自由民主党

衆議院議員 むたい俊介オフィシャルサイト 長野2区 自民党
http://www.mutai-shunsuke.jp/

  • トップページ|Top page
  • プロフィール|Profile and career
  • 理念・政策|My policy
  • 講演・著作・論文|Lecture,writing,thesis
  • 活動報告|Activity report
  • 選挙区の状況|Constituency
  • 後援会のご案内|Supporter's association
  • リンク|Link
  • ご意見・お問い合わせ|Tell me your opinion

むたい俊介メールマガジン第256号 2017.09.28

地域の声を国政につなげ
地域の声で国政を変える

〜むたい俊介メールマガジン〜

「総理の解散記者会見を聞いて」


 「国難突破解散」と銘打つ総理の解散記者会見が行われた。私は上京の列車の中だったので後で確認したが、消費税の使途変更と北朝鮮への対峙を解散理由として挙げられた。


 解散権は総理の専権事項であり、「解職される」現職国会議員としてはそれを承るしかない。できれば今の任期の中でもう少しじっくりと国会議員として仕事をしたかったというのが本音であるが、総理が国民に信を問いたいというのであれば、わが意を得たりというほかはない。国民の信任あってこその代議士である。


 国民の側からしても、国民の意向を問われているのだから、問われたくない(解散の大義がない)などと言わずに、総理の問いかけに答えたらいい。国を挙げて国政上の争点に関し議論ができる良い機会であり、それこそが民主主義の醍醐味である。


 そうはいっても政治基盤の弱い私にとっては、厳しい選挙である。不用意なミスもあった。総理の解散理由が地元で理解されるとは限らない。私は地元有権者の皆様に、「山の日」制定などの4本の議員立法、各種プロジェクト推進など5年弱の国会議員活動の実績を示し、「どの候補者がしっかりと仕事をこなし地元に役に立ち、国政において存在感を示してゆけるのか」という観点を強調し訴えかけを行ってまいりたい。


 「反省しろよ自民党 だけどやっぱり自民党」 「反省しろよ務台俊介 だけどやっぱり務台俊介」 有権者の皆様にこのように納得して頂けるように頑張ってゆきたい。


自民党長野県第二選挙区支部長
衆議院議員 務台俊介


[お知らせ]■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

事務所を新設いたしました

活動の強化を図るため、松本市新橋に新たに事務所を開設しています。
場所:松本市新橋6-10 伊東産業様敷地内
電話:0263-88-4201
是非お気軽にお立ち寄りください。


☆むたい俊介ニュース第19号(2017年夏号)が完成しました☆

国会活動や地域の活動等をご紹介する
むたい俊介ニュースの最新号を是非ご覧下さい。


[twitter!]■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

○ツイッターフォロー募集中!
 http://twitter.com/mutaishunsuke
 「mutaishunsuke」のアカウントで更新中です。フォローをしてくださる方を募集しています。

○Facebookで活動報告
 https://www.facebook.com/mutai.shunsuke
 リアルタイムで日々の活動報告をしております。是非お友達申請をしてください!

[このメールマガジンについて]■□■□■□■□■□■□■□
このメールマガジンは後援会に入会いただいた方、名刺交換をさせていただいた方、メール等を下さった皆様などにお送りさせていただいております。
日頃の政治活動を通じて得た、皆様の声、メッセージ、政策のヒントなどを定期的にお伝えしています。なおバックナンバーはホームページで公開しております。

メールマガジンの配信を新たに希望される方は mail@mutai-shunsuke.jp までその旨のメールをお送りください。配信停止を希望される方は、本文に「配信停止」とだけご記入の上ご返信ください。

[お願い] ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
是非ご友人お知り合いにこのメールマガジン、むたい俊介ホームページをご紹介いただけますようお願いいたします。

発行:むたい俊介事務所
担当:赤羽俊太郎
〒390-0863 松本市白板2-3-30 大永第3ビル
Tel0263-33-0518 Fax0263-33-0519


メールマガジン配信登録・解除方法

  • ■登録方法 mail@mutai-shunsuke.jpに空メールをお送りください。
  • ■解除方法 本文に『配信停止』とだけご記入してご返信ください。

←戻る

▲ページTOPへ