自由民主党

衆議院議員 むたい俊介オフィシャルサイト 長野2区 自民党
http://www.mutai-shunsuke.jp/

  • トップページ|Top page
  • プロフィール|Profile and career
  • 理念・政策|My policy
  • 講演・著作・論文|Lecture,writing,thesis
  • 活動報告|Activity report
  • 選挙区の状況|Constituency
  • 後援会のご案内|Supporter's association
  • リンク|Link
  • ご意見・お問い合わせ|Tell me your opinion

むたい俊介メールマガジン第194号 2013.01.24

地域の声を国政につなげ
地域の声で国政を変える

〜むたい俊介メールマガジン〜

「耐震公民館の改築の需要と財政支援」


 2013年の新年会の行事に各地区の町内会を回っていて、共通して伺う話題は、公民館の建て替えである。各地の公民館が老朽化し、耐震診断の結果、耐震度に問題があるとされた地区の公民館をどの様に立て替えて行ったらよいかとの身近で切実な問題が各地で噴出している。


 松本市内のある町内会が使っている公民館は、昭和28年に建てた建物であり、築後60年近くが経過し、耐震性に問題があるということで建て替え計画を作ったところ、3,500万円の経費の見積もりが出てきており、松本市の補助金1,000万円を見込んでも地元負担は2,500万円、180戸ある地区住民で割ると、一軒当たり15万円の負担を要するという話になっている。


 他の地区でも同様である。安曇野市のある地区では、安曇野市の補助金が1,500万円は見込めるものの、やはり住民負担は相当程度に及ぶと想定されている。


 消費税の引き上げよりも前に駆け込みで建築をしてしまうという目論見もあり、ここに来て、各地で公民館の改築計画が一斉に噴出しているようである。


 耐震診断を受けて、緊急の改築の必要性があることは言うまでもない。しかし地区住民の負担が一戸当たり10万円から20万円になるということは尋常ではない。今後、各種公租公課が増えざるを得ない中で、多くの住民の皆さんは、やむを得ないと思いながらも、何とか負担軽減を願えないかと考えているのが実情である。


 さて、どうしたらよいか。財源に関して政府や自治体でもしっかりと対応を考える必要があるように思われる。公民館の耐震改修を国土強靭化の一環として政策に位置付けることも必要であろう。特別の建設国債を発行して自治体に財源付与することも必要かもしれない。場合によっては従来の宝くじに加え、公民館耐震改修助成の為の特別の宝くじを発行するといったことも必要かもしれない。


 各地区で身近で喫緊の課題として浮上している公民館の耐震改修の問題を国政レベルで取り上げることも必要な施策のように思われる。こうした取り組みは、「身近な公共事業」であり、住民の皆さんも反対する人は少なく、地域の建設業にとっても目に見える重要創出であり嬉しい経済対策ともなるはずだ。


 2012年12月26日に国会で衆議院議員バッチを頂戴し、このバッチを「集音器」として位置づけ、各地の正月の新年会で収録した有権者の皆様の生の声を、永田町で議院バッチを「拡声器」に機能転換し、しっかりと主張として述べてまいりたい。


衆議院議員 務台俊介


[お知らせ]■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆「むたい俊介後援会 新春のつどい」を開催しました。

過日は「むたい俊介後援会新春のつどい」に際しまして、公私ともにご多用中にも関わらずご臨席賜りまして、誠にありがとうございました。

2日間、計4会場にて開催いたしましたところ、総計500名以上の皆様にご来場賜り、いずれの会場においても大変盛会のうちに終了することができました。これもひとえに皆様のご支援の賜物と感謝申し上げます。今後は国会議員として地域の活性化のために精進を重ねて参る所存でございますので、変わらぬご厚誼を賜りますよう重ねてお願い申し上げます。

☆国会事務所が下記の通り決まりました。
【国会事務所】
 〒100-8981
 東京都千代田区永田町2-2-1
 衆議院第一議員会館403号室
 電話:03-3508-7334 FAX:03-3508-3334

  お近くにおいでの際は、是非お立ち寄りください!

[twitter!]■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

○ツイッターフォロー募集中!
 http://twitter.com/mutaishunsuke
 「mutaishunsuke」のアカウントで更新中です。フォローをしてくださる方を募集しています。

[このメールマガジンについて]■□■□■□■□■□■□■□
このメールマガジンは後援会に入会いただいた方、名刺交換をさせていただいた方、メール等を下さった皆様などにお送りさせていただいております。
日頃の政治活動を通じて得た、皆様の声、メッセージ、政策のヒントなどを定期的にお伝えしています。なおバックナンバーはホームページで公開しております。

メールマガジンの配信を新たに希望される方は mail@mutai-shunsuke.jp までその旨のメールをお送りください。配信停止を希望される方は、本文に「配信停止」とだけご記入の上ご返信ください。

[お願い] ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
是非ご友人お知り合いにこのメールマガジン、むたい俊介ホームページをご紹介いただけますようお願いいたします。

発行:むたい俊介事務所
担当:赤羽俊太郎
〒390-0863 松本市白板2-3-30 大永第3ビル
Tel0263-33-0518 Fax0263-33-0519


メールマガジン配信登録・解除方法

  • ■登録方法 mail@mutai-shunsuke.jpに空メールをお送りください。
  • ■解除方法 本文に『配信停止』とだけご記入してご返信ください。

←戻る

▲ページTOPへ