自由民主党

衆議院議員 むたい俊介オフィシャルサイト 長野2区 自民党
http://www.mutai-shunsuke.jp/

  • トップページ|Top page
  • プロフィール|Profile and career
  • 理念・政策|My policy
  • 講演・著作・論文|Lecture,writing,thesis
  • 活動報告|Activity report
  • 選挙区の状況|Constituency
  • 後援会のご案内|Supporter's association
  • リンク|Link
  • ご意見・お問い合わせ|Tell me your opinion

過去の活動報告

令和2(2020)年10月
令和2(2020)年9月
令和2(2020)年8月
令和2(2020)年7月
令和2(2020)年6月
令和2(2020)年5月
令和2(2020)年4月
令和2(2020)年3月
令和2(2020)年2月
令和2(2020)年1月
令和元(2019)年12月
令和元(2019)年11月
令和元(2019)年10月
令和元(2019)年9月
令和元(2019)年8月
令和元(2019)年7月
令和元(2019)年6月
令和元(2019)年5月
平成31(2019)年4月
平成31(2019)年3月
平成31(2019)年2月
平成31(2019)年1月
平成30(2018)年12月
平成30(2018)年11月
平成30(2018)年10月
平成30(2018)年9月
平成30(2018)年8月
平成30(2018)年7月
平成30(2018)年6月
平成30(2018)年5月
平成30(2018)年4月
平成30(2018)年3月
平成30(2018)年2月
平成30(2018)年1月
平成29(2017)年12月
平成29(2017)年11月
平成29(2017)年10月
平成29(2017)年9月
平成29(2017)年8月
平成29(2017)年7月
平成29(2017)年6月
平成29(2017)年5月
平成29(2017)年4月
平成29(2017)年3月
平成29(2017)年2月
平成29(2017)年1月
平成28(2016)年12月
平成28(2016)年11月
平成28(2016)年10月
平成28(2016)年9月
平成28(2016)年8月
平成28(2016)年7月
平成28(2016)年6月
平成28(2016)年5月
平成28(2016)年4月
平成28(2016)年3月
平成28(2016)年2月
平成28(2016)年1月
平成27(2015)年12月
平成27(2015)年11月
平成27(2015)年10月
平成27(2015)年9月
平成27(2015)年8月
平成27(2015)年7月
平成27(2015)年6月
平成27(2015)年5月
平成27(2015)年4月
平成27(2015)年3月
平成27(2015)年2月
平成27(2015)年1月
平成26(2014)年12月
平成26(2014)年11月
平成26(2014)年10月
平成26(2014)年9月
平成26(2014)年8月
平成26(2014)年7月
平成26(2014)年6月
平成26(2014)年5月
平成26(2014)年4月
平成26(2014)年3月
平成26(2014)年2月
平成26(2014)年1月
平成25(2013)年12月
平成25(2013)年11月
平成25(2013)年10月
平成25(2013)年9月
平成25(2013)年8月
平成25(2013)年7月
平成25(2013)年6月
平成25(2013)年5月
平成25(2013)年4月
平成25(2013)年3月
平成25(2013)年2月
平成25(2013)年1月
平成24(2012)年12月
平成24(2012)年11月
平成24(2012)年10月
平成24(2012)年9月
平成24(2012)年8月
平成24(2012)年7月
平成24(2012)年6月
平成24(2012)年5月
平成24(2012)年4月
平成24(2012)年3月
平成24(2012)年2月
平成24(2012)年1月
平成23(2011)年12月
平成23(2011)年11月
平成23(2011)年10月
平成23(2011)年9月
平成23(2011)年8月
平成23(2011)年7月
平成23(2011)年6月
平成23(2011)年5月
平成23(2011)年4月
平成23(2011)年3月
平成23(2011)年2月
平成23(2011)年1月
平成22(2010)年12月
平成22(2010)年11月
平成22(2010)年10月
平成22(2010)年9月
平成22(2010)年8月
平成22(2010)年7月
平成22(2010)年6月
平成22(2010)年5月
平成22(2010)年4月
平成22(2010)年3月
平成22(2010)年2月
平成22(2010)年1月
平成21(2009)年12月
平成21(2009)年11月
平成21(2009)年10月
平成21(2009)年9月
平成21(2009)年8月
平成21(2009)年7月
平成21(2009)年6月
平成21(2009)年5月
平成21(2009)年4月
平成21(2009)年3月
平成21(2009)年2月
平成21(2009)年1月
平成20(2008)年12月
平成20(2008)年11月
平成20(2008)年10月
平成20(2008)年9月
平成20(2008)年8月

