見交換。若者らしい大胆な構想に吸い込まれる。
    写真:野尻湖畔のシナノフェス2018にて 写真:信濃町に移住した若者と
    写真:豊科郷土博物館主催の葬式の歴史展にて 写真:土葬用の座棺にトライ
    写真:安曇野市徳次郎の友人とバーベキュー懇談 写真:白馬村の若手実業家ら意見交換
  • 8月18日
    午前中、松本市内で催行の日中友好中学生卓球大会にて挨拶。松本市内の中学生と中国の中学生の試合。昼前に、実業系高校の生徒による地場産品販売イベントに今年も顔を出す。南農の先生からの出席要請を頂戴する。昼に、生坂村の空き家・田舎体験ツアーに随行。移住希望者の皆さんの貴重な声に接する。午後、池田町、松川村の介護老人保健施設の納涼祭、池田町ハーブセンターの夏祭りに駆け付ける。夕方、大町市の支援者と意見交換。60年前の父親の大町小学校時代の写真に接し感激。大町市の支援者にお見せ頂く。
    写真:日中友好中学生卓球大会にて 写真:高校生による地場産品販売イベントにて
    写真:生坂村の空き家・田舎体験ツアーに随行 写真:松川村の老健施設の納涼祭にて
    写真:池田町ハーブセンターの夏祭りにて 写真:大町市の支援者と意見交換
    写真:60年前の父の大町小時代の写真 
  • 8月17日
    午前中、「白馬栂池WOW!」に遊ぶ。新しい高度遊具施設が栂池スキー場にオープン。お盆過ぎの平日、栂池スキー場の駐車場は満杯。小谷村内の事業所を訪問の後、白馬村の「しろうま農場」の雰囲気のあるグランピング施設を拝見。白馬村に新名所。白馬村役場前では電動アシスト付き自転車に試乗。夕方、寝違いで首に違和感が生じたのを松本市内の整骨院で治療。その後、松本サマーフェスタに参戦。
    写真:「白馬栂池WOW!」に遊ぶ 写真:「白馬栂池WOW!」のネット遊具にて
    写真:「しろうま農場」のグランピング施設にて 写真:電動アシスト付き自転車に試乗
    写真:松本サマーフェスタにて 
  • 8月16日
    早朝、安曇野市内の早起き会に参加。お盆に考えたことを話す。松本駅前、深志二丁目交差点で街頭演説の後、寝違いを接骨院で修復。昼前に、松本市に所在する旧陸軍墓地の慰霊祭りに参加の後、我が家の送り盆。8月は先祖と戦没者の慰霊の月。昨年記した旧陸軍墓地管理の課題について政治的に動かなければならないと再確認。
    写真:早起き会に参加 写真:松本駅前で街頭演説
    写真:旧陸軍墓地の慰霊祭りにて 写真:我が家の送り盆
  • 8月15日
    午前中、池田町クラフトパークで三重県から絵を描くために移住してこられた画家森重樹さんと懇談。その場所で開催されている写真展にもお邪魔する。昼前に池田町の成人式で祝辞、昼過ぎに松川村の成人式で祝辞。終戦の日の成人式に当たって、310万人もの戦没者が無念の死を遂げたことを慮り、今の状態に感謝し志を遂げて欲しいと語る。併せて、いずれは故郷に戻ってきて欲しいともお願いする。午後、長野県護国神社の平和祈念式典に駆け付け、直会の場にて、成人式で新成人に戦争犠牲者の思いを引き継いで頑張って欲しいと挨拶した旨、伝える。夕方、安曇野市明科下押野、上押野の夏祭りに駆け付ける。夜、穂高神社霊社の慰霊祭の後、奉納の遠州三ヶ日手筒花火を鑑賞。直会で挨拶。
    写真:絵を描くために移住してきた方と 写真:池田町の成人式で祝辞
    写真:松川村の成人式にて 写真:長野県護国神社にて
    写真:護国神社の平和祈念式典の直会にて 写真:安曇野市明科下押野の夏祭りにて
    写真:穂高霊社に奉納の遠州三ヶ日手筒花火 写真:穂高神社霊社の慰霊祭の直会にて
  • 8月14日
    朝、小川村の支援者の新盆にお伺いする。未亡人からこれからの前向きな生き方を伺い安心。昼前、長野市信州新町の夏の成人式で祝辞を述べる。「故郷を大事に」、と。午後、長野市大岡の三千石祭りに駆け付ける。岩魚掴みが大人気。暫時、自宅で休息の後、山形村の夏祭り「山形じゃんずら」に駆け付ける。夕方、安曇野花火を観賞の後、弟一家と夕食。
    写真:長野市信州新町の夏の成人式にて 写真:長野市大岡の三千石祭りにて
    写真:山形村の夏祭り「山形じゃんずら」にて 写真:安曇野花火を観賞
  • 8月13日
    早朝、お盆の伝統行事である第93回安筑野球大会の開会式に駆け付ける。午前中、迎え盆の墓参り。午後、自宅で静養とメルマガ原稿を書く。夕方、高瀬川納涼花火大会と松川村の知人宅で開催のバーベキュー懇親会に駆け付ける。夏は過行く。
