自由民主党

衆議院議員 むたい俊介オフィシャルサイト 長野2区 自民党
http://www.mutai-shunsuke.jp/

  • トップページ|Top page
  • プロフィール|Profile and career
  • 理念・政策|My policy
  • 講演・著作・論文|Lecture,writing,thesis
  • 活動報告|Activity report
  • 選挙区の状況|Constituency
  • 後援会のご案内|Supporter's association
  • リンク|Link
  • ご意見・お問い合わせ|Tell me your opinion

むたい俊介メールマガジン第241号 2016.12.07

地域の声を国政につなげ
地域の声で国政を変える

〜むたい俊介メールマガジン〜

「松本東京間を往復する同級生の親孝行」


 頻繁に松本と東京を往復する中で、旧友との列車の中での出会い、再会は得難い機会である。


 先日、あずさの車内で高校同期の数十年ぶりの再会を果たした。同じく還暦を迎えたT氏は、東大の工学部を卒業後、日本を代表する電機メーカーに入社し半導体開発に携わった後、意を決して東大医学部に入学し直し、今は、都内の病院で内科医を務めているとのことであった。人生の多くの時間を勉強と研究に費やしたのか、今日まで独身を続けているとのことであった。


 彼が東京と松本を往復する理由は、年老いた両親の面倒を見るためだという。父親が93歳、母親が87歳で、自宅で二人で頑張っているとのこと。それでも高齢のため、週末はできるだけ実家に戻り、両親の身の回りのことを見ているのだという。両親の楽しみは、医師の息子に体の不調を見てもらい、近くの浅間温泉で家族風呂を借り切り、3人で風呂に入ることなのだそうだ。


 T君によると、裸の両親の体を見ていると、どこに変調をきたしているのかわかるのだそうだ。一人息子のT君にとって、親の面倒を見るのは自分しかいない、その孝行がいつまで続けられるのか、という思いを胸に、一日一日を大事にしているのだそうだ。


 我々高校同期も還暦を迎え、そろそろ現役の第一線から退く人も出ている。しかし、体力、気力、経験などは、まだまだ世間に通用する人が多々いる。


 私から、T君に、「この際親の面倒を見るということもあり、病院勤務を地元に切り替える、ないしは週何日かの地元勤務を考えたらどうか」と水を向けてみた。T君の脳裏にもそういうアイデアはひらめいているようであった。


 多くの俊英が地元の高校から都会の大学に進学し、そのまま帰って来ずに老親が晩期高齢の時期を迎え、対応に苦慮している。そういう多くの人に、かけがいのない両親との残された時間を共有し、その最後をしっかりと看取ることができる、暮らし方の新たな模索を制度としても考えなければならないと、現役世代の地方移住の促進を目下の仕事としている内閣府政務官として心に誓った。


自民党長野県第二選挙区支部長
前衆議院議員  務台 俊介


[お知らせ]■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

☆内閣府大臣政務官・復興大臣政務官としての活動の様子をご覧ください☆

12月3日
長野県長野市で開催された「いわて三陸復興フォーラムin長野」に参加した際の様子です。
11月21日
岩手県山田町及び宮古市を訪問した際の様子です。


☆インターネット番組に出演しました☆

 インターネット番組「超人大陸」で、山の日制定の経緯や、その可能性について語っています。是非ご覧ください。


☆国会の質問の様子をご覧下さい☆

5月25日 災害対策特別委員会で質問しました!
今回の熊本地震に関して5月1-2日、そして23日の衆参災害対策特別委員会の合同視察と、2度にわたり現地の被害状況と視察し、関係者と意見交換をしてきた結果を踏まえて政府に質問しました。

☆“消防団基本法”を読み解く 発売中☆

 一昨年末に成立した“消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律”この法律の成立の経緯、解説、消防団の活躍の事例などをまとめた書籍です。皆様是非お買い求めください。
編著:古屋圭司、石田真敏、務台俊介
発行所:近代消防社
定価:1,800円
ご購入をご希望の方は、HPのフォームにご希望刷数等をご記入の上、送信してください。


[twitter!]■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

○ツイッターフォロー募集中!
 http://twitter.com/mutaishunsuke
 「mutaishunsuke」のアカウントで更新中です。フォローをしてくださる方を募集しています。

○Facebookで活動報告
 https://www.facebook.com/mutai.shunsuke
 リアルタイムで日々の活動報告をしております。是非お友達申請をしてください!

[このメールマガジンについて]■□■□■□■□■□■□■□
このメールマガジンは後援会に入会いただいた方、名刺交換をさせていただいた方、メール等を下さった皆様などにお送りさせていただいております。
日頃の政治活動を通じて得た、皆様の声、メッセージ、政策のヒントなどを定期的にお伝えしています。なおバックナンバーはホームページで公開しております。

メールマガジンの配信を新たに希望される方は mail@mutai-shunsuke.jp までその旨のメールをお送りください。配信停止を希望される方は、本文に「配信停止」とだけご記入の上ご返信ください。

[お願い] ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
是非ご友人お知り合いにこのメールマガジン、むたい俊介ホームページをご紹介いただけますようお願いいたします。

発行:むたい俊介事務所
担当:赤羽俊太郎
〒390-0863 松本市白板2-3-30 大永第3ビル
Tel0263-33-0518 Fax0263-33-0519


メールマガジン配信登録・解除方法

  • ■登録方法 mail@mutai-shunsuke.jpに空メールをお送りください。
  • ■解除方法 本文に『配信停止』とだけご記入してご返信ください。

←戻る

▲ページTOPへ