←最新へ戻る

活動報告 令和3(2021)年

活動報告動画はこちら 連続ミニ集会の模様はこちら

  • 2月24日
    早朝、自民党災害対策特別委員会で災害対策基本法改正について議論。今回の改正は避難システムの効率化がメイン。私からは個別避難計画の作成義務化、防災デジタル化の標準化、防災担当大臣の専任化を今後の宿題とすべきと指摘。野党幹部に私が関わっている議員立法のレクを行った後、厚労省難病対策課、結核感染症課から筋痛性脳脊髄炎の原因究明、特に新型コロナ感染症との関連に関する論点についてレクを受ける。患者団体の篠原理事長からの要望を繋ぐ趣旨。午前から午後にかけ、自民党総務会委員として法務省、消費者庁、金融庁、特許庁、外務省から国会提出法案、条約案のレクを受ける。夕方、金曜日の衆議院予算委員会分科会の質問レクを行う。
    写真:自民党災対特委で法案質疑 写真:筋痛性脳脊髄炎のレクを受ける
  • 2月23日
    自宅で、今週の木曜日金曜日に予定される衆議院予算委員会分科会の二分科会での質問準備を行う。夕方、安曇野市におけるワーケーション推進に関してズーム会議を行う。山岳ガイド協会関係者、シェアハウス運営者、ネット運営者、リモートワーク実践者、地元市議会議員が自らの実践、問題意識、政策の方向性を共有。ワーケーション推進議員連盟役員の立場で参加した私からは、ローカル5Gの整備とセットでの拠点整備、安曇野市でワーケーション推進方針を策定していく必要性、サテライトキャンパス推進との連携、アートヒルズの利活用等について可能性を話す。このグループで議論を重ね、市への提言をまとめることも申し合わせる。地元市の今朝の朝刊で、昨日行われた安曇野市役所での宮澤市長と河野太郎ワクチン担当大臣がリモート会談も模様が記事に掲載される。
    写真:ワーケーションのリモート会議 写真:リモート会議に参加
    写真:河野大臣とのリモート会議の記事 
  • 2月22日
    早朝、安曇野市役所で宮澤市長と河野太郎ワクチン担当大臣がリモート会談。安曇野市のワクチン準備の課題を直接大臣にぶつける。私も参加。昼前に、お世話になった元安曇野市区長会長河村佳次氏宅を弔問。昼過ぎに上京し、自民党人権外交PTで湯川雄介弁護士からビジネスと人権に関する視点を聞いた後、内閣府から2月の月例経済報告を受ける。週後半に見込まれる衆議院予算委員会分科会の質問調整を文科省、国交省、厚労省と行う。その後、衆議院総務委員会理事懇談会に出席し、総務省高官の利害関係者との会食について説明を受ける。
    写真:安曇野市で河野大臣とリモート会合 写真:自民党人権外交PTに参加
    写真:内閣府が月例経済報告 
  • 2月21日
    午前中、松本市内で支援団体の皆様と参議院長野選挙区補欠選挙の打ち合わせ。小松ゆたか候補者も決意を述べる。昼に松本市白板交差点、松本駅前で小松ゆたか参議院長野選挙区補欠選挙候補予定者と街頭演説。午後、松本市内で憲法学習会が開催され、衆議院憲法審査会委員、自民党憲法改正推進本部幹事の立場でコロナ後を見据えた憲法の在り方について講師を務める。夕方、松川村、白馬村の自民党支部役員会で、参議院選挙の打ち合わせ。この場にも小松ゆたか候補者が参加。
    写真:支援団体の皆様と選挙の打合せ 写真:松本市内で小松氏と街頭演説
    写真:松本駅前で小松氏と街頭演説 写真:松本市内で憲法勉強会
    写真:自民党白馬村支部役員会で選挙の打合せ 
  • 2月20日
    午前中、生協労連・コープながの労働組合の高橋和也委員長、甘田芳子書記長から全国最低賃金一律化の要請を受ける。自民党最低賃金一元化議連の立場から趣旨に賛同し、請願署名紹介議員を承諾。午後、安曇野市内の支援者に小松ゆたか氏の支援要請に廻る。夕方、自民党生坂村支部役員会で小松ゆたか氏の選挙体制について打ち合わせ。
    写真:生協労連から最賃要望を受ける 写真:自民党生坂村支部役員会で参院選打合せ
  • 2月19日
    早朝、自民党本部で岸良裕司Goldratt代表から、官の問題解決能力の高さを踏まえ、その能力を高め問題解決をしそれをIT化して横展開して行くべき、との解説に我が意を得たり。問題解決の実績がキャリアパスに組み込まれることが必要とも。引き続き、慶応大学小崎健次郎教授からは新型コロナ変異のモニタリングを学習。自民党団体総局役員会で団体要望に対する回答について打合せの後、自民党総務会に出席。昼に、ダライ・ラマ法王日本代表部アリヤ・ツェワン・ギャルポ代表から中国共産党によるチベット弾圧の現状を聞く。私から、各国の孔子学院の機能について聞いたところ、桜井よし子氏から、オーストラリアのクライブ・ハミルトン教授の「サイレント・インベイジョン」という本が参考になるとのアドバイスを頂く。昼過ぎに衆議院本会議、午後衆議院総務委員会に出席。この間、新過疎法について野党幹部に根回し。
    写真:IT化と問題解決の関係を聞く 写真:新型コロナ変異モニタリングを学習
    写真:チベット弾圧の現状を聞く 
  • 2月18日
    早朝、明治神宮を歩く。新型コロナ禍で人心が乱れがちな世相でもしっかりと前を見据えて進むべきとの先帝の短歌が身に染みる。自民党本部環境部会で自然公園法、地球温暖化対策法の改正を議論。午前中の総務委員会が総務官僚の会食問題で開催されず、理事会で与野党が対立。午前中、ウィンタースポーツ&リゾート議員連盟で、スキー関係者の新型コロナ禍の苦境を聞き、議員連盟の決議をまとめる。昼前に「筋痛性脳脊髄炎の会」の篠原理事長とズームで意見交換。ウィルスに対する免疫暴走と脳脊髄炎との関係について国の研究費確保の要請を受ける。昼に河野太郎ワクチン担当大臣からワクチン準備の状況を聞く。午後、衆議院総務委員会で与党だけの質疑。文化庁から著作権法改正のレクを受けた後、自民党本部でtouch groupの原田静織代表取締役からこれからの観光トレンドを聞く。夕方、本田悦朗氏からポストコロナの経済政策を聞く。この日、小松ゆたか参議院長野選挙区補欠選挙候補予定者の参考資料を地元事務所がまとめる。
    写真:明治天皇の御製 写真:スキー関係者の苦境を聞く
    写真:筋痛性脳脊髄炎をズーム意見交換 写真:河野ワクチン大臣の話を聞く
    写真:本田悦朗氏の経済政策を聞く 写真:小松裕氏の広報資料
  • 2月17日
    早朝、明治神宮を歩く。自民党本部で、所有者不明土地の解消に向けた民事法制の見直しに関する議論を行う。管理不全土地・建物の管理制度も創設。積年の課題解決の円滑化に向けた制度が動き出す。午前中、新過疎法案に関する与野党実務者協議の場で各党の意見を収斂。ワーケーション推進議員連盟では、テレワークの推進方策を議論。議論連盟の副幹事長として、実施企業の数値目標、その公表、過疎地域でこそのワーケーションの実現、生産性向上効果の測定についてコメント。文科省から国立大学のガバナンス改革の法案説明を受けた後、子どもホスピスに関する施策の現状について厚労省からレクを受ける。総務省から放送法改正についてレクを受けた後、福島県内の過疎町村の首長の皆様と意見交換。環境省からは地球温暖化対策法案のレクを受け、私の指摘を受けての法案修正の報告を頂く。新型コロナ感染症の緩和療法の進捗のレクを受けた後、新過疎法案を政務調査会、総務会の役員に説明に廻る。夕方、自民党本部で、国際司法人材の育成について国際刑事裁判所ICC判事の赤根智子氏、元東京高検検事長の田内正宏前ノルウェー大使の話を聞く。日本はICCの最大の分担金拠出国でありながら人材派遣が極端に少ない現状。私からは司法試験合格者の一定割合を国際司法人材として育てる仕組みの必要性を指摘。内閣府防災から災害対策基本法改正の、農水省から畜舎法案のレクを受ける。その後、衆議院委員部から総務官僚の会食問題に絡み、明日の総務委員会の開催が危うくなっているとの情勢報告を受ける。
    写真:明治神宮を歩く 写真:所有者不明土地に係る民事法制改正案を議論
    写真:新過疎法の与野党実務者協議 写真:ワーケーション推進議連にて
    写真:福島県の過疎町村長の皆様と 写真:子どもホスピスを厚労省と議論
    写真:環境省から温暖化法案レクを受ける 
  • 2月16日
    早朝、明治神宮を歩く。自民党環境部会でプラスチック資源循環促進法案を議論。午前中、衆議院総務委員会に出席。昼前に、自民党総務会に出席。資料がタブレット端末に収納されるように変わる。昼過ぎに衆議院本会議に出席。午後、再び衆議院総務委員会に出席。夕方、法務省から民法改正についてレクを受けた後、チルドレンファーストの子ども行政の在り方勉強会で子どもの死亡事故を防ぐ活動を学ぶ。CDRの取り組みも聞く。更に、スキー関連事業所支援について関係省庁からレクを受ける。
    写真:明治神宮を歩く 写真:プラ資源循環法案を議論
    写真:デジタル化した自民党総務会に出席 写真:子どもの死亡事故防止策を学習
  • 2月15日
    午前中、外務省からRCEP協定のレクを受けた後、新過疎法案について与野党実務者協議。各党の意見を持ち寄り大詰めの協議。雨上がりの国会議事堂上空に虹が掛かる中、衆議院予算委員会に代理出席。午後、自民党総務部会、過疎特委合同会議で新過疎法案の了承を得た後、参議院長野選挙区補欠選挙出馬予定の小松ゆたか氏に菅自民党総裁から公認証が手渡され、立ち会う。
    写真:新過疎法案の与野党協議 写真:国会議事堂に虹が掛かる
    写真:衆議院予算委員会に出席 写真:小松氏に菅総裁が公認証交付
  • 2月14日
    午前中、松本市内の宗教団体の月例会での国政報告で参議院選挙協力のお願い。午後、大町市の支援者の葬儀に駆けつけた後、自民党長野市信州新町・大岡支部の役員会で参議院長野選挙区補欠選挙での小松ゆたか候補予定者支援の打ち合わせ。筑北村の猟友会の皆様で仕留めた2頭の鹿の解体作業を見学。最近では猪がめっきり減り、専ら鹿を追う機会が増えたとのこと。夕方、自民党麻績村支部役員会でも小松ゆたか氏支援の打ち合わせ。
    写真:長野市信州新町・大岡の皆様と 写真:筑北村の猟友会員と
  • 2月13日
    午前中、安曇野市内の合気道道場「自在館」の練習を見学。母と娘のアットホームな中にも緊張感のある道場。午後、不登校児童への支援の在り方について、この問題に取り組んでいる安曇野市在住の山本愛さんの話を伺う。問題意識のある女性の姿勢に共感。夕方、自民党朝日村支部の役員会で参議院長野選挙区補欠選挙の打ち合わせ。小松ゆたか候補予定者もリモート参加。
    写真:合気道道場「自在館」の練習を見学 写真:合気道道場の練習の模様
    写真:不登校の実情を聞く 写真:自民党朝日村支部役員会にて
  • 2月12日
    早朝、明治神宮を歩く。自民党本部で気候変動リスクに対応する投資の方向性について、TCFD等の標準を活用し有価証券報告書に記載する動きを、日生アセットマネジメント井口譲二統括部長、ブラックロック江良明嗣マネージングディレクターから聞く。衆議院総務委員会理事懇談会で週明けの委員会開催の打ち合わせを行った後、松本に戻り、松本事務所で長野県の観光産業に関わる団体からの切実な要望を聞く。地元支援者に小松ゆたか氏の応援のお願いに廻る。夕方、大町市内で参議院長野選挙区補欠選挙立候補予定者小松ゆたかさんの支援について後援者と打ち合わせ。
    写真:明治神宮を歩く 写真:機関投資家のESG投資行動を学習
    写真:長野県の観光事業の苦境を聞く 写真:大町市内の後援者と参議院選挙の打合せ
  • 2月11日
    建国記念の日の午前中、参議院長野選挙区補欠選挙に向け、小松ゆたか候補予定者の松本事務所開きが県内で先陣を切って行われる。昼過ぎに、お世話になった方のお葬式で弔辞を奉呈。午後、コロナ禍の神社運営への影響を宮司から承った後、小川村の支援組織の幹部と参議院長野選挙区補欠選挙立候補予定者の小松ゆたかさんの支援について打ち合わせ。夕方、元長野市長塚田佐氏宅を小松氏と共に訪問し、激励を受ける。
    写真:参議院選挙の松本事務所開き 写真:小松氏の必死のお願い
    写真:葬儀で弔辞を奉呈 写真:コロナ禍の神社運営を聞く
    写真:小川村で参議院選挙の打合わせ 写真:元長野市長塚田氏が小松氏を激励
  • 2月10日
    早朝、自民党本部で、RCEPの条約審査を審議。条約発行後の紛争処理の体制を早急に強化しないと中国の攻勢に負けるとの危機感が示される。内閣官房から、重要施設周辺、国境離島等における土地取引、利用規制に関する法案の説明を受ける。遅ればせながらの土地がらみの安全保障対策がようやく実現の運びに。山岳リゾートにおけるスマートシティのコンセプトについて合田周平先生、岡村久和亜細亜大学教授、平山禎久PS社長から提案を承った後、新過疎法各党実務者協議会に参加。与野党で新過疎法を練り上げる会合。昼に日本ウィグル国会議員連盟の総会に参加の後、スキー場、スキー学校関係者からコロナ禍で苦しむ現場の実態を伺い、支援策を検討する旨を約する。午後、国交省から航空法等の改正と、松本空港が悪天候でも容易に離発着、管制業務の効率化による裁量拡大により利便性が拡充されるとの説明を受けた後、環境省から自然公園法改正案、プラスティックリサイクル法案のレクを受ける。夕方、地元に戻る。
    写真:RCEPの条約審査 写真:重要施設周辺の土地取引規制法案の説明を聞く
    写真:山岳地域のSC実現の提案を聞く 写真:新過疎法各党実務者協議会にて
    写真:スキー関係者からコロナ禍の苦悩を聞く 写真:松本空港の利便性拡充プラン
  • 2月9日
    早朝、明治神宮を歩く。対中政策に関する国会議員連盟の場で、日本ウイグル協会から中国のウイグル人に対する弾圧の現状を聞く。BBCニュースによる収容所でのおぞましい「犯罪行為」に身の毛がよだつ。外務省、国会図書館からも現在の我が国、国際社会の対応を聞く。当事者たる中国が国連安保理常任理事国としてこの問題究明を妨害し国連が機能不全に陥っていることにも議論が及ぶ。午前中、内閣府から分権一括法案の、総務省からプロバイダー制限責任法改正案のレクを受ける。昼に衆議院総務委員会で大臣所信を聞く。午後は衆議院本会議で所得税法等の改正案の質疑。午後は、文科省から地元案件のレクを受けた後、法務部会で法務省から入管法改正案について説明を聞く。私からは、不法滞在者の子どもの在留資格、パスポートが更新されず不法滞在となるウイグル人留学生の処遇について質問。日本ウイグル協会にも実態を聞いて行くとの法務省の意向を確認。夕方、ニュージーランドの妊産婦ケアシステムLMCを学習。助産婦が出産前後に母親に伴走することで大きな効果。ところで、自民党有志で「Children firstの子ども行政のあり方勉強会」を開催中。この会の呼びかけ人として、国民の皆様が感じている「子ども・子育て行政」に関する要望や必要だと思うことの内容を知りたいとの趣旨からSNSでアンケート募集をPR。
    写真:明治神宮を歩く 写真:ウイグル人の受難の現状を聞く
    写真:NZの妊産婦ケアシステムを学習 
  • 2月8日
    早朝、松本駅前で街頭演説。その足で上京し、自民党本部で新型コロナウイルス感染症対策本部・社会保障制度調査会・新型コロナウイルスに関するワクチン対策PT合同会議に出席。ワクチン接種体制の構築へ向けた提言について議論。午後、休眠預金活用推進議員連盟で、海老原休眠預金等活用担当室長、JANPIAから資金管理団体、実行団体の活動状況を聞く。私からは、地元の子どもホスピス設立運動の活動に在京資金管理団体が取材に来ていた事例を紹介しつつ、休眠預金活用に関する自治体の窓口の機能充実を指摘。午後、衆議院総務委員会理事懇談会に出席するも、予算委員会中断の余波で理事懇談会の開催が夕方まで伸びる。予算委員会における立憲民主党の質問に対する総務省局長の答弁が不十分との理由で野党が質問拒否。コロナ下の緊迫感ある国会質疑とは無縁の現状に唖然。
    写真:松本駅前で街頭演説 写真:ワクチン対応の党内議論
    写真:休眠預金活用を議論 
  • 2月7日
    午前中、松本市内で自民党市町村支部長による参議院選挙対策会議。小松ゆたか候補予定者の決意を聞く。苦しい選挙を克服するために皆で頑張り抜くことを申し合わせる。午後、田淵行男記念館で開催の「たけうちかずとし」さんの昆虫写真展「五分の魂」を観賞。安曇野市内の湧水の水位が下がり記念館の前庭の水が干上がっていたのが気掛かり。曽根原館長も懸念。夕方から、国会での質疑に向けて質問づくり。
    写真:松本市内で自民党支部会議 写真:小松ゆたか氏の決意を聞く
    写真:参議院選向けのポスター 写真:昆虫写真展を鑑賞
    写真:安曇野市内の湧水水位が下がる 
  • 2月6日
    午前中、長野市内で、私の選挙区に属する長野市内の旧町村、上水内郡内の町村の自民党支部役員の皆様と参議院長野選挙区補欠選挙について打ち合わせ。小松ゆたか候補予定者も参加。午後、安曇野市内で信州こどもホスピス実現オンラインシンポジウムに参加。社団法人「笑顔の花」の茅房栄美代表、「信州こどもホスピス」の白鳥信博氏、「横浜こどもホスピス」の田川尚登氏、長野県立こども病院血液腫瘍科部長の坂下一夫氏とともに、小児がん治療と緩和ケアに関わる中で遭遇している課題と打開策について議論を深める。英国、ドイツでは一般的なこどもホスピスの機能をどのように我が国、安曇野市に導入するかを議論。地元県議の寺沢功希氏も議論に加わる。国会議員の仲間ともこの論点を深めて参りたい。夕方、安曇野市豊科郷土博物館で白鳥写真展を見る。
    写真:長野市内で参議院補選を打合せ 写真:信州こどもホスピス実現シンポに参加
    写真:信州こどもホスピス実現シンポ 写真:安曇野市豊科郷土博物館にて
    写真:豊科郷土博物館の白鳥写真 
  • 2月5日
    午前中、自民党本部で元財務官の玉木林太郎氏からサステイナブル・ファイナンスの緒課題について聞く。地球温暖化対策は社会・経済システムの大変換に繋がるテーマであり、財政金融を通じての政策が不可欠との認識が示される。海上保安庁から海上交通法改正案の、文科省から地元案件の、内閣府地方創生推進事務局から国際戦略特区法案のレクを受ける。昼前に自民党総務会で国会提出法案を了承する。午後、新型コロナの経済支援策について政府の説明を聞いた後、神戸新聞から茅葺文化伝承議員連盟についての取材を受ける。地方6団体の皆様と新過疎法の姿について意見交換の後、法務省から少年法改正案のレクを受ける。夕方、自民党中央政治大学院のネット講座修了式に参加。
    写真:サステイナブルファイナンスを学習 写真:新型コロナの経済支援策を議論
    写真:新過疎法について地方6団体と議論 写真:中央政治大学院ネット講座修了式にて
  • 2月4日
    午前中、自民党本部でアフリカのコロナ感染の状況と日本の支援状況を学習。外務省米谷アフリカ部長、植野国際協力局長、萱島JICA理事、サラヤ(衛生事業)、富士フィルム(ポータブルX線)がプレゼン。更に教師の人材確保についても議論。農水省から鳥獣被害関連法改正について、厚労省から柔道整復診療の保険請求について、内閣府からは災害対策基本法改正についてレクを受ける。昼に政策集団の例会で、麻生太郎会長から松本純衆議院議員の離党について、「不謹慎極まる行動」と指摘しやむを得ない離党処分との認識が示される。午後、社会的養護経験者ケアリーバー支援の在り方について松本伊智朗北大教授からヒアリングの後、環境部会、経済産業部会でプラスチックに係る資源循環の促進等に関する法律案について議論。夕方、外国人のコロナ問題について三重県、鈴鹿市から話を聞く。三重県の陽性患者の17%が、鈴鹿市の小口資金申請者の6割が外国人であるとの衝撃の事実。厚労省はそれを非公表の取り扱い。その後、台湾情勢、中国海警船等の動き等に関する状況を聞く。
    写真:アフリカのコロナ感染を学習 写真:麻生財務大臣の話を聞く
    写真:プラスチック資源循環法案を議論 写真:中国拡張主義の現状を学習
  • 2月3日
    早朝、明治神宮を歩く。午前中、自民党過疎対策特別委員会役員会、新過疎法予野党実務者協議会に過疎特委事務局長として出席し、新過疎法案について説明を行う。今国会に提出し年度内の成立を目指す。昼に再エネ普及拡大議連に出席し、卸電力取引価格の高騰に関し事業者、法律家のヒアリングを行う。夕方、知人と女性活躍の環境整備について懇談。昨日、自民党本部のホームページで、補正予算成立を受けての分かりやすい新型コロナ対策の最新版がアップされる。
    写真:明治神宮のモグラ塚 写真:卸電力取引価格の高騰を議論
  • 2月2日
    午前中、環境省鳥居自然環境局長から自然公園法改正と山小屋の位置付けについて議論。今国会に提出予定の法改正において、山小屋の公的位置付けを明示すべきとの当方の意見を申し上げる。NHKからテレビラジオチャネル縮減の議論の経緯を聞いた後、自民党総務会に出席。午後、保守系議員の会で、中国海警法施行に対する緊急申し入れを議論。林野庁から間伐特措法の改正についてレクを受けた後、法務省から、18歳、19歳の者に係る少年法の適用に関する改正案について説明を受ける。夕方、子ども家庭庁の創設に向けての勉強会をスタート。泉明石市長の取り組みを聞く。明石市のこども局設置により子供支援政策が進んだとの話に納得。その後、総務省と新過疎法案を打ち合わせる。
    写真:環境省と自然公園法改正を議論 写真:自民党総務会に出席
    写真:少年法改正を議論 写真:子ども家庭庁設置の勉強会にて
  • 2月1日
    早朝、明治神宮を歩く。議員会館で、文科省八田特別支援教育課長から地元の特別支援学校の実態を踏まえ、同校の設置基準策定についての考え方を聞く。環境省から地球温暖化対策振興法について、山の日協議会梶理事長、手塚事務局長から山岳振興方策の今後について伺う。午後、自民党ワクチン対策PTでワクチン接種に向けた準備状況を聞く。私からはワクチン接種のシステム設計をNHKを通じて分かりやすく国民むけに説明すべきこと、陽性者を過剰に出現させるPCR検査の在り方(設定CT値が45サイクルはWHO基準を過剰に上回る過敏な基準ではないか)、症状を和らげる補完代替医療としてワサビの活用が有効だとのエビデンスが出始めており、鈴木信孝博士の論文もあり、こうした方面の対応も考えるべきことを指摘。共同通信から議員立法の考え方について取材を受ける。夕方、衆議院本会議で、新型インフルエンザ等特措法改正案を可決。
    写真:明治神宮を歩く 写真:文科省と特別支援学校の在り方を議論
    写真:自民党本部でワクチン接種を議論 