    写真:安筑野球大会開会式にて 写真:高瀬川納涼花火大会にて
    写真:バーベキュー懇親会にて 
  • 8月12日
    早朝、安曇野市議と朝食を交え意見交換。安曇野市堀金の向日葵畑を訪問の後、同市内の田圃を潤す熊倉堰の梓川取水口が、過日の増水で河床低下により機能不全となっている現場を水利組合の皆様にご案内頂く。市役所の対応が緩慢との声がある中で、抜本的対策の必要性を痛感。午後、松本市、安曇野市内の新盆宅を弔問。大町市の古くからの知人宅では親子3代女子と懇談。夕方、自宅で夕食を取る。
    写真:安曇野市堀金の向日葵畑にて 写真:熊倉堰の梓川取水口を視察
    写真:熊倉堰の水利組合の皆様と 写真:大町市内の知人宅で親子3代女子と
  • 8月11日
    早朝、米子市のホテルで朝食の後、大山町で開催の第3回「山の日」記念全国式典in鳥取に参加。洗練された感動の式典。大山開山1300年を迎える年に合わせた鳥取県開催の記念式典は大いに盛り上がる。「山の日」制定の意義を改めて確認。地元からは石破茂代議士も隣席し、マスコミが総裁選について取材。来年の「山の日」は山梨県、再来年は大分県で開催。昼に大山町から米子市、松江市を経由して出雲空港から羽田空港に飛び、夜、中央線で松本市に戻る。
    写真:大山町で開催の山の日記念に参加 写真:記念式典で石破代議士に挨拶
    写真:伯耆大山を臨んで 
  • 8月10日
    早朝、羽田空港から松江空港を経由して、鳥取県米子市で開催の第3回「山の日」記念式典レセプションに「山の日」議員連盟事務局長として参加。大山開山1300年記念と併せて開催。レセプションの後、夜の米子城址に登る。16番目の「山の日」制定の趣旨が確実に全国に広がっている! 明日は大山町で記念式典。この日、地元の筑北スマートインターチェンジの事業着手が国交省から発表。 構想を進めてきた者として感慨深い!
    写真:米子市で開催の山の日記念前夜祭にて 写真:米子に駆け付けた山の友と
    写真:夜の米子城址に登る 写真:橋本岳代議士と夜の米子城址にて
  • 8月9日
    午前中、松本市内の新盆のお宅を訪問。昼に長野市豊野の支援者の急な葬儀に参列。昼過ぎに池田町と生坂村の議員交流会「池坂やまびこ会」総会で挨拶。両町村を結ぶトンネル整備についてコメント。大町市内の新盆のお宅を訪問の後、自民党総裁選挙に関する信濃毎日新聞の取材を受ける。夕方、松本市内の支援者、池田町の支援者と国政、地元課題を語る。
    写真:「池坂やまびこ会」総会で挨拶 写真:信濃毎日新聞の取材を受ける
    写真:松本市内の支援者と懇談 写真:池田町の支援者と懇談
  • 8月8日
    午前中、議員会館で衆議院法制局と議員立法の打ち合わせ。議員会館に長野県の知人をお迎えし、四方山政治談議。午後、自民党本部で行革推進本部の役員会に参加。橋本行革の総括と省庁再編の方向性について議論。その足で松本に戻り、松本市梓川の支援者の皆様と意見交換。ところで、広島県の友人が、私が贈った波田のスイカが広島市安芸区災害ボランティアセンター矢野サテライトでふるまわれた旨連絡が入る。亡き父親の誕生日に嬉しい情報。
    写真:議員会館に長野県の知人をお迎え 写真:松本市梓川の支援者の皆様と意見交換
    写真:松本市梓川の支援者の皆様と 写真:波田のスイカが被災地で喜ばれる
  • 8月7日
    午前中、長野市内の団体を巡り、長野県護国神社の鳥居再建に向けた協力を依頼。午後、松本市芸術館で開催の2018信州総文祭に参加。自らも芸術家の宮田亮平文化庁長官の挨拶は出色。「今やらずにいつやる、俺がやらずに誰がやる」、との平櫛田中氏の言葉を引用し生徒を激励。夕方、安曇野市穂高の老人保健施設を訪問。夕方、自民党長野県連の事務方と意見交換を行った後、松本市入山辺の支援者の皆様との懇親会に駆け付ける。総文祭開会式の後片付けの高校生諸君を慰労の後、上京。
    写真:2018信州総文祭にて 写真:安曇野市内の老人保健施設にて
    写真:松本市入山辺の支援者の皆様と 写真:総文祭開会式後片付けの高校生を慰労
  • 8月6日
    早朝、73年前の広島原爆投下のこの日の朝、松本市内の平和祈念朝起き会に参加。その足で、松本市内で街頭演説。恒久平和の為に何が必要かを訴える。0815の投下時刻に黙祷。昼前に「さとやまエネルギー」株式会社の前田仁CEOから地元の小水力発電について話を聞く。共にやっていける雰囲気を共有。松本城の世界遺産登録について松本市教育委員会と打ち合わせ。午後、松本市内の事業所に護国神社鳥居再建をお願いに廻る。夕方から、犀川・梓川河床低下防止対策協議会総会に参加。上流は河床上昇、下流は河床低下が生じている中で、下流域の課題をしっかりと共有。
