自由民主党

衆議院議員 むたい俊介オフィシャルサイト 長野2区 自民党
http://www.mutai-shunsuke.jp/

  • トップページ|Top page
  • プロフィール|Profile and career
  • 理念・政策|My policy
  • 講演・著作・論文|Lecture,writing,thesis
  • 活動報告|Activity report
  • 選挙区の状況|Constituency
  • 後援会のご案内|Supporter's association
  • リンク|Link
  • ご意見・お問い合わせ|Tell me your opinion

理念・政策・メッセージ

[印刷用ページはこちら]

2013.01.03

「新年のご挨拶」


 2013年の新年を迎えました。皆さまにとってはそれぞれのお立場で静かなお正月をお迎えのことと存じます。私にとっては何とも形容のしようのない突き抜け感のある新年です。足かけ5年もの長い政治活動の末、国政に参画する立場を与えられたのです。


 有権者の皆さまの私に対する信任の程度はとても重いものでした。10年間代議士を続けてきた民主党の元衆議院議員に比例復活をさせない勝ち方を私に与えてくれたのです。「お前に任せるから頑張れ」と言われたに等しい勝ち方を与えて頂けました。


 選挙の前には、私の属する選挙区は「伯仲」との評価であったものが、選挙戦を経ての後は、相手候補に3割以上の差をつけての勝利となりました。こうした形の大勝利を与えられた以上、神聖な負託に応える貢献を果たしていかなくてはなりません。


 当面は、政府・与党の一員として経済対策に全力を挙げて行かなくてはなりません。そして経済対策の成果をしっかりと今年夏の参議院選挙に結びつけて行かなくてはなりません。


 参議院選挙で勝利することで、衆・参両議院のねじれ現象に終止符を打ち、安定した政治の意思決定状態をバックボーンにして、中長期的な我が国が抱える諸課題にしっかりと応えられる政策決定を行っていかなくではなりません。


 振り返れば、我が国が安定した経済成長を続けてきた時代は、政治の安定という政治基盤が存在していたという事実がありました。経済と政治は実は裏腹の関係にあるのです。


 そういう当面の目標を掲げながら、1年生議員として地道に永田町で雑巾がけをしてまいりたいと考えています。


 選挙区内の皆様に国政報告を兼ね、1月13日、14日の両日にかけ、松本、安曇野、長野、大町の4か所で以下の日程で新年会を予定しています。是非お越し頂き、叱咤激励を頂戴することを伏してお願い申し上げます。


←戻る

▲ページTOPへ