  • 1月31日
    午前中、新型コロナ感染症蔓延に翻弄される白馬村の皆様の声を聞く。午後、節分を控え、厄除祈願で「賑わう」明治神宮に参拝。夕方、河野太郎ワクチン担当大臣に新型コロナウィルスに翻弄される地元の声、事業者の声を伝える。自民党本部で、そうした声を受け付ける窓口機能を設置すべきとの要請も行う。現在、政府のコロナ対応に支障が生じないように国会議員が直接政府に問い合わせることは控えるようにとの通達があり、別ルートの対応を要請。
    写真:節分で賑わう明治神宮 写真:河野大臣にコロナ禍の地元の声を伝える
  • 1月30日
    午前中、松本事務所で来たるべき参議院長野選挙区補欠選挙対策を話し合う。午後、新型コロナウィルスの影響を受けた飲食店等の声を聞く。昼だけの営業の飲食店も宴会が皆無になり、夜の営業も行っている店とバランスの取れは支援措置を要請される。臥雲市長に伝えることを約束する。夕方の安曇野市の人通りは途絶える。この日、自宅の玄関に北アルプスのパノラマ写真を設置。
    写真:人通りの途絶えた安曇野市 写真:自宅の玄関の北アルプスの写真
  • 1月29日
    早朝、自民党本部で人形町今半、サントリー、トーホー、ジョイフルといった外食産業、地銀協会、信金協会からコロナ禍の影響を聞く。文部科学部会では、文化財保護法改正案を了承。議員連盟の会合で、児童相談所における一時保護、子ども家庭福祉に関する専門的資格について厚労省の検討状況を議論。私からは、有資格者の処遇向上、採用を自治体共通化して人事キャリアパスの設定の必要性を指摘。昼前に、自民党総務会に出席の後、新過疎法案について与野党代表者の打ち合わせ会合に参加。午後、環境省からプラスチック資源循環に関する法案の、法務省から入管法改正のレクを受けた後、竹下亘代議士と小松裕氏の長野県参議院補欠選挙出馬の打ち合わせ。信濃毎日新聞からコロナ特措法の与野党合意について取材を受ける。夕方、自民党本部で、遠藤誉先生から中国共産党の壮大な世界戦略とそれに無邪気に手を差しのべて来た日本の過去の歴史(日中戦争時の日本軍と中国共産党の深い関係、天安門事件で孤立した中国に経済制裁解除、天皇訪中で危機を救った等)と現在の姿を学習。強国になった中国に絶対的に欠けている国際的信用を、習近平国賓招待、天皇陛下との握手、その後の天皇訪中で回復させることは、日本が「人類の災禍」を招くことになるとの指摘を頂く。「日本政府よ、しっかりしろ」と檄が飛ぶ。
    写真:外食産業からコロナ影響を聞く 写真:子ども家庭福祉専門資格を議論
    写真:自民党総務会にて 写真:遠藤誉先生のあるべき中国政策を聞く
  • 1月28日
    早朝、自民党本部で日本総研安達英一郎理事から、サステイナブルファイナンスに関する国際動向を聞く。欧州、中国が先行。金融面からのESGアプローチは効果覿面。引き続き月例経済報告で、消費、雇用、設備投資、輸出・生産、VRESASから見る各種指標を聞く。特別支援学校の設置基準を考えるズーム会合に参加し、私の地元の特別支援学校にも入学する児童が増えており、適切な学習環境を創出できる基準の設定、財政措置が必要であり、それにより設置者の自治体が動くことにつながる、と発言。日中友好議員連盟で横井前中国大使から最新の中国事情を聴いた後、政策集団の例会で、小松ゆたか氏の参議院長野選挙区補欠選挙出馬への協力依頼を井出代議士と共に行う。昼過ぎに新任の日銀松本支店長大川真一郎氏が赴任の挨拶にお越しになる。午後、自民党本部でフランチャイズガイドライン改正案、デジタルプラットフォームに関する諸外国の動向を聞く。国交省から補正予算関連公共事業の、総務省からNHK予算の、文化庁から文化財保護法改正の、厚労省から育児介護休業法改正のレクを受ける。山本幸三代議士の会館で連合の相原事務局長と賃上げ、最低賃金の在り方について意見交換の後、自民党本部で、ワクチン接種成功に向けての党としての意見集約の議論に参加。夕方、河野太郎ワクチン担当大臣に小松裕氏の支援要請を行い、快諾を頂く。
    写真:安達英一郎氏からSFの現状を聴く 写真:特別支援学校支援のズーム会合に参加
    写真:新任の日銀松本支店長が赴任挨拶 
  • 1月27日
    早朝、自民党環境部会で地球温暖化対策促進法、自然公園法等の一部改正法を議論。小泉環境大臣に対して、温対法では自治体温暖化対策実行計画の作成策定義務化、自然公園法では上高地ビジョンの先行事例を自然体験活動促進計画、利用拠点整備改善計画として法定し許認可不要に結びつける制度を評価しつつ、法律上も山小屋の公的位置付けを確認すべきと申し上げる。厚労省から医療法等の快晴についてレクを受けた後、昼に国会議員同士の会合に参加。自民党文科部会で無形文化財、無形民俗文化財の登録制度新設、地方登録制度の新設に関する文化財保護法の改正について議論。各自治体単位で条例により地域の文化財を積極的に掘り起こすインセンティブになりうる法改正。経済産業部会で産業競争力強化法の改正について議論の後、外食産業(ロイヤルホールディングス、すかいらーくホールディングス)からコロナ禍の影響を聞く。大手外食産業も生き残りに必死。夕方、信濃毎日新聞から、新型コロナ特措法改正の内容について取材を受ける。この日、新型コロナワクチン に関する情報を正確に分かりやすく国民にお伝えする特設サイトとTwitterアカウントが開設がアナウンスされる。皆様にも以下のサイトのフォローをお願いしたい。
    新型コロナワクチン特設サイト
    Twitterアカウント「首相官邸(新型コロナワクチン情報)」
    写真:環境部会で小泉大臣と 写真:文化財保護法の改正を議論
    写真:外食産業のコロナ禍の影響を聞く 
  • 1月26日
    早朝、明治神宮を歩く。自民党外交部会で、特に中国の新疆ウイグル自治区での人権抑圧、海警法の改正について議論。今後の我が国の対応が問われる中、私からは、この課題に対処するPTを立ち上げるべきと指摘、中谷元代議士も賛同。マスコミの報道、経済団体、日中友好協会を含めた緒団体のスタンスについても政府に調査要請。昼前に自民党総務会で国会提出法案等を了承。昼過ぎ、国交省井上水管理・国土保全局長から流域治水関連法案の論点についてレクを受けた後、自民党本部でワクチン対策PTが開催。「史上最大の作戦」に向けた政府の対応をしっかりと聞く。夕方、衆議院総務委員会で補正交付税法案を議決の後、夜、本会議で補正予算案、補整交付税法等を可決。
    写真:明治神宮を歩く 写真:外交部会で中国の人権問題を学習
    写真:国交省局長から法案レクを受ける 写真:ワクチン対策PTにて
  • 1月25日
    午前中、林野庁から長野県内のバイオマス発電の苦悩に関する制度上の課題を聞く。昼に今国会に提出される流域治水関連法案を議員連盟でも議論。私からは、法律改正の趣旨が解るように法律改正の冠として「流域治水を更に拡充するため」との文言を加えるべし、と指摘。午後、環境省、国交省、法務省、農水省から通常国会提出法案等についてレクを受ける。夕方、衆議院予算委員会終了直後、総務委員会で補正交付税法案等を質疑。
    写真:流域治水関連法案を議連で議論 
  • 1月24日
    一日、参議院長野選挙区補欠選挙に立候補予定の小松裕氏の選挙体制構築について打ち合わせ。地元関係者、自民党関係者に自民党長野県連の推薦決定を伝え、支援要請を行う。今回の補欠選挙の位置づけは、現職が新型コロナ感染で亡くなったこともあり、コロナ禍に国政の場でどの候補が最も適切に対応できるかとの観点で行なわれるべき選挙であることを強調。長野県の有権者にこのことをしっかりと伝えて参りたい。
  • 1月23日
    午前中、長野市で開催された自民党長野県連の選挙対策委員会で、参議院長野県選挙区補欠選挙候補者として、小松ゆたかさんを推薦することを満場一致で決定。コロナ対策に医師として知見を有する最適候補者という評価。幅広く保守層無党派に訴えかける決意。この日地元紙で、生坂村が県内初の人口急激地域に若者を誘い定着してもらう受け皿としての事業協同組合設立に着手との記事。議員立法を手掛けたものとして、嬉しく思う。藤澤生坂村長に感謝。
    写真:参議院補選候補の小松裕さんと 写真:小松裕さんが適任と推薦
    写真:生坂村の若手移住者受皿整備取組 
  • 1月22日
    早朝、自民党本部で、今日で4回目のデジタル関連法案審議。預貯金口座情報とマイナンバーの紐付けに関連する二法案について議論。公的給付の迅速化、災害時、相続時の利便性向上のために必要な法案。私からは、次の個人給付の際に活用されるように手続きを急ぐこと、紐付け口座とそうでない口座の調査、預金額把握を恐れ預金の海外流出を防ぐ対策もあわせて検討すべしと指摘。引き続き自民党本部で、NHK予算案について前田晃伸会長から説明を聞く。私からは、一極集中是正の観点からNHK本局の地方移転検討、受信料の1割が徴収経費ということは異常で改革スケジュールを明示すべしと発言。昼前に衆議院総務委員会理事会が開催され、来週からの委員会法案審議のスケジュールを調整。午後、経済産業部会、環境部会の合同会議で、国会提出法案における両省の関係を議論。
    写真:口座情報とマイナンバー紐付けを議論 写真:NHK予算案を聞く
  • 1月21日
    早朝、自民党本部で、デジタル社会形成のために必要な個人情報保護、行政手続き効率化、マイナンバーカード利便性向上、押印見直し等の法律改正の内容について議論。私からは、この改正でどのように国民生活が便利になるのか、エストニア等と比べてどのレベルの電子化になるのか、効率化を定量的に算定すべきこと、を指摘。午前から午後にかけ、国交省、内閣府、総務省、環境省、厚労省から通常国会提出法案等についてレクを受ける。自民党総務会メンバーには各省の動きが自動的に入ることを実感。午後、衆議院本会議の模様を議員会館で聞く。この間、共同通信社が選挙用写真を撮影。夕方、事務所スタッフ会議。
    写真:デジタル改革法案を議論 
  • 1月20日
    早朝、明治神宮を歩く。自民党本部で、地方公共団体情報システムの標準化に関する法律案について議論。長年の標準化の懸案がようやく法律で規定されることに。新過疎法について野党政策担当者にレクを行った後、農水省関連の白書の構成案について議論。私からは、農業、林業における再生可能エネルギーの利活用についても項目に入れることを要請。昼に、議員同士の情報交換の会に出席の後、衆議院本会議で総理の施政方針演説についての代表質問の質疑を聞く。夕方、自民党過疎対策特別委員会役員会で新過疎法について詰めの打ち合わせ。
    写真:明治神宮を歩く 写真:自治体情報システム標準化法案を議論
    写真:農水省関連の白書の構成案を議論 写真:過疎特委役員会で新過疎法を議論
  • 1月19日
    早朝、自民党本部で新型コロナ収束に向けてのロードマップについて議論。私からはオリンピックを見据え集団免疫の形成レベルの目処、ワクチン接種の円滑化に向けた自治体の役割明記、体制整備の必要性を指摘。議員会館で、日弁連の大川秀史弁護士から、入管法の強制送還の対象となっている外国人の子ども達の在留資格について現状と打開策の相談を受ける。昼前に、自民党本部で総務会で新型コロナ特措法改正を了承の後、野党の政策担当者に新過疎法についてレク。午後、児童養護議員連盟で子ども家庭福祉士(仮称)の国家資格化について議論の後、自民党雇用問題調査会役員会で雇調金の今後について議論。夕方、デジタル社会形成基本法案、デジタル庁設置法案の内容を聞く。私からは、デジタル政策が地方の生活により都会の利便性に遜色ない状態を実現し国土の均衡ある発展に資するものであることを法文に明記することを要請。今国会は、新型コロナ、デジタル化、グリーン化が大課題であることを認識。
    写真:新型コロナ収束の工程案を議論 写真:日弁連から在留資格の課題を聞く
    写真:家庭福祉士(仮称)の国家資格化を議論 写真:デジタル社会形成基本法案等の議論
  • 1月18日
    第204国会開会の日の朝、自民党本部で新型コロナ関連の特措法、感染症法の改正案について議論。私からは、罰則については正当な理由なく要請に応じない場合の罰則であることの説明をしっかりとすること、事業者への支援措置の義務化は評価、総合調整は入院だけでなく転院も例示すべきこと、特措法と感染症法の統合の検討、水際作戦の強化の必要性について指摘。昼前には緊急事態宣言に伴う経済的影響への対応についての政府の対応について聞く。昼に、第204回国会開会式に臨み初登庁。今国会は、新型コロナ対応国会。午後、議員会館で総理の施政方針演説を聞く。この間、文化庁から著作権法、文化財保護法の、総務省から地方財政関連法案の、道州制推進本部から道州制特区法の運用変更の、文科省から35人学級実現法案の、総務省からデジタル改革関連法案の、防衛省から設置法関連、アクサ改定の、経産省から産業競争力強化法改正の、NHKからNHK改革案のレクを自民党総務会委員として受ける。夕方、新旧気象庁長官の挨拶を受ける。
    写真:新型コロナ特措法等の改正を議論 写真:宣言に伴う経済的影響対応を議論
    写真:通常国会初登庁 
  • 1月17日
    午前中、小谷村で新過疎法についての勉強会。昼前には白馬村塩島地区の皆様から地区の課題を聞く。午後、白馬乗鞍、岩岳、八方尾根、白馬47、白馬五竜、鹿島槍スキー場の各スキー場を巡り、コロナ禍の影響をつぶさに見聞。素晴らしい雪に恵まれたトップシーズンなだけに関係者は悲痛な思いが伝わる。明日からの通常国会に備えて夕方上京。
    写真:新過疎法の小谷村での勉強会 写真:小谷村勉強会参加の皆様と
    写真:白馬村塩島地区の皆様と意見交換 写真:塩島地区意見交換会参加の皆様と
    写真:小谷村の雪景色 写真:閑散としたスキー場
  • 1月16日
    午前中、総選挙を控え、NHK記者による取材と写真撮影に応じる。昼前に、コロナ平癒の思いを込めて朝日村の古川寺の厄除け祈願を受ける。安曇野市穂高有明のギャラリー・レクランで開催のオムニバス写真展を訪問。知人の増村多賀司氏の山岳写真も拝見。コロナ禍の地元での活動のころあいは難しい。
    写真:NHK記者が取材 写真:写真撮影
    写真:古川寺で厄除け祈願 写真:安曇野市の山岳写真展に伺う
  • 1月15日
    早朝、明治神宮を歩く。自民党本部でデジタル関連法案の概要について政府の説明を受ける。通常国会にデジタル新法6本、関連法案を含め13本の法案を提出予定。実際にデジタル化の住民対応を行うことになる自治体の動きが肝。昼前に今年初めての自民党総務会に出席。昼に衆議院法制局、総務省と新過疎法案の通常国会提出に向けての打ち合わせ、内閣府、警察庁と交通安全対策基本計画改定の内容についての打ち合わせ。本日、地元紙に令和3年の自分自身の仕事の方向性インタビューが掲載される。
    写真:明治神宮を歩く 写真:デジタル関連法案の概要を聞く
    写真:自民党総務会に出席 写真:地元紙のインタビュー記事
  • 1月14日
    午前中、バイオマス発電事業所を運営する松本市内の征矢野建材を訪問し、櫻井秀彌代表から長野県のバイオマス発電に関する課題を聞く。日本有数の森林県であり、林務部という県組織がありながら、川上から川下に至る森林資源の利用に関しては非常に遅れている現状を切々と聞く。一日、松本市内の事業所を訪問し、コロナ禍の下での事業運営の課題、政府与党への注文を伺う。その間、JA長野県中央会の皆様とのリモート会合に松本事務所から参加。後藤代議士、宮下代議士から当面の農政の課題についてコメントがあり、私からはそれを補足する観点から、JAグループとしてのカーボンニュートラル対応、その一環としての農地から生じるバイオマス資源の利活用、都会からの移住者を農業に誘う制度化されたばかりの事業協同組合の活用、子ども達の農業体験の充実についてコメント。
    写真:大糸線から眺望するアルプスの景色 写真:JA長野県中央会とのリモート会合
  • 1月13日
    午前中、松本事務所で執務。午後、東筑摩郡内の支援者宅を訪問。好天の下、気高い北アルプスを臨む。
    写真:麻績村の支援事業所を訪問 写真:安曇野から臨む北アルプス
  • 1月12日
    早朝、松本駅前で街頭演説。午前中、知人宅を弔問。その足で上京し、新型コロナ特措法、感染症法の改正の考え方についての党内議論に参加。私は、国民の皆様により厳しい対応を要請する以上は、それによる影響を緩和する支援措置についてハッキリと規定すべきこと、更に、対策を講じる権限ある司令塔機能をしっかりと確立すべきと発言。コロナ禍にあっても18日からの通常国に向けての事前の意思調整は続く。
    写真:松本駅前で街頭演説 写真:新型コロナ特措法の改正議論
  • 1月11日
    午前中、安曇野市新田、成相の福俵奉納に参加の後、松本市梓川の真光寺の初庚申祭事で鐘を突く。午後、爺ヶ岳、鹿島槍、乗鞍岳を遠望しながら松本市内の支援者を訪問。
    写真:安曇野市新田の福俵奉納に参加 写真:安曇野市成相の福俵奉納に参加
    写真:真光寺の初庚申祭事で鐘を突く 写真:真光寺の初庚申祭事にて
    写真:爺ヶ岳、鹿島槍を遠望 
  • 1月10日
    午前中、地元の地区訪問の途中、新田地区の神社境内でのお焚上げに従事の皆様に挨拶。コロナ禍で中止の「三九郎」の代替の由。午後は松本市の郊外を訪問。法輪寺の厄除祭事で厄除けのお祓いを受ける。
    写真:地元の神社のお焚上げ 
  • 1月9日
    早朝、安曇野市から名古屋市に向かい、労働組合主催の最低賃金の勉強会で自民党最低賃金一元化推進議員連盟事務局長として講師を務める。夕方、地元にとんぼ返り。
    写真:最低賃金一元化の講師を務める 写真:最低賃金一元化の講師を務める
    写真:勉強会主催者とグータッチ 写真:勉強会の通知
  • 1月8日
    早朝、松本駅前、大手一丁目交差点で街頭演説。午前中、松本市内の支援事業所を訪問。昼前に国交省大町ダム管理事務所長から、高瀬川の流量確保を含めた大町ダムの多角的運用について説明を受ける。午後も松本市内の支援者を訪問の途中、松本市四賀地区の古民家を訪問。江戸時代に松本藩の江戸屋敷に米を送っていた拠点の家の歴史的価値を現代に生かしたい。
    写真:松本市内で街頭演説 写真:大町ダムの多角的運用を聞く
    写真:松本市四賀地区の古民家を訪問 
  • 1月7日
    午前中、安曇野市内の事業所を訪問。その途中、安曇野市商工会も訪問し、高橋商工会長からコロナ禍の影響を聞く。午後、長野市信州新町の支援事業所を訪問の後、同町で信州新町地区と大岡地区の自民党支部設立に向けての打ち合わせ。夕方、安曇野市豊科で散髪。
    写真:安曇野市商工会長がコロナ禍の影響を語る 写真:信州新町で自民党支部設立打合せ
  • 1月6日
    早朝、松本駅前、深志二丁目交差点、白板交差点で街頭演説。松本市内の支援事業所に挨拶回りの後、昼前、長野県護国神社の月次始祭に参加。午後、朝日村の支援者を訪問。夕方、松本事務所で自民党役員と参議院選挙対応について打ち合わせ。
    写真:松本駅前で街頭演説 写真:深志二丁目交差点で街頭演説
    写真:白板交差点で街頭演説 写真:長野県護国神社月次始祭にて
  • 1月5日
    早朝、松本市公設市場の初競りに駆け付け、市場食堂で朝食。地元紙に掲載の自身の記事を読む。午前中、地元税理士会と意見交換。昼から午後にかけ支援事業所を訪問。
    写真:市場の初競りにて 写真:市場の食堂で朝食
    写真:地元税理士の皆様と 写真:地元紙に衆議院選挙関連記事が掲載
  • 1月4日
    早朝、マイナス4度の松本駅前、深志二丁目交差点で街頭演説。午前中、安曇野市の知人宅を弔問の後、地元の支援者に新年の挨拶回り。その途中、地元の企業を訪問し、「トレファクション」への取組を伺う。再エネの切り札の技術と認識。午後は山形村の支援者宅を訪問。
    写真:松本駅前で街頭演説 写真:深志二丁目交差点で街頭演説
  • 1月3日
    早朝、安曇野市豊科成相の正月の風物詩「御柱」がコロナ禍の中、規模を縮小して催行され、私も巾着の飾り付けをお手伝い。昼に安曇野市の氏神様の新年祈願祭、消防団の安全祈願に駆け付ける。午後、松本駅前、白板交差点で街頭演説。夕方、安曇野市内の温泉施設で温まる。この日、元内閣法制局参事官、元帝京大学法学部教授の八木欣之介先生から、私がメルマガに記した「日常生活を規律する憲法の実相」という小論に関し、ご自身の論文「議員定数不均衡問題について」(帝京法学第27巻第2号)を添えて、「我が意を得たり」とのお手紙を頂き感銘。
    写真:地元の正月の風物詩「御柱」 写真:巾着の飾り付けを手伝い
    写真:安曇野市の氏神様の新年祈願祭 写真:地元消防団の安全祈願を激励
    写真:松本市内で今年初の街頭演説 
  • 1月2日
    早朝、早起き会松本会場に伺う。会員参加受付はタブレット端末にQRコードを翳すというIoT改革が実装。これもコロナ変化か。昼間、ゆっくりと松本市内、安曇野市内、北安曇郡内の神社に初詣参拝。一方で、本来あるべき新年会が皆無の寂しさ。夕方、安曇野市豊科の福俵保存会山本市平会長製作の稲藁で作った縁起物の「鈴」を頂く。
    写真:松本市内の早起き会場にて 写真:松本市内の大宮熱田神社にて
    写真:穂高神社にて 写真:穂高神社でペット連れ参拝者と
    写真:福俵保存会山本会長製作の「鈴」 
  • 1月1日
    令和3年の開始の日、地元安曇野市豊科の八坂神社に家族で二年詣り。早朝、安曇野市豊科の元朝式に参加。コロナ禍は文明の在り方への警鐘、との上廣実践倫理宏正会会長のメッセージを拝聴。昼前から安曇野市、松本市内の神社に初詣。笹部町会の恒例の合同参拝にも参加。例年の各地の新年会は一切行われず、コロナ禍の甚大な影響を実感。夕方は、新聞各紙をじっくりと読む。地元紙には本年実施の衆議院議員選挙の記事が載る。
    写真:安曇野市の神社の二年詣り  写真:安曇野市の元朝式にて
    写真:深志神社に初詣 写真:笹部町会恒例の合同参拝にて