    写真:平和祈念朝起き会にて 写真:松本市内で街頭演説
    写真:地元の小水力発電について話を聞く 写真:松本城世界遺産登録を市教委と議論
    写真:犀川・梓川河床低下防止対策協議会総会にて 
  • 8月5日
    早朝、朝日村の鉢盛山登山マラソン大会を激励。午前中、松本市内の定例集会で防災講話を行った後、緑陰のバーベキューキャンプに駆け付ける。昼過ぎに、安曇野よさこい祭りに顔を出す。午後、新盆のご家庭を訪問の後、松本市竹渕地区の夏祭りにお邪魔する。長野市に飛び、長野県知事に阿部守一氏の3選の祝勝会に駆け付ける。自民党を代表した祝辞で、阿部県政を自民党として全面支援を約束。その後、白馬村村長選挙で現職の下川まさたけ候補者の再選を祝賀。 惜敗の新人相手候補者の篠崎さんも慰労し、これからはノーサイドで白馬の為に力を合わせて頂くことをお願いする。
    写真:鉢盛山登山マラソン大会を激励 写真:松本市内の定例集会で防災講話
    写真:緑陰のバーベキューキャンプ 写真:安曇野よさこい祭りにて
    写真:松本市竹渕地区の夏祭りにて 写真:長野県知事阿部氏の再選を祝賀
    写真:白馬村村長下川氏の再選を祝賀 
  • 8月4日
    早朝、松川村の早起き会に参加の後、お盆を控え、先祖の墓掃除。安曇野市グランドゴルフ大会を激励の後、松本市波田のスイカ祭りでスイカを購入し、広島市の知り合いに贈る。昼過ぎに新盆のご家庭を訪問。遅い午後から、大町やまびこ祭り、松川ふるさと祭り、朝日村の夏祭りに駆け付ける。夕方、松本ぼんぼんの連を激励に歩く。国会議事堂見学の小学生と再会し盛り上がる。
    写真:先祖の墓掃除 写真:安曇野市グランドゴルフ大会を激励
    写真:松本市波田のスイカ祭りにて 写真:大町やまびこ祭りにて
    写真:松川ふるさと祭りにて 写真:朝日村の夏祭りにて
    写真:松本ぼんぼんの連を激励 
  • 8月3日
    朝、長野県知事選挙の期日前投票を終了。午前中、松本市内の事業所を訪問。鉄筋加工事業所も訪問し、会社の荻野貴史常務がトライアスロンの強豪選手でることを認識。午後、長野県治水砂防協会第80回通常総会に参加。長野県は砂防事業の先進県。夕方、大町市浴衣祭りに浴衣で参加の後、安曇野市の事業所の協力会に駆け付ける。
    写真:長野県知事選挙期日前投票を終了 写真:松本市内の鉄筋加工事業所を訪問
    写真:長野県治水砂防協会総会に参加 写真:大町市浴衣祭りに浴衣で参加1
    写真:大町市浴衣祭りに浴衣で参加2 写真:安曇野市の事業所の協力会にて
  • 8月2日
    早朝、高知龍馬空港から東京に戻り、細田先生の元で人口急減地域に若者を定着してもらう新規立法について議論。内閣府防災担当審議官から西日本水害対応についてレクを受けた後。国会議事堂自民党幹事長室に高校生を招く。台湾の高校生も一緒。午後、宮澤安曇野市長を国交省青木都市局長、塚原水管理・国土保全局長、和田総括審議官にお連れする。地元案件の予算要望。その足で地元に戻り、自民党安曇野支部の役員会で国政報告、自民党総裁選挙への対応を語る。夕焼けの安曇野が美しい。
    写真:高知龍馬空港を発つ 写真:人口急減地域に若者定着を図る新規立法を議論
    写真:議事堂に高校生を招く 写真:安曇野市長を国交省局長にお連れする
    写真:自民党安曇野支部の役員会にて 写真:安曇野の夕焼け
  • 8月1日
    早朝、羽田空港から高知県に飛ぶ。高知県で夏の稲刈りと田植えの同時進行の風景にびっくり。この地域は二期作! 鰹の一本釣りで有名な中土佐町を訪問し、津波避難階段を登る。南海地震で34mの津波が想定される黒潮町も訪問。大西勝也町長から「逃げる住民づくり」について話を聞く。同町の缶詰め工場、集落活動センター「であいの里蜷川」を訪問。缶詰め工場では旧知の友永公生黒潮町産業推進係長に再会。集落活動センターの有効活用は中山間地再生のヒント。この日は高知市内で宿泊。
    写真:高知県の夏の稲刈り 写真:高知県の夏の田植え
    写真:中土佐町の津波避難階段を登る 写真:共産党の本村伸子代議士と
    写真:黒潮町役場を訪問 写真:黒潮町集落活動センターを訪問
    写真:缶詰工場で旧知の友永係長と再会 

過去の活動報告

▲ページTOPへ