活動報告 令和2(2020)年

  • 12月31日
    大晦日の午前中、正月を迎える準備の手伝い。午後は、知人と年明けからの政治日程を共有。夕方から結婚一周年のお祝いを兼ねてのお年とりに入る。SNSで以下の新年挨拶を発信。深夜は地元の八坂神社に初詣。
    写真:結婚一周年の祝いを兼ねてお年取り 

    「5度目の衆議院選挙の年の新年を迎えて 〜足元を固める〜」

     令和三年の新年を迎え、皆様にはますます御健勝のこととお慶び申し上げます。昨年中は、皆様に大変お世話になりました。ご支援ご協力に心より感謝申し上げます。令和2年は新型コロナの影響が長野県も例外なく全国に幅広く及び、数多くの皆様はそれぞれのお立場で大変なご苦労をなされたと推察しお見舞い申し上げます。こうした中、年末に羽田雄一郎参議院議員の新型コロナウィルス感染症によるまさかの訃報に接し、身近なところに新型コロナの魔手が迫っていることを改めて実感しました。山の日を国民の祝日に設定する議員立法にご協力頂き、全国山の日協議会でともに役員を務めさせて頂くなどお世話になりました。皆様と共に心から羽田先生のご冥福をお祈り申し上げたいと思います。

     私としては、コロナ禍の影響を緩和すべく、累次にわたる補正予算対応など地元の皆様から伺った御要請に少しでも応対すべく働かせて頂きました。政府による累次の新型コロナ対策は膨大な規模の予算として歴史に記録されることとなりますが、深刻なデフレ下の財政政策として、財政規律の観点はこの際暫くの間封印することもやむを得ないと考えています。

     通常国会、臨時国会中には、衆議院において総務委員会、環境委員会、憲法審査会に所属しました。憲法審査会での発言を含め、委員会では地元の有権者の皆様の声も踏まえ私自身の問題意識に関し積極的に質問を行いました。今後、憲法審査会がしっかりと機能することで、国会の場において憲法改正議論が活発になることを望んでおります。私自身も地元での憲法議論の場をできるだけ多く設定して参る所存であります。所属する党の部会や委員会、議員連盟でも多くの研鑽を摘み、意見集約の作業に携わらせて頂き、例えば令和2年度で期限切れを迎える現行過疎法の後継の新過疎法案のとりまとめ、最低賃金全国一元化に向けての提言、「森のようちえん」支援に向けた提言、木質バイオマス発電熱利用促進の提言、防災体制充実の提言、東京一極集中是正策の提言などの作成に時間を割かせて頂き、私にとって記憶に残る議論の積上げができました。

     菅新政権が、2050年カーボンニュートラル宣言を行ったことは私にとっても画期的であり、今後の我が国の国の在り方を大きく変える方向転換のきっかけになると考えています。私もこの宣言実現に向けて、政治信念に基づく活動を行ってまいります。その一方で、自らの選挙区内の足下を固めるべく、昨年は山形村、長野市中条、長野市豊野町で新たに自民党支部を設立することができました。選挙区内の全ての自治体で自民党支部の設立の悲願が達成できた上に、長野市内の旧町村単位の支部の設立も完成形に近づいています。

     本年は、私にとっては5度目の衆議院選挙の年となります。地元のご要望にしっかりと答えを出せる、地に足のついた仕事を積み重ねる年としたいと心を決めております。皆様のご支援もくれぐれを心からお願い申し上げます。本年もよろしくご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、皆様におかれましてはコロナ過をご健勝にてお過ごしになられますよう心よりお祈り申し上げます。

    令和3年1月1日  衆議院議員 務台俊介
  • 12月30日
    午前中、松本市内の支援者宅で恒例の餅つき。午後、妻と共に年末年始の買い物の後、安曇野市の自宅の大掃除。
    写真:支援者宅で恒例の餅つき 写真:支援者宅で恒例の餅つき
  • 12月29日
    午前中、上田市内の羽田雄一郎事務所に弔問の後、生島足島神社に参拝。長野県護国神社では奉納絵馬を観賞し、奥谷宮司に年末のご挨拶。昼に松本市内の老舗レストランで長男とその許婚者と我が夫婦の昼食会。午後、参議院補欠選挙に向けての考え方を関係者と打合せ。
    写真:上田市内の羽田事務所に弔問 写真:生島足島神社に参拝
    写真:護国神社で奉納絵馬を観賞 
  • 12月28日
    日早朝、松本駅前、白板交差点で街頭演説。午前中、松本市内の支援事業所に年末の挨拶回り。午後、牛越大町市長、大町市議会有志と大町市内で新過疎法の勉強会。大町市は、新過疎法の新要件を当てはめると一部過疎から全部過疎の適用が予想され、その準備に向けての意見交換。夕方、大町市内の支援事業所に年末の挨拶。夕方、昨晩お亡くなりになった羽田雄一郎参議院議員が新型コロナに感染していた旨の情報に接し、再びの驚き。
    写真:松本駅前で街頭演説 写真:大町市長に新過疎法をレク
    写真:大町市議会有志に新過疎法をレク 
  • 12月27日
    午前中、北安曇郡内の支援者に年末の挨拶回り。池田町から眺望の北アルプスに魅入られる。午後は、安曇野市明科を地元支援者と共に訪問。「務台さんは、地元の事業に国の支援を引き出してくれている」との地元支援者の説明に、訪問先の皆様は頷く。夕方、妻の買い物にお付き合い。夜、羽田雄一郎参議院議員の突然の訃報に接する。山の日を祝日に設定する議員立法にご協力頂き、全国山の日協議会でともに役員を務めさせて頂くなどお世話になった方。心からのご冥福を祈念。
    写真:大町市内の支援者に年末の挨拶 写真:池田町から眺望の北アルプス
  • 12月26日
    午前中、「安曇野シュタイナーこども園おひさま」の関係者に、「森のようちえん」も無償化対象にする令和3年度予算案の内容を説明。自治体の手上げ方式なので、安曇野市にしっかりと要請を、とアドバイス。安曇野市明科を地元支援者と一緒に訪問の後、長野市に向かい長野県北信地域の私の選挙区関係市町村議員の有志と、来年度から施行される新過疎法の勉強会。全員が過疎関係地域の議員であり、関心が高いことから勉強会を開催の運びに。夕方、自宅で新年挨拶をまとめる。
    写真:父兄に幼児教育無償化予算案を説明 写真:北信地域の市町村議員の皆様と
  • 12月25日
    早朝、松本駅前、深志二丁目交差点で街頭演説。国交省千曲川河川事務所長から千曲川流域治水事業の進捗状況を聞く。昼前、臥雲松本市長に新過疎法の骨格を説明の後、市内の支援事業所に年末挨拶。夕方、松本市内のセロリ農家を訪問。
    写真:松本駅前で街頭演説 写真:千曲川河川事務所から治水事業を聞く
    写真:松本市長に新過疎法の骨格を説明 写真:松本市内のセロリ農家を訪問
  • 12月24日
    早朝、安曇野市から高速で長野市に向かう。冠雪の白馬連峰の気高い姿に目を奪われる。昼前に県庁で過疎新法の考え方、骨格を、自民党過疎対策特別委員会事務局長の立場で阿部長野県知事、羽田長野県町村会長に説明。長野県からの要望を制度設計においてほぼ満額受け入れて頂いたとの謝意を承る。その後、県庁内で地元紙の取材を受ける。午後、長野市内の事業所を訪問し、コロナ禍の事業への影響を伺う。同一業種でも商う商品により影響が区々であること、営業が十分できずに販売が滞っていること、設備投資の判断を迷っている取引先が多くなっていること等を伺う。夕方は家族でクリスマスイブを過ごす。
    写真:冠雪の白馬連峰 写真:知事に新過疎法の骨格を説明
    写真:県庁で取材を受ける 
  • 12月23日
    早朝、松本駅から上京。議員会館で農水省から食育基本計画の、法務省民事局から夫婦別姓と戸籍記載の関係のレクを受ける。昼に、自民党本部で再エネ推進議員連盟の会合に臨み、2030年再エネ比率45%を目指す提言をまとめる。昼過ぎに、議員会館で沖縄県関係者から過疎新法のとりまとめに対する謝意を頂き、併せて沖縄・松本定期空路設定について意見交換。環境省からカーボンニュートラルへの政府の基本的取り組みの枠組みのレクを受け。青森県知事が議員会館に年末の挨拶にお越しになり、総務省とは新過疎法の国会提出について考え方をすり合わせる。その足で地元に戻る。
    写真:夫婦別姓と戸籍の関係を聞く 写真:再エネ推進議連で再エネ比率を議論
    写真:沖縄県と松本沖縄空路開設を議論 写真:青森県知事と
  • 12月22日
    早朝、零下5度の松本駅前、深志2丁目交差点で街頭演説。来年度オーストラリア留学予定の高校生から演説中に話し掛けられる。何と、「携帯電話料金の引き下げは5G設備投資の制約要因になるのではないか」との指摘。午前中、松本市並柳団地の集いの場「フラット」を訪問。地域の求めに柔軟に対応する活動を伺う。昼過ぎに松本市内で地元企業が開催の櫻井よし子さんの講演会に出席。中国の勢力拡大の意図を詳しく解説し、我が国として備えるべき考え方、体制の在り方を力説。中国の台湾制覇の目論見と尖閣諸島の位置付けの解説は目から鱗。夕方、松本市内の児童館を訪問し運営の課題を伺った後、臥雲松本市長と長野県議の意見交換会に参加。
    写真:松本駅前で街頭演説 写真:街頭演説中に高校生と会話
    写真:団地の「集いの場」運営者と 写真:櫻井よし子さんと
    写真:松本市内の児童館を訪問 
  • 12月21日
    午前中、来年で100周年を迎える松本市倭郵便局移設開所式に参加の後、松本事務所でアウトドア派の研究者の都立大学泉岳樹助教授から地域振興へのドローン活用のアイデアを伺う。自宅で生保の担当のから、私の個人年金の支給開始手続きをして頂く。そういう歳になったということか。昼に、安曇野市明科の工業団地の経営者の皆様にご挨拶の後、同地区を訪問。途中、安曇野市明科の幼児教育団体「くじら雲」代表の依田敬子さんから「森のようちえん」の取り組みを聞く。私からは、来年度から「森のようちえん」に園児一人当たり月2万円の国からの公的支援がなされることになった旨お伝えする。夕方、明科の支援者宅でお茶をご馳走になる。
    写真:倭郵便局移設開所式に参加 写真:ドローン研究者の提案を聞く
    写真:安曇野の工業団地の皆様と 写真:「森のようちえん」の運営を聞く
  • 12月20日
    午前中、松本市内で妻の買い物に付き合った後、事務所で正月向けニュースレター編集の打ち合わせ。午後、信州型自然保育推進オンラインシンポジウムに、森のようちえん推進議員連盟会長の宮下一郎代議士と事務局長の務台がゲスト参加。「森のようちえん」も無償化の対象にする予算案が明日まとまる(予算案の閣議決定)見込みであることをお伝えする。短歌集「朝霧」に新作短歌を投稿。
    写真:自然保育ズームシンポに参加 写真:自然保育ズームシンポに参加
    写真:短歌集に新作短歌を投稿 
  • 12月19日
    早朝、降雪で冬景色の中を長野市に向かう途上小川村の支援者宅を訪問。本日からオープンの長野県信濃町のタングラムスキーサーカスを訪問。スキー場関係者が期待する中、待ちに待った熱心なスキーヤーが駆け付ける。午後、長野市豊野町に河野太郎行革担当大臣を迎え災害復興講演会を開催。昨年の千曲川水害時に防衛大臣として自衛隊オペレーションをご指示頂いた経緯。夕方、自民党長野市豊野町支部設立総会を開催。70名の党員でスタート。私の選挙区内で19番目の市町村単位、旧町村単位の自民党支部が誕生。
    写真:山里の冬景色 写真:雪国の自分のポスターと
    写真:タングラムスキー場を訪問 写真:河野大臣が豊野で講演
    写真:河野大臣を囲む豊野の支援者 写真:自民党豊野町支部設立総会にて
  • 12月18日
    早朝、安曇野市の自宅から松本駅に向かうも、大糸線が遅れ特急「あずさ」に間に合わないことから車で松本駅に向かったところ、「あずさ」自体が架線故障で復旧の見込みが立たないことが判明。昼前の東京の予定があるため妻にお願いして高速道路を使い車で長野駅に向かったところ、高速を降りたところで幹線道が渋滞。そこで車から降り、バス優先帯をスムーズに走るバスに乗り換え長野駅に向かう。何とか新幹線に飛び乗り、東京駅経由で永田町にたどり着く。時間通りに葉梨農水副大臣、保坂エネ庁長官に、国内木質バイオマス発電、熱利用の拡充の提言書を手交。昼前に、最低賃金一元化議員連盟の衛藤会長、山本幹事長、務台事務局長の3人で菅総理に提言を手交。手交後、官邸ロビーで記者レク。時間をかけて最賃水準の一元化を図る前提として中小企業への直接支援を要請。午後、内閣府から男女共同参画計画の、財務省から令和3年度当初予算案の、広島県庁から過疎新法の慰労の、エネ庁からメタンハイドレード利用の、文科省から森のようちえん関連予算案のレク受ける。その後、上田健介近畿大学教授から投票価値の平等についての憲法学者の立場を聞く。臨時総務会で来年度予算案等について了承の後、公明党山口那津男代表と地元の自公連携について話し合う。その足で地元に戻る。ところで、信濃毎日新聞一面トップ記事で長野県知事が長野県護国神社崇敬者会長を辞任する旨の内容を報道。同紙は、憲法の原理主義的解釈を振りかざした主張を展開し長野県知事に護国神社崇敬者会長辞任に追いやった経緯がある。マスコミの紙面を通じた言論による圧力を覚えた。同護国神社氏子総代会長の私に、 英霊の皆様の嘆きの声が聞こえる。
    写真:農水副大臣にバイオマス発電提言 写真:エネ庁長官にバイオマス発電提言
    写真:総理に最賃一元化の提言 写真:総理に提言を手交
    写真:公明党山口代表と 写真:知事の崇敬者会長辞任の記事
  • 12月17日
    午前中、安曇野市で県立子ども病院に関連する難病子ども支援、保護者の支援の取組について茅房栄美さんが運営する「マザーハウス」に伺い意見交換。午後、松本事務所で年始向けのニューズレターの編集し、支援事業所に挨拶回り。夕方、北アルプス山小屋関係者から、抱えている課題を環境省関係者と承る。地域には多種多様な課題満載。
    写真:難病子ども支援を議論 写真:北ア山小屋関係者の話を承る
  • 12月16日
    早朝、明治神宮を歩く。議員会館で国交省から路線バス支援予算の確保についてレクを受けた後、診療報酬審査支払機関改革の動きについて政府、支払基金から話を聞く。昼前に自民党総務会に出席の後、地元に戻る。夕方、松本駅前で街頭演説の後、松本事務所で長野県司法書士会の皆様から業界の課題を承る。この日の日経新聞朝刊でバイオマス発電に関する政策インタビューが記事として掲載される。
    写真:明治神宮を歩く 写真:診療報酬審査機関改革を聞く
    写真:松本駅前で街頭演説 写真:長野県司法書士会の皆様と意見交換
    写真:日経新聞に登場 
  • 12月15日
    早朝、明治神宮を歩く。明治神宮表参道口で明治天皇御製に接し、今に通じる含意を感じる。自民党本部環境部会で予算案、環境施策について議論の後、最低賃金一元化議員連盟で連合からのヒアリングを受け、決議書をまとめる。内閣第一部会で分権改革の、文科部会、土地改良議員連盟で予算確保の状況を聞く。総務会に出席し、予算案概要を了承。昼過ぎに、木質バイオマス議員連盟で加藤官房長官に決議を申し入れ。エネルギー基本計画の見直しの際に木質バイオマス比率の大胆な引上げ等の要請。決議を官房長官に手交後、官邸で記者団に対しぶら下がりレク。午後、選択的夫婦別姓制度に関する議論のまとめの方向性について収斂文言を議論。私からは、具体案についての議論をするとの文章は評価できるとの発言。夕方、総務省から水道事業への地財措置の、厚労省から後期高齢者保険の自己負担の、内閣官房からデジタル改革のレクを受けた後、大塚拓国防部会長を講師に自民党中央政治大学院の安全保障ネット学習会を開催。中谷元学院長は安保の歴史を語り、大塚部会長は現在の安保環境を語る。その後、マスコミ関係者と意見交換。
    写真:明治神宮で見た明治天皇御製 写真:最賃一元化議連で連合ヒアリング
    写真:バイオマス議連で官房長官申入れ 写真:官邸でぶら下がりレク
    写真:選択的夫婦別姓制度の議論 写真:中央政治大学院のネット学習会
  • 12月14日
    早朝、松本駅前で街頭演説。午前中、信濃毎日新聞から正月用記事の取材を受けた後、松本市内の支援者宅を挨拶回り。昼に上京。農水省からジビエ予算の、経産省から経済対策の、内閣官房から老人医療費自己負担のレクを受けた後、文化庁から茅葺、茅採取を含め日本の伝統建築工匠の技がユネスコ無形文化遺産に正式登録になるとの説明を承る。私からは、指定を機に幅広く茅葺き家屋の把握、伝統技能者の育成機構の設置の検討を要請。夕方、自民党総務部会、消防議員連盟合同会議で予算案、地方財政計画、税制改正について総務省から説明を承る。私からは、自治体に今は積極財政をすべき時とのメッセージを出す時、消防設備の更新基準の設定、再エネ推進を自治体の仕事にすべき、消防団員になることに母親や妻の理解が得られやすい制度導入、について発言。その後、共同通信記者から、子供の自然体験教育についての法案について取材を受ける。
    写真:松本駅前で街頭演説 写真:文化庁が無形文化遺産のレク
    写真:自民党総務部会にて 
  • 12月13日
    朝から夕方にかけて、長野市信州新町、大岡を訪問。降雪間近の初冬の山里の風情は心に染みる。大岡地区の山村留学施設も冬の準備。青木代表と山村留学の継続発展の手法を話し合う。私の選挙区の中山間地は心を洗う場所。
    写真:長野市信州新町にて 写真:長野市信州新町にて
    写真:新町の支援者宅でコタツ談議 写真:長野市大岡の茅葺き民家
    写真:長野市大岡の干し柿 写真:山村留学施設で青木代表と
    写真:降雪間近の山里の風情 
  • 12月12日
    戸隠スキー場のスキー場開きに駆け付ける。雪は少ないけれど子ども達は歓声。長野市鬼無里、戸隠、生坂村を訪問。山里の人情は深い。カボチャを頂く。
    写真:戸隠スキー場開きにて 写真:戸隠山を臨む戸隠スキー場
    写真:戸隠のスキー少年 写真:鬼無里でカボチャを頂く
    写真:戸隠の農家の方と 写真:生坂村で縁側談議
  • 12月11日
    早朝、明治神宮を歩く。自民党本部でデジタル社会実現に向けた提言を議論。私からは、過渡期の対応、デジタル化で世の中がこう変わるとの分かりやすいメッセージの必要性、個人情報の保護がどのように確保されるかの説明を要請。内閣官房、観光庁から来年度予算の説明を受けた後、エア・ウォーター東京事務所を訪問しバイオマス発電事業について意見交換。防衛省からイージス・アショア後継設備についてレクを受けた後、私が事務局長を務める自民党過疎対策特別委員会で新過疎法に盛り込む内容を了承。谷委員長と共に委員会後の記者レクも行う。これから法案化作業。厚生労働省から最低賃金に関するレクを受けた後、松本に戻る。松本駅前で金曜日夕刻の街頭演説の後、地元の環境省関係者と打合せ。夕方、安曇野市の行きつけの居酒屋を梯子。
    写真:デジタル社会実現の提言を議論 写真:過疎特委で新過疎法の概要を了承
    写真:過疎特委の模様を記者レク 写真:松本駅前で街頭演説
    写真:地元環境省関係者と打合せ 
  • 12月10日
    早朝、全建総連の役員の皆様との朝食会に参加。勝野圭司全建総連書記長は長野県出身。災害時の仮設住宅設置の活躍は素晴らしい。午前中、来年度自民党税制改正大綱を固める。コロナ禍でも必要な作業は着々と進む。昼前に総務会に出席し、予算編成大綱、税制改正大綱、国土強靭化計画を了承。昼過ぎには、地方創生の新たな戦略について政府の方針を聞く。「首都圏大学の地方サテライトキャンパス設置も推進」、との私の予てからの提言がはっきりと記載。私からは、過疎法の見直しで過疎指定から卒業する自治体に対する地方創生の枠組みによる支援制度の充実の必要性を指摘。午後、全管連の役員の皆様が年末の挨拶にお越し頂いた後、憲法改正推進本部遊説・組織委員会の打ち合わせ。夕方、選択的夫婦別姓制度、主権者教育について自民党内で議論の後、平井卓也デジタル担当大臣の講演を交え、ネット学習会を実施。全国から90名がネット参加。
    写真:勝野全建総連書記長と 写真:地方創生の新たな戦略を聞く
    写真:全管連の役員の皆様と 写真:選択的夫婦別姓について議論
    写真:平井デジタル大臣とネット講演 
  • 12月9日
    早朝、明治神宮を歩く。自民党本部でデジタルプラットフォームにおける消費者保護法制の在り方について、カライスコス・アントニオス京大准教授、鹿野菜穂子慶大教授からご所見を伺った後、国土強靭化5か年加速化対策案を議論。5年間で15兆円の事業規模。地域社会の安全安心のレベルは向上。日本学術会議の改革に向けた提言を議論の後、マクロ経済政策につき、エコノミストの長濱利広、河野龍太郎両氏から話を聞く。「我が国の財政赤字は深刻だが、家計と民間企業にお金が潤沢で資金需要が少ないので金利は上がらない、日銀の国債引き受けも利いている」、との分析に納得。昼に過疎連盟の皆様に新過疎法の枠組みを説明。昼過ぎに自民党税制調査会に出席し、税制改正の決着の姿を確認。ジビエ協議会の役員の皆様と今後のジビエ振興を議論の後、雇用問題調査会に出席し最近の雇用情勢を聞く。交通安全基本計画に盛り込む内容について議論の後、環境省、消防庁から経済対策、来年度予算の概要を聞く。夕方、地方政治学校の参加者の皆様とリモート意見交換。地方創生のアイデアが湧き出る。
    写真:明治神宮を歩く 写真:DPからの消費者保護の在り方を議論
    写真:過疎連盟に新過疎法の枠組を説明 写真:ジビエ協議会の役員の皆様と
    写真:地方政治学校とリモート議論 
  • 12月8日
    早朝、明治神宮を歩く。総務省から過疎法のまとめについてレクを受けた後、日経新聞からバイオマス発電振興についての取材を受ける。本郷浩二林野庁長官、森林総合研究所外崎真理雄研究専門員から2050カーボンニュートラルに向けた木材利用促進の課題を聞く。昼前に自民党総務会に出席の後、選択的夫婦別姓制度について自民党部会で議論。私からは、具体的制度設計の選択選択肢を示し、それぞれ毎の議論をしていくべき、そうでないと基本的スタンスについての言い合いになってしまうと発言。昼に、自民党過疎対策特別委員会役員会で、新過疎法に盛り込む地域指定要件等を議論し了解を得る。自民党税制調査会に出席し、マル政処理案を議論。厚労省から水道予算の、国交省から豪雪対策の、内閣官房から国土強靭化後か年計画のレクを受けた後、沖縄県選出衆議院議員に新過疎法の決着の姿をレク。夕方、光電製作所関係者から戦前戦後の日本独自の技術変遷を学習。
    写真:明治神宮を歩く 写真:林野庁長官が木材利用を語る
    写真:選択的夫婦別姓制度を議論 写真:自民党過疎特役員会にて
    写真:自民党税制調査会にて 
  • 12月7日
    早朝、零下2度の松本駅前で二回、深志二丁目交差点で一回の街頭演説。松本事務所で地元郵便局長会会長と意見交換の後、上京。昼に議員会館で内閣官房から社会保障改革の、内閣府経済財政担当から経済対策案のレクを受ける。昼過ぎに、授業目的公衆送信補償金制度の本格実施について文化庁から説明を受ける。小諸市教育委員会小林教育長から要請があり、文化庁に繋ぎ、繰り上げ実施に至った経緯があり。午後、農水省、文科省から食育基本法の、内閣府から地方分権改革のレクを、共同通信から地方創生策の取材を受ける。自民党本部で令和3年度予算編成の基本方針を議論の後、全国山の日協議会の理事会(私は副会長兼理事)にリモート参加。夕方、長野県関係国会議員で意見交換。
    写真:松本駅前で街頭演説 写真:授業目的公衆送信補償金制度を議論
    写真:予算編成基本方針を議論 写真:山の日協議会理事会に参加
  • 12月6日
    午前中、松本市の住宅地を訪問の後、長野県護国神社の新穀感謝祭に参列。直会で遺族会、町会の皆様に暫時国政報告。午後は、同市内の山間部を訪問。山の実りを天日干しにしている風情を拝見し、山郷の暮らしに思いをを馳せる。夕方は安曇野市の住宅地を訪問。
    写真:護国神社新穀感謝祭に参列 写真:護国神社で直会
    写真:松本市の山間部を訪問 写真:山の実り
  • 12月5日
    一日、大北地域を訪問。小谷温泉山田旅館ではコロナ禍の深刻な影響を聞く。白馬村では支援者宅で村の現況を聞く。本格的な冬を迎える準備に余念のない人々の営みに接する。
    写真:小谷村の初冬の風情 写真:小谷温泉山田旅館を訪問
    写真:白馬村の老婦人と 写真:白馬村の後援者宅にて
  • 12月4日
    朝7時30分から、畜産振興議員連盟の会合で畜産・酪農を巡る課題を共有の後、自民党政調全体会議で新たな経済対策について議論。昼前に総務省と過疎対策について打ち合わせの後、防災関係最新システムについて事業者からのレクを承る。昼に、選択的夫婦別姓に係る男女共同参加基本計画上の書きぶりについて議論が噴出。昼過ぎに、衆議院憲法審査会、環境委員会、総務委員会に出席の後、本会議で臨時国会最後の手続き。その足で地元に戻り、自宅で寛ぐ。この日、同僚衆議院議員の4人目の新型コロナ感染情報に接する。
    写真:畜産・酪農を巡る課題を共有 写真:新たな経済対策について議論
    写真:選択的夫婦別姓について議論 
  • 12月3日
    早朝、明治神宮を歩く。自民党本部で森林林業基本計画に盛り込む内容を議論の後、三浦瑠麗氏から選択的夫婦別姓を巡る意識変化を聞く。昼前に衆議院憲法審査会に出席。昼に政策集団の例会に出席の後、内閣府から予算編成の考え方のレクを受ける。午後、自民党税制調査会の議論に参加の後、外務省から太平洋島嶼国を巡る日米豪NZ台と中国のせめぎ合いの現状を聞く。私からは、再エネ支援をこれらの国に手厚く講じて行くべき、と提言。夕方、全国高等学校農場協会から「応援する会」として要請を承った後、谷垣前総裁を囲み懇談会。
    写真:明治神宮を歩く 写真:三浦瑠麗氏が夫婦別姓を語る
    写真:太平洋への中国進出を聞く 写真:全国の農業高校協会の要請を聞く
  • 12月2日
    早朝、明治神宮を歩く。世界的創薬メーカーのブリストル・マイヤーズ・スクイブの関係者と早朝ズーム会合に参加の後、自民党農林部会で予算要求の項目を議論。外国人労働者の受け入れ環境をより良くする取り組みについて議論の後、経済産業部会で予算要求項目を議論。昼に地方税の検討項目について議論の後、自民党税制調査会に出席し、脱炭素投資促進税制について発言。午後、オイスカの前総裁の故中野良子氏を偲ぶ会に参列の後、広島県知事、県内過疎市町村長から新過疎法について要請を承る。自民党公明党の過疎対策責任者で新過疎法に盛り込む内容について打ち合わせ。その後、憲政記念館で「国会に憲法改正議論を求める国民集会」に出席。夕方、安倍前総理を慰労する若手の会に出席。
    写真:大手創薬会社BMSとズーム会議 写真:自民党税制調査会で発言
    写真:広島県から過疎関連要望を承る 写真:自公過疎対策責任者で議論
    写真:憲法集会に参加 
  • 12月1日
    早朝、自民党本部で選択的夫婦別姓を巡り議論の後、次期科学技術・イノベーション基本計画案について議論。千葉市長選挙に出馬予定の神谷氏を同僚議員の事務所にお連れした後、ワーケーション推進議員連盟を呼びかけ人の一人として設立し、これを地方創生のドライビングフォースとする議論を開始。昼に諸外国のデジタル先進事例を学習の後、河野太郎行革担当大臣の行革の取り組み姿勢の話を聞く。FDAフジドリームエアラインズ楠瀬俊一社長、鈴木英夫経営企画部長、酒井潤也副部長とコロナ後を展望し、松本・沖縄定期便就航について話し合う。夕方、日本薬剤師連盟の皆様から話を伺った後、茅葺き文化協会の安藤理事長を坂本地方創生担当大臣にお連れし、茅葺き振興を要請。大臣は茅葺き議員連盟幹事長。我が国の茅葺き文化を地方創生の起爆剤にしようと意気投合。夕方、神社関係者と懇談。
    写真:選択的夫婦別姓を巡り議論 写真:ワーケーション推進議連にて
    写真:河野行革担当大臣と 写真:FDA楠瀬社長と
    写真:日本薬剤師連盟の皆様と 写真:茅葺き協会理事長が坂本大臣と面会

  • 11月30日
    早朝、松本駅前、深志二丁目交差点で街頭演説。武蔵野市議会の東まり子議員から激励を頂く。自民党本部で旭化成、役所から水素活用戦略を聞いた後、最新式FCVを見学。災害時には充電器としての機能。午後、国連環境計画の末吉竹二郎氏から再エネに関する世界のトレンドを聞く。新過疎法について自民党幹部にレクの後、選択的夫婦別姓陳情アクション信州の森田久美子さんから要請を承る。北海道の過疎市町村長から新過疎法についての要請を聞いた後、自民党税調で税制改正議論。
    写真:松本市内で街頭演説 写真:旭化成、役所から水素活用戦略を聞く
    写真:最新式FCVを見学 写真:国連環境計画末吉氏から再エネを学習
    写真:選択的夫婦別姓の考え方を聞く 写真:自民党税調で税制改正議論
  • 11月29日
    午前中から午後にかけ安曇野市、長野市の中山間地区を歩く。安曇野市でナズナを摘む農家のご婦人と暫し話し込み、長野市中条の林檎農家のご婦人からは畑の林檎をお裾分け頂く。遅い午後、加藤長野市長、風間自民党県議団長ご臨席の下、長野市中条地区で自民党中条支部が設立される。山口俊一代議士が記念講演。地道に組織を構築。
    写真:安曇野から白馬連峰を臨む 写真:ナズナを摘む安曇野の農家婦人と
    写真:林檎畑の中条のご婦人と 写真:自民党中条支部設立総会にて
    写真:山口俊一代議士の記念講演 
  • 11月28日
    早朝、松本市内で、個別案件の要請を承った後、筑北村を歩く。私も構想段階から関わってきた筑北スマートインターがいよいよ姿を現しつつあることについて、訪問先から高い評価を頂く。夕方、車のタイヤを冬仕様に変える。ところで、事務所に令和3年のカレンダーが届きはじめているが、年末も押し詰まり昨日の法改正で漸く来年の山の日等の3祝日が移動することが決定するも、頂いたカレンダーは法改正以前のまま。カレンダーを刷り直すのか気になる。
    写真:筑北村を訪問 写真:来年のカレンダーの祝日は古い
    写真:3祝日の日付を変える法改正 
  • 11月27日
    早朝、議員会館で養蜂の現状を学習。日本養蜂協会からも話を聞く。長野県は飼育戸数542戸、養蜂生産量340トンで日本一、蜂群数1.24万群で日本2位と養蜂のメッカ。自民党本部で首都機能移転議論の経緯を振り返る会合に出席の後、子供の農山漁村体験教育を推進する自民党プロジェクトチームの会合を開催。来年度に向けての予算要求、継続審議となっている法案について意見交換。土屋正忠元代議士も意見交換会に参加。日本鋼索交通協会星野会長から軽油引取税減免の税制改正の要請を承った後、全国山村振興連盟総会、専修学校振興議員連盟総会に出席。午後、菅総理にベトナム人留学生、技能実習生の処遇について提言、CLT活用を加藤官房長官に要請。日本ハワイ友好議員連盟で入国時の2週間の隔離緩和を議論の後、松本に戻る。食堂で焼き魚を一緒に食べる。
    写真:養蜂の現状を聞く 写真:子供の自然体験教育推進を議論
    写真:全国山村振興連盟総会にて 写真:専修学校振興議連総会にて
    写真:菅総理に提言 写真:加藤官房長官に提言
  • 11月26日
    早朝、靄のかかった明治神宮を歩く。自民党本部で外務省から王毅中国外交部長訪日成果を聞く。尖閣諸島に出漁の日本漁船を「偽装漁船」呼ばわりした王毅部長に抗議の意見が噴出。午前中、衆議院憲法審査会自由討論で発言。現行憲法の規定により、日常生活が制約を受けている幾つかの局面を例示し、憲法審査会の地方開催を通じた国民的議論の喚起を求める。昼に全国町村会の総会に駆け付ける。長野県からは松川村長、小布施町長が参加。昼過ぎに、全労連主催の最低賃金に関する院内集会で挨拶。これまで社会政策として捉えられてきた最低賃金は経済政策、国土政策としても捉えるべきと申し上げる。自民党税調で固定資産税、車体課税について議論。私からは2050年カーボンニュートラル宣言を受けた初めての税制改正で、更なる車体課税のグリーン化を主張。自民党バイオマス議員連盟でAW猪俣晃二電力事業部長からバイオマス発電熱利用の取り組みを聞いた後、2050年カーボンニュートラルを見据えてバイオマス発電の今後について決議案を了解。夕方、自民党中央政治大学院のリモート講座で宮家邦彦内閣官房参与から朝鮮半島情勢を聞く。「韓国は、いずれ日米韓同盟を抜け、李氏朝鮮時代のバランス外交に移行、大国の狭間で生き抜く術を見出だして行くと見込む。日本は、韓国を遠くに追いやらないように練達の外交が必要」との話。
    写真:靄の明治神宮を歩く 写真:衆議院憲法審査会で発言
    写真:全国町村会総会で地元首長と 写真:最低賃金の院内集会で挨拶
    写真:税調で車体課税について発言 写真:バイオマス議連にて
    写真:宮家内閣参与から半島情勢を聞く 
  • 11月25日
    早朝、自民党本部で韓国のデジタル化による利便性向上の到達点について、廉宗淳イーコーポレーション・ドット・ジェーピー社長から話を聞く。「民間コンサルタントから役所の実績が評価されるので韓国の役所は競って利便性を向上させる努力をする」、との解説。国交部会で税制改正の勉強会の後、事務所でバイオマス議連の決議案を詰める。昼前に衆議院予算委員会に出席の後、昼に地方税勉強会に出席。昼過ぎに、バイオマス議員連盟河村会長を訪問し、議員連盟会合の打ち合わせ。その際、河村先生お手製のデザートを頂く。立憲民主党参議院議員に議員立法のレクの後、自民党税制調査会に出席。夕方、環境部会で補正予算の考え方を議論。総務省と新過疎法につて意見交換の後、知人の御母堂の通夜に駆け付ける。その後、役所の先輩と懇親。
    写真:韓国のデジタル化の現状を学習 写真:バイオマス議連河村会長を訪問
  • 11月24日
    早朝、松本駅前で街頭演説の後、上京。昼前に環境省から補正予算関連のレクを受けた後、自民党本部で電波帯域の開放の理由と処方箋について原英史氏から課題を聞く。昼過ぎに衆議院本会議に出席の後、日経新聞から再エネに関する取材を受ける。午後、自転車関係予算、次期自転車活用推進計画について、自転車活用推進議員連盟で議論。私からは、アフターコロナを見据えての自転車活用計画、2050年カーボンニュートラルを踏まえた自転車活用の在り方について意識した計画を作るように要請。佐藤章衆議院文科委員長に議員立法についてレクの後、長野県農業共済組合の小林弘也理事から要請を承る。全国町村議会議長会との意見交換の後、中小企業のコロナ対策の成果と今後の課題を聞く。夕方、鍼灸マッサージ業界の皆様から要請のあった診療費改定について政府の報告を聞いた後、選択的夫婦別姓に関する勉強会で問題意識のある当事者の皆様の話を聞く。代々木の自宅への帰り道、渋谷区の真新しい透明トイレを初体験。
    写真:松本駅前で街頭演説 写真:電波帯域の開放について学習
    写真:自転車活用議連で議論 写真:長野県農済小林理事が要請
    写真:鍼灸マッサージ業界の皆様と 写真:選択的夫婦別姓を学習
    写真:渋谷区の透明トイレ 
  • 11月23日
    午前中、信濃町の野菜直売場で取れたて野菜を購入後、長野市戸隠の戸隠キャンプ場で戸隠スキー場関係者と索道の設備投資の取り組みについてアドバイス。初冬の戸隠牧場も視察。閑散とした牧場にはキツネ、猿が悠々と活動。午後は戸隠地区を訪問。宝光社で戸隠蕎麦を頂き、農家の野沢菜漬けを激励し、埼玉県からの移住者の話を聞き、豊岡古宮神社の祭事に駆け付ける。
    写真:信濃町の野菜直売場を訪問 写真:戸隠スキー場役員と打合せ
    写真:初冬の戸隠牧場にて 写真:宝光社で戸隠蕎麦を頂く
    写真:農家の野沢菜漬けに見入る 写真:戸隠への移住者の話を伺う
    写真:豊岡古宮神社の祭事にて 
  • 11月22日
    午前から夕方にかけ、松本市奈川地区、安曇地区を訪問。久しぶりにお会いする人もいてお互いに懐かしむ。夕方、竜神温泉で体を温める。
    写真:松本市奈川地区を訪問 写真:松本市奈川地区を訪問
    写真:松本市の中山間地 写真:松本市の中山間地
  • 11月21日
    午前中、白馬村のスキー場の安全祈願祭に駆け付ける。私の挨拶の中で、昨日、神城断層地震からの復興報告に下川村長と訪問した安倍前総理の激励メッセージを伝え、索道設備投資支援の継続、軽油引取税の減免延長、子供のスキー合宿を教育課程に取り込む政策等に触れコロナ禍を結束して乗り越える気持ちを共有。その後、神城断層地震から6年を経てしっかりと復興した白馬村堀之内地区を訪問。堀之内は移住者も増え、子供の声も聞こえる元気な地域に発展。地区の皆様に昨日承った安倍前総理からの激励メッセージを伝える。午後、松本市内で明治時代の発明家臥雲辰致の功績を学ぶ会で挨拶。高校同期の会社経営者が事務所を訪問、支援のお気持ちを承る。夕方にかけ、松本の地区訪問。今週から新しいポスターを掲示。
    写真:白馬スキー場の安全祈願祭にて 写真:索道事業者の挨拶を聞く
    写真:白馬村堀之内地区を訪問 写真:発明家臥雲辰致偲ぶ会にて
    写真:新しいポスターを掲示 
  • 11月20日
    早朝、自民党本部で外国人労働者、特に在留ベトナム人の最近の問題について議論。午前中、小谷村中村村長、北村議長から小谷村の課題を承った後、国交省から来年度の自転車政策についてレクを受ける。明後日で白馬村を襲った神城断層地震から6年が経過。発災直後に被災地に来て頂いた安倍晋三総理(当時)に、下川村長と被災者の津滝村議が復興報告とお礼に伺う。昼に、新過疎法制定全国総決起大会に駆け付ける。過疎連盟の役員の皆様からは自民党過疎対策特別委員会事務局長として要請書を承る。昼過ぎに衆議院本会議に出席の後、白馬村、小谷村、山ノ内町、野沢温泉村の首長の皆様を観光庁長官にお連れしスノーリゾート関連予算の確保を要請。午後、長野県土地改良連合会、過疎町村の皆様を議員会館に迎え要請を承った後、自民党中央政治大学院の活動を中谷学院長と一緒に二階幹事長にレク。部屋の前に書家の長谷川耕史氏が揮毫の看板を掲げる。エネ庁、林野庁とバイオマス発電について意見交換の後、地元に戻る。連休前の新型コロナ感染状況が懸念される。
    写真:安倍前総理を白馬村長と訪問 写真:安倍前総理を慰労
    写真:新過疎法制定全国総決起大会にて 写真:過疎連盟から要請書を受け取る
    写真:スキー場支援を観光庁長官に訴える 写真:長野県土地改良連合会の皆様と
    写真:中央政治大学院のレクを幹事長に 写真:看板を政治大学院入口に掲げる
  • 11月19日
    早朝、明治神宮を歩く。税制改正の時期を迎え、自民党本部で国土強靭化税制を、議員会館で自動車関連業界の自動車税制の要請を承る。午前と午後、衆議院総務委員会で法案審議、昼過ぎには衆議院本会議、衆議院憲法審査会に出席。その間、沖縄県知事、沖縄県過疎関係団体の皆様から新過疎法に向けての要請を受け、砂防事業促進議員連盟の有志で財務省矢野主計局長に予算確保の直談判。夕方、森山衆議院国会対策委員長に議員立法のレクを行った後、長野県の印刷業界の役員と懇談。更に大手、地方バス事業者の幹部と新宿で意見交換。
    写真:明治神宮を歩く 写真:自動車業界から税制要請を聞く
    写真:沖縄県過疎関係団体の皆様と 写真:砂防議連で主計局長に要請
    写真:長野県の印刷業界の役員と 写真:バス事業者幹部と意見交換
  • 11月18日
    早朝、平河町のホテルでコロナ禍で苦しむ自治体病院の課題を全国自治体病院協議会から聞いた後、自民党本部でアカデミアの役割について岸輝雄、村山斉先生から話を聞く。議員会館に長野県農協中央会伊藤茂会長、青年部協議会三井透会長を迎え、予算要望を承る。昼前に衆議院文部科学委員会に出席。午後、衆議院総務委員会理事懇談会に出席の後、自民党税制調査会で国際課税についての議論を学習。南信酪農協会協同組合から要請を承った後、日本ウイグル協会から、中国における「強制収容所」の実態、有本香さんからは国際社会の対応を聞く。親族が行方不明の在日ウィグル人の皆様の抑えた怒りを感じる。私からは、「拉致問題を国際社会に訴えて居る我々としては、ウィグルの苦境を見て見ぬふりはできない」と発言。夕方、隈研吾氏を囲んで茅葺技術が世界文化遺産登録に茅葺文化協会の安藤会長と喜び合う。
    写真:自治体病院の課題を聞く 写真:アカデミアの役割をヒアリング
    写真:長野県農協中央会の関係者と 写真:南信酪農協同組合から要請を承る
    写真:日本ウイグル協会との勉強会 
  • 11月17日
    早朝、永田町のホテルで日本医師会と後期高齢者患者負担割合の在り方について議論。コロナ禍で受診抑制が起きている時に患者一部負担を拡大すべきではない、との主張を伺う。午前中、衆議院環境委員会に出席。昼前に自民党総務会に出席の後、簡易水道の保全整備について長野県内の町村長の皆様から要請を承る。昼に、自民党本部で、日本気候リーダーズ・パートナーシップからはエネルギーミックスの在り方を聞く。昼過ぎに総務省からDX改革の方向性についてレクを受けた後、小川福岡県知事を先頭に福岡県の過疎市町村長の皆様から過疎法の要請を承る。ワサビがコロナ禍に有効だとの治験についてレクを受けた後、上高地関係者に随行し、今井国交省砂防部長に河床上昇対応を要請。自民党本部でデジタル庁設置に向けた自民党提言案について議論。私からは、住民サービスの現場を抱える地方自治体に対して納得できるメッセージがないと揉めると指摘。夕方、自民党過疎対策特別委員会で新過疎法の指定要件について詰めの議論を行った後、中央政治大学院のリモート講座で講師を務め、地方創生の処方箋を語る。夜、松本から上京の皆様を交え砂防関係者と意見交換。ところでこの日、茅葺き技能を含む我が国の「伝統建築工匠の技」がユネスコ無形文化遺産に登録するよう勧告がなされる。12月14日からパリで開かれるユネスコ政府間委員会で正式決定される見込み。議員連盟を作って茅葺という「伝統建築工匠の技」を受け継げるように支援を行っている我々としても、この報せを大変喜ばしいことと受けとめるとともに、茅葺き文化を未来に受け継ぐためにより一層の活動を展開していく所存。
    写真:日本医師会と医療費負担を議論 写真:簡易水道保全整備の要請を受ける
    写真:福岡県関係者が新過疎法の要請 写真:砂防部長に河床上昇対策を要請
    写真:中央政治大学院の講座で講演 
  • 11月16日
    早朝、松本駅前、深志二丁目交差点で街頭演説。午前から午後にかけ、松本市内の過疎地域である奈川地区を訪問。物産センターでソバ野生祖先種を研究の井上直人信大名誉教授と邂逅。池田町で開催の山岳写真家増村多賀司氏の個展に駆け付ける。
    写真:松本駅前で街頭演説 写真:奈川地区を訪問
    写真:井上信大名誉教授とソバ談議 写真:奈川の自然
    写真:増村氏の個展に駆け付ける 
  • 11月15日
    午前中、麻績村方面に挨拶まわり。午後は、長野県弁護士会、日弁連主催の最低賃金シンポジウム(ズーム会議)に自民党最低賃金一元化推進議員連盟事務局長の立場でパネリストとして参加。夕方、自宅で溜まった依頼原稿を執筆。
    写真:麻績村を挨拶回り 写真:麻績村を挨拶回り
    写真:最低賃金シンポに参加 写真:最低賃金シンポ提出資料
  • 11月14日
    早朝、新宿から地元に戻る。昼前に地元索道事業者の方から、期限が到来する索道事業に係る軽油引取税の減免措置の延長を要請される。池田町の支援者から個別案件を承った後、池田町、松川村方面を訪問。地区訪問の途中、池田町のパン工房で一服。ご主人は、青年海外協力隊のOB。夕方、安曇野市の地元の居酒屋に家族で集う。本日、新しいポスターが完成。
    写真:池田町のパン工房で一服 写真:新しいポスターが完成
  • 11月13日
    早朝、長野県町村会、町村議長会の皆様から予算要望を承った後、新型コロナに苦しむ厚生連の現状を聞く。上松町、大桑村、南木曽町の首長、議長から砂防事業推進の要請を承った後、自民党本部で経済安全保障に関する貿易管理の在り方を学習し、習近平主席の経済発展戦略に関する考え方の説明も受ける。昼に環境部会で税制改正要望の議論を行った後、中国に我が国の健康行動を輸出する政策について学習。一極集中を是正する自民党特命委員会の発会式に出席の後、国交省、総務省、内閣府防災担当から税制改正、議員立法のレクを受ける。夕方、森のようちえん振興議員連盟の宮下会長、堀内幹事長、事務局長の務台で、萩生田文科相に要請書を手交。全国ネットワーク連盟の皆様も署名を提出。その後、自民党中央政治大学院のリモート講座で佐伯啓思京大名誉教授からバブル崩壊後の構造改革の総括を聞く。「日本的経営を構造改革し、グローバリズムの流れの中で短期的成果主義を追い求めた結果、長期不況に突入。アベノミクスも良し悪し。経済至上主義を転換し、本当に大事なものを探していく時代になった。」との講演。私からは、「青い鳥のチルチルミチルが日本そのものですね」と申し上げる。
    写真:県町村会、議長会の皆様と 写真:木曽地方の首長、議長と
    写真:文科相に要請書を手交 写真:佐伯啓思京大名誉教授と
    写真:佐伯先生が構造改革を総括 
  • 11月12日
    早朝、明治神宮を歩く。衆議院総務委員会で質疑。私も15分だけの短い質疑を行う。日米の選挙制度の相違、コロナ禍の選挙の配慮、地方財政対策、日本郵便による豪州の物流会社買収の顛末等について聞く。昼に政策集団の例会に出席の後、衆議院本会議で日英EPA協定の質疑に臨む。午後、義援金の差押え禁止について議論の後、経団連からカーボンニュートラルに向けた姿勢を聞く。私から経済界の姿勢転換の背景を聞くと、産業界として「市場から排斥されないための決断」との説明。夕方、憲法学者の百地章教授から、憲法に緊急事態条項の規定、自衛隊明記の必要性を聞く。
    写真: 写真:
    写真: 写真:
  • 11月11日
    早朝、自民党「水の未来戦略特命委員会」で、流域治水、水循環政策について意見交換。国交省では、長野県の脱ダム宣言を「災害」と同視していることを認識。経団連、日本工学アカデミーからは日本学術会議の在り方を聞く。経団連では5年前に改革案を提示して来ていた経緯を伺う。環境省から動物愛護関連の、法務省から入管法改正のレクを受けた後、2050年カーボンニュートラル実現推進本部の初会合に参加し、電力業界、鉄鋼業界からヒアリング。昼に中核市を応援する国会議員の会に出席。現在は長野市が、来年からは松本市も中核市。昼過ぎに、長野県佐久地方の首長の皆様から、中部横断道、過疎政策について要請を承る。安倍前総理が会長の勉強会で岩田規久男元日銀副総裁からアベノミクスの実績と課題について聞く。「国債発行の上限は実質金利が意味を持つ」、との解説。LPG協会から要請を承り、私からは緊急防災・減災事業債の災害対応型バルクシステムへの適用を勧める。渋沢栄一の思想を玄孫の渋澤健氏から学び、自民党政治大学院リモート講座では上智大学前嶋和弘教授からアメリカ大統領選挙について聞く。夕方、「明治の日」を目指す院内集会に参加。
    写真:経団連の学術会議改革を聞く 写真:CN実現推進本部の初会合に参加
    写真:中核市応援国会議員の会にて 写真:佐久の首長から要望を承る
    写真:佐久市長が過疎対策要望 写真:渋沢栄一の玄孫の講演
    写真:上智大教授から米大統領選を聞く 
  • 11月10日
    早朝、議員会館で元米海軍太平洋艦隊司令官スコット・スウィフト海軍大将からリモート会話でミサイル防衛の話を聞く。「アメリカのミサイル防衛はミサイルを打った相手を叩く、日本のそれは相手が発射したミサイルそのものを叩く」点で思想が異なるとの皮肉を込めたコメントを伺う。自民党地方行政調査会でマイナンバーカード、システム標準化、個人情報保護について法改正の方向性を議論。衆議院総務委員会、環境委員会で総務大臣、環境大臣の所信表明を聞く。午前中、所有者不明土地等を巡る課題について議論。私からは、せっかく制度がありながら地元の自治体が活用しようとしない特定空き家法の活用促進も全体像に加えるように要請。自民党総務会では「2050年カーボンニュートラル実現推進本部」設置が了承される。昼にアバターインの機能について深堀昴CEOから学習。アバターを通じてどこにも赴け、アバターを通じて街頭演説も可能。午後、衆議院本会議に出席。長野県建設部長から地元の案件の経過報告を聞いた後、自民党本部で住宅不動産業界団体の皆様からヒアリング。私は、自民党国土・建設関係団体委員会委員長の立場で士会。夕方、大手ガス会社から、2050カーボンニュートラルに向けた戦略を聞く。メタネーションが鍵。
    写真:元太平洋司令官と遠隔会議 写真:自民党地方行政調査会にて
    写真:自民党総務会にて 写真:アバターインの機能を学習
    写真:長野県建設部長が地元案件を説明 写真:住宅不動産業界からヒアリング
  • 11月9日
    早朝、明治神宮を歩く。議員会館で日本郵政諌山副社長から子会社トール社の売却の経緯を聞く。昼前に消防防災業界の皆様との意見交換、情報共有会を開催し、政府の防災関連予算要求について聞く。昼過ぎに、ジェネリック医薬品の利用促進について政府から聞く。総務省から地方財政対策、大都市制度の論点の、法務省から予算要求のレクを受けた後、北海道の過疎関係町村長から新過疎法について要請を承る。夕方、衆議院総務委員会理事懇談会に理事として出席の後、議員会館で開催のマグニツキー法制定に向けての勉強会に参加。講師は井形彬氏。その後、在京の従兄弟との意見交換会に出席。この日目にした、今年の11月1日で鎮座100年を迎えた明治神宮と渋谷区のつながりについて中島精太郎宮司のインタビューが印象的。
    写真:明治神宮を歩く 写真:消防防災業界の皆様との会合
    写真:ジェネリック医薬品利用を学習 写真:北海道過疎町村長から要請を承る
    写真:明治神宮宮司の記事 
  • 11月8日
    早朝、急遽上京。昼からは、都心のレストランでまほろば薫さん主催のサロンに参加し、SDGsコンサルタントの笹谷秀光氏の話を聞く。夕方、家族で食事会。
    写真:都心で開催のサロンに出席 写真:笹谷氏からSDGsのさわりを聞く
  • 11月7日
    早朝、安曇野市三郷の先祖の墓掃除に夫婦で参加。午前から午後にかけ、松本市郊外を地区訪問。有権者の皆様から政権への意見を承る。夕方、安曇野市の小料理屋で妻を慰労。
    写真:先祖の墓掃除に夫婦で参加 写真:松本市郊外を地区訪問
  • 11月6日
    早朝、明治神宮を歩く。自民党本部で被災者支援における自助共助公助の考え方について議論。私からは、「災害自賠責」の導入を主張。議員会館で総務省から郵便事業関連のレクを受けた後、自民党法務部会で不法在留者、送還忌避者を適正に帰国させる為の入管法改正について議論。昼前に自民党総務会に出席の後、官公庁営繕を考える議員の会に参加。厚労省から新型コロナ感染症対応の現状についてレクを受けた後地元に戻る。夕方、長野県保険医協会の皆様と新型コロナ感染症が医療界に及ぼしている現状についてウェッブ会合。この日、カミジョウミカさんの絵を議員会館に飾る。
    写真:明治神宮を歩く 写真:被災者支援の考え方を議論
    写真:強制送還について議論 写真:自民党総務会に出席
    写真:カミジョウさんの絵を飾る 
  • 11月5日
    早朝、明治神宮を歩く。自民党本部で外務省市川北米局長から最新の米国大統領選挙情勢を聞いた後、マイナンバーカードと健康保険証の組み合わせについての論点を学習。私もその場でマイナポータルでマイナンバーカードに健康保険を載せることを申し込む。自民党本部でコロナ後を見据えた経済政策の勉強の後、団体総局国土・建設関係団体委員長の立場で建設業関係団体から予算税制改正要望をヒアリング。昼に政策集団の例会に参加の後、文化庁から無形文化世界遺産の採択の動きを聞く。午後、臥雲松本市長、柳田佐久市長から松本佐久道路の要請を承る。自民党本部で過疎対策特別委員会のインナー議論に参加の後、衆議院総務委員会与党理事の打ち合わせに参加。夕方、自民党憲法改正推進本部の会合に参加の後、広島県から過疎に関する要望を承る。その後、地元紙の若手記者と懇談。
    写真:明治神宮を歩く 写真:最新の米国大統領選挙情勢を学習
    写真:建設業関係団体からヒアリング 写真:松本・佐久市長の要望を承る
  • 11月4日
    早朝、安曇野市から糸魚川市に向かい、糸魚川市内で高鳥代議士とともに牛越大町市村、中村小谷村長、米田糸魚川市長から、姫川水系砂防事業推進についての要請を承った後、中股川砂防堰堤群竣工式に出席。平成の時代をかけて成し遂げた長野県小谷村と新潟県糸魚川市に股がる国直轄事業一連の事業が完成。昼に、国交省の皆様の案内で高鳥代議士、牛越大町市長、中村小谷村長、米田糸魚川市長とともに雨飾山山麓の中股川砂防堰堤施設を視察。砂防施設の近くの柱状摂理が美しい大岩が印象的。その足で上京。自民党雇用問題調査会で雇用調整助成金を含め今後の雇用政策を議論。私からは都会から地方への労働移動を促進する政策の深堀りを指摘。長野県私立中学高校協会の皆様から予算要望を承った後、国会議員同士の会合を梯子。
    写真:姫川水系砂防事業推進を承る 写真:中股川砂防堰堤群竣工式で挨拶
    写真:中股川砂防堰堤群竣工式にて 写真:中股川砂防堰堤施設を視察
    写真:小谷村の柱状摂理大岩の前で 写真:自民党雇用問題調査会に出席
    写真:長野県私立学校協会の皆様と 
  • 11月3日
    午前中、生坂村、池田町の文化祭に伺う。生坂小学校5年生桜田ひかりさんの猫の絵がかわいい。池田町の文化祭ではアコーデオンに合わせて懐メロを口ずさむ。白馬村の収穫祭、白馬岩岳マウンテンリゾートを訪問。白馬村のリゾートはGo Toキャンペーンで助かっているとの話を聞く。生坂村と白馬村では地区訪問も行う。
    写真:生坂小学生の可愛い絵 写真:池田町の文化祭会場にて
    写真:白馬村の収穫祭にて 写真:岩岳マウンテンリゾートにて
    写真:岩岳マウンテンリゾートにて 写真:白馬の紅葉
  • 11月2日
    午前中、府中市の京王電鉄バス本社を訪問。午後は、自民党団体総局国土・建設関係団体委員長の立場で全国建設業連合会、全国建設業協会、全国賃貸住宅経営者政治連盟、全国宅建政治連盟を訪問し、年末の予算税制改正要望の持っていきかたについて打ち合わせ。この間を徒歩、公共交通機関を利用し歩数が1.3万歩を超える。午後、外務省から中国共産党5中全会のコミュニケ、大和堆における中国漁船等の活動を聞いた後、阿部長野県知事、羽田長野県町村会長から、新過疎法制定に向けての要請を承る。知事とは過疎地の教育施設の重要性について問題意識を共有。その足で地元に戻り、家族と食事。
    写真:在京業界団体を訪問 写真:中国共産党5中全会について聞く
    写真:長野県知事、町村会長が過疎要望 写真:長野縣知事から過疎要望を受領
  • 11月1日
    早朝、安曇野市内の一斉清掃に参加。娘も近所の友達とペアを組み紙袋を下げゴミ拾い。午前中、ふるさと応援団主催の「安曇野散歩」に参加し私のルーツの三郷温地区を訪問。途中、亡き父の実家を訪れ坪庭を見学。昼前にカミジョウミカ展の最終日、展示会に伺いご本人にお会いし作品を直に頂く。午後、松本市名誉市民推戴式典、松本市功労賞授与式に出席。名誉市民に選任の姉妹都市の清元姫路市長にご挨拶。夕方、松川村の知人の葬儀に参列の後、シーズン入りを前に第29回あさひスキークラブの総会に参加。あさひプライムスキー場も指定管理者が決まりホッとした雰囲気。その足で上京。
    写真:安曇野市三郷地区を「散歩」 写真:父の実家の坪庭を皆で見学
    写真:カミジョウミカさんにご挨拶 写真:松本市功労賞授与式で挨拶
    写真:あさひスキークラブの総会にて 

過去の活動報告

▲ページTOPへ